モゲラ

モゲラとは、1957年に東宝が製作した特撮映画、『地球防衛軍』に登場したロボットの通称。劇中に「モゲラ」の呼称は登場しない。
映画『ゴジラvsスペースゴジラ』(1994年)ではリメイクされた「MOGERA」が登場した。

『地球防衛軍』のモゲラ

全長:50メートル
重量:5万トン

怪遊星人「ミステリアン」が土木作業用に開発したロボットだが、地球征服の為の攻撃用として使用された。
宇宙開発用ロボットを防衛用に使った例は結構あるが、逆は珍しいかも。ってか何故土木作業用を侵略用に……
全身が黄金のキャタピラに覆われ、口にあたる部分にもドリルを装備。各種目的に応じて装備の付け替えが可能な尾部を持つ。
目からはプラズマ状の殺人光線を照射する。装甲は鋼鉄の200倍の強度を誇るミステロイド・スチール製。
「ピー・ピー・ピー」という単調な金属音を発して前進する。

1号機は防衛隊の兵器による攻撃(ポンポン砲・無反動砲・迫撃砲など歩兵火器程度)を
ものともせずに街を破壊したが、鉄橋を渡っている最中に鉄橋ごと爆破され、深い谷底に落下して機能を停止した。
2号機は肘から腕のドリルを回転させて地中から侵攻したが、
地上に顔を出したところで倒れてきた攻撃兵器「マーカライトファープ」の下敷きとなり、作戦続行不可能になる。
(なお、マーカライトファープは全高340mの巨大兵器なので、モゲラの防御力が特別に低かったわけではない。間抜けなシーンなのは間違いないが

ミステリアンのUFOやドームからの怪光線攻撃に対して、防衛軍は前述のマーカライトファープや
空中戦艦α号、β号を駆使して戦うスピーディーなSFアクションが展開される中、
劇中におけるモゲラ登場シーンは少々ほのぼのとした雰囲気が漂っている。
マスコット的造形から特撮ファンの間での人気も高く、漫画などでたびたびパロディも作られている。
(『しあわせのかたち』のモデラ、『地球防衛軍』自体のパロディ作品『中空知防衛軍』のホゲラシリーズなど)

ファミリコンピューターのゲーム『ゴジラ』では一面から最終面にかけて登場する。
攻撃手段は蹴りと頭部からの殺人光線。同時に登場するゲゾラより少し手ごわい程度の性能である。
なお、このゲームが発売したのは後述の『ゴジラVSスペースゴジラ』より以前であり、
当時はモゲラ、ゲゾラ共にゴジラシリーズには登場していなかった。

『ゴジラvsスペースゴジラ』のモゲラ

全高:120メートル
重量:16万トン
飛行速度:マッハ1(大気圏内)/秒速15キロ(大気圏外)
動力:レーザー核融合炉2基

1994年公開のゴジラシリーズ第21作『ゴジラvsスペースゴジラ』に登場。
この作品ではGフォースが前作の「メカゴジラ」を発展させ開発した、究極の対ゴジラ兵器である。
(ちなみにモゲラというのは略称で、正式名称は M obile O peration G odzilla E xpert R obot A ero-type、
 意訳するなら「対ゴジラ高機動作戦用空戦ロボット」といったところか)
今までのドリルに加え、更に合体メカという属性まで付加されており、
正に漢のロマンの塊ともいうべき存在。
(合体前の2体のメカは下半身がスターファルコン、上半身がランドモゲラーという名称。
 上半身がドリル戦車で下半身がジェット戦闘機という合体時に苦労しそうな構成である)
動力にはレーザー核融合炉をランドモゲラー・スターファルコンに一つずつ使っている。
メカゴジラを上回るとの触れ込み通り、漫画版では前作に登場したメカゴジラを一方的に撃破するという設定に恥じない実力を誇る。

