マスター

Master

一般的には「」「」などの意味を持つ単語。「」という意味もある。
MUGENにおいては、原作から超強化を受けた魔改造キャラに冠されたりする。
ここでは、任天堂のカードゲーム『カードヒーロー』シリーズのキャラクターについて説明する。

髪も鼻も口もなく、ただ真っ白な体にマントを羽織っている。 *1
カードバトルの際に主人公らカードバトラーの分身として登場し、
モンスターを召喚したり、魔法カードを使ったりする役割を果たす。
ただしスピードルールでは勝利条件が異なるため使用されない。

こいつのHPが0になったらゲーム敗北であるが、常に受けるダメージが-2される「マスターシールド」を持つ。
通常、ノーリスクで攻撃できるLv1モンスターの攻撃力は、例え禁止級のレアカードであっても2以下となっており *2
また、シールドを無視してダメージを与えられるモンスターも存在するが、それらもパワーアップ魔法が有効でない、対モンスターへの火力に欠ける、根本的にステータスが低い等の欠点がある。
ゆえに、
  • 敵モンスターを倒して味方モンスターのレベルを上げる
  • モンスターに1ターン何も行動をさせないで、「きあいだめ」(何らかの行動をするか、ダメージを受けるまで攻撃力と防御力が+1)状態にする
  • 何らかのリスク・コストと引き換えにLv1からパワー3以上で攻撃できるモンスターを使う
  • シールドを無視して攻撃できるモンスターを使う
  • 攻撃魔法やパワーアップ魔法を使う
など相手のマスターを倒すために様々な手段を講ずる必要があり、それがこのゲームの肝でもある。
また、ストーリー後半や一定ランク以上のバトルでは、デフォルトで魔法や攻撃を行える
「ホワイトマスター」「ブラックマスター」「ワンダーマスター」「グレートマスター」なども登場する。

ちなみにDS版のストーリーに於いて、主人公が有名バトラーのキリヲに舐めプレイされてマジ切れすると言う非常に気まずいシーンが存在する。
この事はキリオとの最終決戦前に「本気で戦って相手がカードヒーローを辞めてしまうのが怖い」とキリオが真意を語ったことでフォローが入り、
最終的に両者は互いに全力でバトルする良いライバル関係になっている。主人公KYとか言わないであげて

格ゲー含む昨今の対戦ゲーに於いても「舐め・接待の線引き」「実力・経験差による新規離れ」というのは非常に切実な課題である。

+イカにも余談だが
本作にはイカ型モンスター「ゲイラ」を愛用するイカれたイカしたバトラーが登場、その名もズバリイカ男
イカの格好をした子連れのオッサン、そのイカ愛は本物でプレイヤーもある程度ゲイラを使い込むと貴重なゲイラのイラスト違いを譲ってくれる太っ腹。
なおイカとかタコとかよく言葉に含ませるがゲソとは言わない。
イカにもネタ被りなイカ娘とどちらが先か気になる所であるが、実のところイカ娘の連載開始とDS版カードヒーローの発売日が共に2007年。
つまり両者は同期である、実に運命的な話だと思わなイカ?


MUGENでは

ju氏によるものが公開されていた。
現在は2016年のフリーティケットシアター終了によるサイト消滅で入手不可。
魔法は使わず、本人は移動とモンスター召喚と挑発しか行えない。
おそらくはデフォルトのマスターであろう。

召喚できるモンスターは、原作通り4つの場所に1匹ずつ。
どの場所に召喚するかによって、出てくるモンスターも異なっている。

+召喚できるモンスター一覧
  • 前衛右
マナトット(「たいあたり)のみ
ポリゴマ(二回ダメージを与えられる)

  • 前衛左
ポンカー(マナトットよりHPが少し多い)
ウォータ(遠距離攻撃可能)

  • 後衛右
ビヨンド(そこそこ遠くまで届く)

  • 後衛左
ヤンバル(ビヨンドより少しHPが多い)

+原作でのモンスターの能力

マナトット

HP4→4 アタック2→3
前衛としては平均以下の能力しかないのにもかかわらず、何の特殊能力ももたない弱小モンスター。
GB版では余りの弱さに生産中止になり、取引価格が高騰した。 *3
だが成長した姿であるスーパーカード「パパトット」は非常に強力なカードで、敵モンスターを永久にマナトットに変化させ、弱体化させることができる。

ポリゴマ

HP3→3 アタック2→3 2回行動
二回行動ができるため、きあいため→アタックで召喚直後に敵マスターに攻撃できる速攻用モンスター。しかも必要なコストは召喚時のみ。
反面HPが少なく、敵のレベルアップに利用されてしまうことも多いので生き延びさせるか攻撃直後に除外するかの策を練る必要がある。
DS版での名称は「ポリスピナー」。
スーパーカード「エルゴマ(エルスピナー)」になるとアタックが5に上昇、敵マスターに6ダメージ *4 を与えられるフィニッシャーとなる。
その強さゆえかエルスピナーはDS版では禁止カード相当の☆8の隠しカードとなり、☆7以下のカードに、アタック3で3回行動できる「T3-00」というスーパーカードが登場した。

ポンカー

HP5→5 アタック2→3
標準的な能力の前衛モンスターだが、同じ能力で何かしら特技を持つ上位互換モンスターは多いためあまり使われない。
DS版での名称は「ポップル」。
スーパーカード「ポポンカー(ラガポップル)」は戦闘能力が一切なく、代わりに毎ターン大量のストーンを生み出すという珍しいタイプのモンスター。
DS版ではダメージを受けるたびに受動的にストーンを生み出すもう一つのスーパーカード「アラポップル」が登場した。
「スピードカスタム」ではストーンの概念が特殊なスピードルールのみの収録なので登場しない。

ウォータ

HP5→5 アタック1→2 
特技 ふきとばし 2→3 貫通 コスト1→1
特技で一直線上をまとめて攻撃できるモンスター。
前衛で使うだけではなく、後衛で自分のマスターを巻き込んで撃つ戦略もある。
DS版での名称は「エル・ソル」。

ビヨンド

HP2→2 アタック0→0
特技 びよ~ん 2→3 一つ飛び
遠距離攻撃を行う後衛タイプのモンスター。
基本的にヤンバルの下位互換なので、GB版では使われることは序盤を除きほとんどなかった。
DS版ではスーパーカード「ビョーグル」の登場で差別化が図られている。

ヤンバル

HP3→3 アタック0→0
特技 いっそうとび 2→3 一つ飛び
後衛モンスターの中で最もメジャーなモンスター。
完全上位互換モンスターは禁止級の隠しカードのみなので、
ほとんどのデッキでヤンバルが採用されている。

なお、原作同様、特別な技を使用するとゲージを消費する。ただし、呼び出す分にはゲージは使わない。
また、モンスターが倒されるとゲージが少し回復する。
ゲージを使うことでモンスターをレベルアップさせることもできる。

出場大会




添付ファイル