からくり士





出身地: ヴァナディール
生年月日: 天昌歴 864年
種族: エルヴァーン
性別: 女性
身長: 197cm
体重: 80kg
血液型: O型
職業: 冒険者
大事な物: 乾坤圏(武器名)、オートマトン
趣味: バリスタ(ヴァナディールのスポーツ)
嫌いなもの: 範囲攻撃、ラミア族
特技: 機械類全般の操作、金策

からくり士 「あんたなんかに興味無いわ」

汎用マトン 「汎用さんディスってんのか?」


ブロントさんヴぁーん内藤などの発祥の地であるネ実MUGENスレより生まれたキャラクター。門矢士ロボットバージョンとかではない。
製作者はSpider氏。同氏の作成したAIも本体データに同梱されている。既に公開停止された模様。
モチーフはFF11の職業のひとつである「からくり士」である。


原作「ファイナルファンタジーXI」におけるからくり士

追加ディスクである『アトルガンの秘宝』で実装されたエキストラジョブ、いわゆるアトルガンジョブの一つである。

自らカスタマイズした自動人形「オートマトン」を操り、時に客を笑わせ、時に敵を葬る、さすらいの大道芸人。
軽やかな身ごなしを活かした格闘技も身につけている。(公式説明文)

「オートマトン」と呼ばれる人形を操作して本体と共に戦う、ペットジョブタイプ。
(FF11におけるペットジョブは他にも竜騎士、獣使い、召喚士等が存在する)
MMORPGではペットジョブ系のバランス調整はとても難しく、強くなりすぎるか弱くなりすぎるか両極端である場合が多い。

FF11においてはペットジョブは不憫な待遇を受けることが多い。
このからくり士も例に漏れず、
  • 前衛なのに主要ステータスがほぼ後衛と同レベル
  • メインの武器のスキルランクが全ジョブで一番低い
  • 装備できる防具がほとんど後衛用のみ
と、明らかに弱いジョブとして調整されている。しかし、からくり士の真骨頂は操るオートマトンにある。
オートマトンは「アタッチメント」と呼ばれる部品を付け替えることで白魔法主体・黒魔法主体・遠隔攻撃主体・等を使い分けることが出来るのだ。
これにより状況に合わせて最適な行動がとれ、他ジョブでは出来ないようなオールラウンダーな戦いが出来る…はずだったのだが…

盾役を任せようとしてもオートマトンのHPは800~1800しかなく、ケアルやワルツ等の回復魔法がオートマトンには使用できない
FF11の敵の攻撃は場合にもよるが一撃で100~200近いダメージを受けてしまうため、ほぼ10発以下でオートマトンは破壊されてしまう。
というかオートマトンはバグで防御力が0になっており、実質VITというステータス分の防御力60程度しかない。
そのため敵によっては 3発も持たなかったりする 。また破壊された場合のペナルティも大きく、呼び出すまでに数分待たなければならない。
(呼び出してからの時間に比例し、呼び出し直後に破壊されると何と 待ち時間20分 。ミッションなどの戦闘は制限時間が30分であることが多く、場合によっては戦力外通告である)
こういった要素から、本体が前衛の中で最も弱いにも関わらず肝心のオートマトンが死ぬ事が多く、本体メインで戦うしかないという状況に陥りがちな悲しきジョブ。
パーティ戦で売りとなる要素が無く、オートマトンのアタッチメントは高額または入手困難、アタッチメントのセッティングが独自システムでとっつきにくいなどの理由から、からくり士をメインジョブとするプレイヤー人口は公式発表で1%前後というぶっちぎりの不人気ジョブである。
一部ではオートマトンの必殺技である「ボーンクラッシャー」を縮めて、"ボンクラ"等と不名誉なあだ名で呼ばれている。
しかもこの「ボーンクラッシャー」自体も待望の新必殺技だったにも関わらず既存の必殺技より使えないという謎の技であった。
それどころか既存の必殺技より優先して使うので総合的には弱体されてしまった。

ただし極めたからくり士は結構強く、アイテム集めなど一人で相手にするような敵には、全ジョブでも最強レベルの戦闘能力を持っているとかいないとか。
また黒魔法や白魔法主体にした場合は、装備やアタッチメントを揃えておれば本職の黒魔道士・白魔道士に肉薄できる潜在能力を持っている。無限のMPとか敵対心0とか。
さらにレベル中盤における突属性の有用性から同レベルに於いて強烈無比なデイズを使える事や、射撃タイプの最終技であるアーマーピアッサーの凄まじい性能を加味すると、決して他の前衛に比べて見劣りするものではない。…たぶん。


