スーパージオン




  恐竜型モンスター(ジオノイド科)
  体長:112メートル
  体重:13万2千トン

ネオジオの怪獣アクションゲーム『キング・オブ・ザ・モンスターズ2』に登場する怪獣で、
サイバー・ウーアトミックガイと並ぶ3体のプレイヤーキャラのうちの1体である。
ジオン公国ネオジオンの再来とかじゃないし、こいつの強化版でもない。

設定など

前作『キング・オブ・ザ・モンスターズ』に登場した恐竜型怪獣・ジオンが進化した姿。
ただし他のニキャラと同様、前作と同じキャラだとは一見では解らない。

+ 考古学博士の山本 隆氏曰く

原作でのスーパージオン

炎を吐く「スネークファイア」、ジャンプした衝撃で地震を起こす「アースクエイク」、
頭の角を巨大化させて武器にする「ジオソード」なる技を使う。
ジオソードは手に持って槍のように使ったり、投げることもできる。
設定どおり攻撃力が高いが、他2体に比べてスピードは下回る。
簡単にいえばパワータイプのキャラといったところである。

その他

NEOGEO BATTLE COLISEUM』においては、サイバー・ウーが大幅アレンジを受けたもののプレイヤーキャラとして、
アトミックガイ(の亜種?)がある条件を満たして操作できるのに対して
スーパージオンはステージの背景のみ、しかも骨になっている状態での出演と待遇が悪い。
彼が何をした。 ……うん、まぁ、都会で大暴れしたんですけどね。
まあ、実のところは「設定の関係で人間大の大きさで登場させられなかった」というのが妥当かもしれない。


MUGENにおけるスーパージオン

ガギドラコムルチなど怪獣系キャラで知られるzektard氏によって作られたものが公開された。

原作とは違って氏の他の怪獣キャラのような操作感と技構成をしており、
「アースクエイク」や「ジオソード」は再現されていないが
超必殺技では氏の他のキャラと同様に瞬間的にパワーアップした姿、
その名も「ハイパージオン」となって波動エネルギーのようなもので攻撃する。
AIは入っていない。改変などは自由とのこと。
しかし現在は公開が停止された為、入手は不可能な状態。
改変物を公開するときも、自己責任で行うようにとの事。

出場大会



添付ファイル