装甲等の基本的な構造はメカゴジラを踏襲しているが、オーバーヒートが多発したメカゴジラの反省を踏まえ、
強力な冷却機が2機(ランドモゲラー時併用のα冷却器と、スターファルコン時併用のβ冷却器)、
さらにボディの各所に排熱ダクトが設置されている。
これにより武装の連続稼働時間や安定性が飛躍的に増した。
また、超硬質合成ダイヤモンド製の装甲に、新技術である合成ブルーダイヤコーティング装甲を部分的に採用している。
(ボディの青い部分。予算と時間の都合で全身コーティングは出来なかった)
この装甲はメカゴジラのミラーコーティングよりも反射率が高いが、高度な処理技術を要するため、
特に熱線の影響を受けたくない部分に試験的に使用されている。
腹部にプラズマメーサーキャノンの開閉ハッチがある機体構造上、腹部の装甲が脆弱なのが弱点。
機体の完成度は高く、メカゴジラやスーパーXIIで発生した「想定外の故障」は起きていない(ダメージによる機能不全は起きた)。

主な武装は
  • 機体頭部の目にあたる部分から発射される「プラズマレーザーキャノン」
  • 機体腕部のドリルから発射される「自動追尾式レーザー砲」
  • 同じく腕部のドリルに内蔵された「スパイラルグレネードミサイル」
  • 頭部のクラッシャードリルによる格闘戦「ドリルアタック」
  • 機体腹部から展開、発射される決戦兵器「プラズマメーサーキャノン」
など。また、一度スペースゴジラを相手に敗退した後には、
電磁波対策としてMECM(マグネティック&エレクトロニック=カウンター=メイジャー)が搭載された。
Gクラッシャーのような当たればゴジラを一撃で倒せる必殺武器はないが、プラズマメーサーキャノンは
スペースゴジラに撃って 組み合っていたゴジラにも誤爆した 際に、直撃はしていないにもかかわらず
派手に吹っ飛ばして暫くの間気絶させた威力を持つ。

作中では、宇宙空間に飛散したG細胞が異常進化して誕生したスペースゴジラと戦うが、敵わず敗北。
その後武装を強化して再戦するも歯が立たず、皮肉にもゴジラと共闘しゴジラをバックアップする。
しかしスペースゴジラのエネルギー供給元と化した福岡タワーを破壊、更にエネルギー受信機である肩の結晶を破壊するという
大金星を挙げており、モゲラがいなければゴジラも勝てなかったのは確実である。
その後スペースゴジラの苦し紛れの反撃により腹部を貫かれ大破、3人のパイロットのうち2人は脱出するが、
ゴジラと決着を付けるために残った結城晃が未だしぶとく抵抗を続けるスペースゴジラに体当たりして
動きを止め、そのままスペースゴジラごとゴジラのハイパーウラニウム熱線を喰らって爆散している。
(この時の結城の鬼気迫る形相と雄叫び、そしてコンソールの爆発に吹き飛ばされる演出のために
 「復旧中にブースターが暴走してスペースゴジラにぶつかった」と思っていた人も多いんだとか)

坂井孝行の漫画版『ゴジラvsデストロイア』では、量産型のモゲラII、モゲラIIIも登場したが、
核エネルギーが暴走状態になったゴジラには敵うはずもなく、体内放射で纏めて破壊された。

MGR-IInd

ドリームキャスト用ゲーム『ゴジラ・ジェネレーションズ・マキシマムインパクト』の5面中ボスとして、
MOGERAの後継機と思われる対G拠点防衛用ロボット戦車 MGR-IInd が登場。
肩部に2対の大型ミサイルポットが装備されていたり、脚部が巨大なキャタピラになっているなど、
人型からは大きく逸脱したデザイン……というか、戦車そのものになっている。

武装はミサイルポットから発射される超振動ミサイルと胸部からのプラズマキャノンだが、
プラズマキャノンの発射中は炉心が不安定になるので行動不能になってしまううえに、
ゴジラが最大出力で発射した熱線はプラズマキャノンを相殺、貫通してしまうので、
最強の武器であるプラズマキャノン発砲時が最大の弱点という皮肉な状態に陥っている。要は欠陥機である。

なお、4面ボスはスーパーメカゴジラの後継機と思われるG型高機動戦闘ロボット SMG-IInd である。


(以上、Wikipediaより引用・改変)


MUGENにおけるモゲラ

+ muu氏作 昭和版モゲラ(Moguera)
+ 鋼鉄隊†定春氏作 平成版モゲラ(MOGERA)
+ 作者不明 MGR-IInd

出場大会

昭和版モゲラ
MOGERA
MGR-IInd