その後
全てのからくり士がこれ以上の調整は無いだろうと諦めていた頃、バージョンアップでまさかの超強化が行われた。これからの活躍に期待である。
・・・と思ったら開発の異動にともない超弱体化された。現在も強化なのか弱体なのかわからない調整が続けられている。


MUGENにおけるからくり士の性能

MUGENにおいても原作と同じく、戦闘方法はマトンを利用した「本体+ペット」で攻撃する波状攻撃型であるが、使用する技は原作に登場するウェポンスキルやオリジナル技である。スタンド型でなく設置型のキャラクターであり、発動が遅いが連続設置できる「ディスリスペクト」を主力にして相手を固めていく。
コンボ能力も非常に高く、高性能な通常技が刺されば必殺技に繋いで大ダメージが与えられる。
しかし必殺技→超必殺技にはキャンセルがかからず、通常技→通常技も一部を除いて目押しが必要である。
また二段ジャンプやハイパージャンプ、前転等の回避行動もないので遠距離で固められると苦しい試合展開になりやすい。
ライフが半分を切ると通常攻撃や必殺技、超必殺技時の声が変わったり、技性能が変化するギミックがついている。



からくり士の外見はエルヴァーンの女性が採用されており、スレンダーな長身で胸やお尻がとても魅力的。
この魅力に魅了される男性プレイヤーがとても多く、FF11ではエルヴァーンの女性だらけである。…と思ったら別にそんなことは無かったぜ。
実際には全種族女性キャラで一番人口が少なく、からくり士の不遇ジョブっぷりと相成ってこの組み合わせはとてつもなくレア。
Lサイズでは197cmにもなる身長が不人気の理由だろうか…。

性格はかなりのドSになっており、本来のエルヴァーン女性のおしとやかなイメージとはかなり異なっている。
これはエルヴァーン女性よりも声元のティラ(ソウルキャリバシリーズ)の性格を踏襲しているためである。
開幕で叩き潰されたり、勝利ポーズで人間イスにされるオートマトンがとても不憫である…。
……と思ったらキャラ製作者が作ったキャラ紹介PVで実はツンデレであることが発覚した。


また、一部の攻撃に殴られた相手から浮遊霊が飛び出す謎のエフェクト効果がついている。
これは自分のライフを大幅に削って攻撃力を増やすFF11のアビリティ「暗黒」のエフェクトだが、まさか常時暗黒を使用しながら殴っているのだろうか…。


ちなみに戦闘中に彼女が両手に持ち振り回している武器は「ホープスタッフ」というレア両手棍武器。原作の中でもかなり強いボスを倒さなければ手に入らない。
その武器性能は凄まじく、遠隔武器の装備欄に特定のアイテムを装備している間は、常時複数回攻撃が出来るというぶっ飛んだ性能になっている。
しかし、からくり士は装備可能であるにもかかわらず、両手棍を扱う技能が無い
加えて遠隔武器の装備欄には、オートマトンを操作するために専用アイテムが常時装備されており、この武器の運用はまず出来ない
というかヒットしてもスキルが無いのでほぼダメージ0だろう…。
一体、FF11の開発者は何を考えてこの装備をからくり士に与えたのかは、FF11最大の謎である。
また彼女が通常装備しているのはからくり士専用装束だが、一部の超必殺技の最中は薄金装備に「ミシックウェポン」というトンでもないレア装備に変化する。
そして超必殺技で彼女が呼び出す大型の機械は、「ウルガル」と「アレキサンダー」。
実は一部の設定マニアしか知らないが「ウルガル」はアクロリス族という敵獣人のラミア族が操るカラクリ人形である。
オートマトンはアトルガン皇国が軍事用に開発したものであり、ラミア族率いる死者の軍団との戦争勃発時に多くのオートマトンが実戦配備されたのだが、ラミア族の特殊能力「魅了」によってオートマトンが操られてしまい、アトルガン皇国に甚大な被害をもたらした。恐らくそのときにアトルガン皇国の人形製造技術を盗まれてしまったのだろう。

「アレキサンダー」はアトルガン皇国の伝承に登場する「白き神」である。
現在の姿はアトルガン皇国の宰相ラズファードとオートマトン技師であるガッサドが作った素体にアレキサンダーを宿らせたものである。
本来のアレキサンダーは島一つはあろうかという凄まじい巨体である。手足だけで数層のダンジョン、中央ブロックにいたっては100層の自動生成ダンジョンになる、地上を焼き払うだけの火力を持った巨大宇宙ステーション。それと引き分けたオーディンって・・・なんなんだこいつら。


+ 必殺技・超必殺技の解説

FF11ロダ閉鎖により現在DL不可


からくり士紹介動画

キャラ紹介PV



出場大会

更新停止中