ワンダーマン


アメリカのマーベルコミックスのシリーズ『アベンジャーズ』に登場するヒーロー。
初出は1964年の#9だから、かなり早い登場である。

本名はサイモン・ウィリアムス。
実業家の父サンフォードの息子として生まれ、父の会社を継ぐが、トニー・スタークの会社と競合して左前に。
そこで会社の財産を横領しようとするがバレて逮捕・投獄。このことでトニーを逆恨みし、ヴィランのゼモ男爵(バロン・ジーモ)の提案に乗ってヴィランとなる。
彼の力により、イオン・エネルギーを操る力と「ワンダーマン」の名をもらい、何食わぬ顔でアベンジャーズに入隊。
後に内部からかき回し、アベンジャーズを崩壊させる手はずだった。
だが、そこに長くいるうちにアベンジャーズに愛着を覚え、ゼモに命がけで反逆し、死亡した。
その後、トニーがとっておいた脳のデータを元にして復活する。

能力は、イオン・エネルギーを操ることによる身体強化がメイン。
パワー・スピード・スタミナなど多くの面でアベンジャーズでもトップクラスであり、ソーに次ぐほどである。
ただし、自力では飛ぶことができず、イオン・エネルギーを放出するためのジェットパックが必要。(後にパワーアップし、自力で飛べるようになったが)
さらにはパワーアップ後は空気も食料も必要なくなって不老になり、体のサイズも変えられるようになった。
ただし、能力を使うたびに瞳が赤くなる。このため、普段はサングラスをしている。

一般人に正体をあかして俳優の職についており、普段は映画のスタントマンをやっている。
そのため、『シビル・ウォー』ではスーパーヒューマン登録法賛成派にまわり、登録法を推し進めるCMに出演した。

……なお、名前からDCコミックのワンダーウーマンを連想する人も多いであろうが、会社が違うので無関係。
まあ、DCにも「ワンダーマン」はいるのだが。マーベルとDCで同じ名前のキャラがいるのはよくあることである。
ちなみに「ワンダーマン」という名前の最初のヒーローはどちらの会社のキャラでもない。
(なんでも、「スーパーマンに似すぎ」という事でアメコミ初の著作権侵害訴訟になったとか)
そもそも「Wonderman」という単語自体、日本語にすると「すごい」というようなニュアンスなので、
色々な人がヒーロー名に思いつくらしく、これまた別の会社にも「ワンダーマン」というヒーローがいる。

MUGENでは

Infinity mugen teamのZvitor氏によるものが公開されている。
飛び道具など、原作ではあまり使わなかったものもあるが、超必殺技は接近技が多いため、近距離戦に向いている。

出場大会