アイゼン

工画堂スタジオのメカ少女戦術シミュレーション『ガジェット トライアル』の登場キャラクター。CVは旧ドラマCD版「らき☆すた」の泉こなたを演じた広橋涼女史。
ドイツ語で鉄でない(スペルが異なる)し、某オサレバトル漫画のラスボスでもない。


『ガジェット トライアル』について

『世界大戦の数十年後、列島連合共同体ETUではプロジェクト“ネクストE”、次期主力多方面殲滅兵器AEW(Advanced Extirpate Weapon)の開発が行われていた。
その中身は新機軸兵器、加速生体状況コンピュータ“Eシリーズ”-人工的に製造された人類の変種であり、兵器との共生体である。
制式採用を目前とし、ハードウェアは同じであるがソフトウェアを能動性行動型、受動性行動型に調整した
タイプ・ホワイトおよびタイプ・ブラックによる生き残りを賭けた大規模運用トライアルが始まる…』というストーリー。

一見萌えメカ少女が登場する恋愛アドベンチャーゲームだが、ゲーム自体は格子状に区切られたマップ上で、
設備で兵器生産、敵殲滅もしくは拠点制圧を目的とするウォーシミュレーションの戦闘パートと、
アドベンチャーゲーム然としたストーリーパートに分かれているというゲームである。

この作品、標準的なウォーシミュレーションシステムとは別に『アクティブターン制』を採用している。
これは『ユニット別に再行動までかかる時間が設定されていて、歩兵ユニット等の軽快なユニットには頻繁に行動順序が回ってくる』というシステム。
このシステムのおかげでいわゆる「詰め将棋」のような状況にはなりにくい。
(ただ、このシステムはユニットのバランスが崩れていると某ゲームの先生のような無双状態になるため、匙加減が難しい。この作品はそうでもないが)
『ZOC』(あるユニットについて、そのユニットが存在していることによる周囲のユニットへの影響範囲や、その影響の内容を表したルール)がないことも
大きな特徴で奇襲等が容易に行える。だが戦線を形成しづらく、遠距離攻撃ユニットが活用しにくいという点も。

ユニットの種類は歩兵(唯一、拠点占領が可能)・車両・遠距離砲撃・航空・艦船の5種それぞれに3つのバリエーションの15ユニットとシンプル。
生産に必要な資源も資金のみ、補給が必要なものは燃料のみ、ダメージもHPで表現するのみでHPが低下しても攻撃力に変化はない等、
システムも極力シンプルに構成され、ウォーシミュレーションが初めての人でも遊びやすいように考慮されている中々の良ゲー。

ちなみにユニットに撃破数によって購入できる「スーツ」を着せることにより簡単なカスタマイズが行える。ぶっちゃけ コスプレ
しかしカスタマイズによる攻撃力上昇などの効果が、ダメージ判定に乱数の影響がなく
戦闘結果は予想通りになるこのゲームでは、結構重要だったりする。

(以上、Wikipediaより抜粋、改変)

アイゼン

      _
  ,!ア《^   `ヽ      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  iイ ,'vゝ)) ),〉     | わったしーは
  l ト(!il.゚ ヮ゚ノ)ゞ   < ヘータイっ、ヘータイっ♪
  リ. ⊂l卯つ      | ヤホ―ゥっ!
  ソ.  く/_| ,〉      \_____
      じ'フ
最新型万能機動兵器のコアユニットで、軽装地上戦闘型。形式番号「EPN-001GF IZEN」。
ファンからは「アイゼンさん」とさん付けで呼ばれている。
ウォーシミュレーションの「歩兵」に当たるキャラクターで、戦闘の際は「歩兵」「重装歩兵」「衛生兵」系の強化ユニットを装備する。
歩兵としての適正と成績が高い反面、「数を数えるのがやっとのバカ」と言われるほどで、他の兵種にはまったく才能がない。
性格は能天気で基本的に物腰は礼儀正しいが、たまに本人の意識しないところでポロっと辛辣な憎まれ口を叩いたりする。
そのヌケヌケと場を引っ掻き回すKYぶりから天然ECMと評されている。
いつも何かを食べていて、最近のお気に入り夜食は ダイナマイト (彼女に言わせると羊羹のような味がするらしい)。
なおダイナマイトの原料である爆薬「ニトログリセリン」は実際甘味がある(羊羹の味がするかは不明)。
昔のダイナマイト工場では作業員によるつまみ食いが多発し、中には生産量の半分が食われてなくなった工場もあったという。
だが人体には有毒で、摂取しすぎると頭痛・嘔吐感・目眩などが起こる。
ただ、用量を決めて飲用すれば、心臓にまつわる病気の治療薬にもなる。
実際、上記のダイナマイト工場で心臓の病を持っていた作業員が、仕事をするうちに病の諸症状が
改善されていったという記録もあったりする。
何事もほどほどに、が大切である。
最近のダイナマイトはもっと毒性の高い爆薬「ニトログリコール」も混ぜて製造されており、摂取すると最悪の場合 死亡する絶対マネしてはいけない
好きな映画は「ランボー・怒りの脱出」。

+ バリエーション


MUGENにおけるアイゼン

嘘=美談氏による原作のスプライトを使用した歩兵ユニット装備型のアイゼンが公開されていた。
現在は2016年のフリーティケットシアター終了によるサイト消滅で入手不可。
攻撃技が「雷閃」と「雷閃二連射」のみというシンプルイズザベストにも程がある仕様。
しかも「雷閃」はいちいち「構え」~「発射」のプロセスを経るので異様にタメが長い。
が、プレイヤー操作なら「雷閃」一択。何故なら「雷閃二連射」は射程がとんでもなく短すぎて
全く使えないから。それに比べ「雷閃」は射程がかなり長いので、固定砲台と化して撃ちまくろう。
ボイスAIは未搭載。

「地球です――アースですよ。私の好きな言葉なんですよ(キリッ」


出場大会

  • 「[大会] [アイゼン]」をタグに含むページは1つもありません。

出演ストーリー




添付ファイル