リッド・ハーシェル

「平和で良いじゃないか。何もないって事が、一番の幸せなんだよ。」


18歳・身長178cm・体重62kg。
声:田彰

ナムコ(現バンダイナムコゲームス)のRPG『テイルズオブエターニア』の主人公。インフェリアの片田舎ラシュアン村に住む猟師の青年。
ファラ・エルステッドキール・ツァイベルとは同じ村で育った幼馴染であるが、ファラには何かと振り回されがち。

のんびりと空を見上げているのがお気に入りで、平穏で静かな生活を望んでおり
猟師として分相応な生活を求めていたが、メルディと出会いファラに連れられて旅に出ることになる。
当然、そのことについて本人は嫌っているが、敵対していたレイスが身を挺してまで助けてくれた時から、
大切な人を守るため、そしてその人を応援するためにまずは自分が頑張ろう、と戦うことに前向きな姿勢を見せはじめる。

前述通り変化を嫌う保守的な性格で、「食べたいときに食べたいだけ食べる、寝たいときに寝たいだけ寝る」
「何も起きず平穏ならそれが一番」というリッド節が信条。また、他人に干渉するのも干渉されるのも嫌う。
その点で言えば、色々とリッドに干渉するファラは彼にとっては特別な存在と言える。
しかし、他のメンバーが緊迫している状況でもしばしばこれが出てしまうため、周囲から呆れられることも少なくない。

冷静ではあるが、どちらかというと脳天気な性格である。口癖は「~~っと!」(例:終わり終わりっと!)
幼馴染のキールとは皮肉を言い合うなど口喧嘩が絶えないが、彼の目線からの幼少期の過去を知ったことで
彼の内面を気遣うようになり、皮肉もあまり言わなくなった。

食べることに関してはかなり意欲的……なのだが、作り方にはあまり頓着せず、彼の干し肉の製造法は周囲が呆れるほど大雑把。
また、お化けや怪談が苦手(幼い頃に関わった“ラシュアンの惨劇”という事件が背景となった強いトラウマ)。
であり、歌を歌った時はファラから「それは音楽じゃない」と言われてしまった。

剣術に天賦の才を見せ、我流であるにも関わらずその腕前は中々のもの。
しかもを装備可能という万能さ。鳳凰天駆から派生する秘奥義「緋凰絶炎衝」を初めて使用したキャラクター。
ちなみに初期装備が斧(ハンドアックス)という珍しいキャラ。職業が狩人で、狩りの場面からゲームが始まるからなのだろうが。
後の外部出演ではもっぱらラストフェンサー(本編終盤のサブイベントで入手できる剣)を装備している。

「俺は猟師だ! 生きてく為には・・・仕方ないんだ!!」


外伝作品では同じ猟師としてテイルズオブファンタジアのチェスター・バークライトと仲が良い。
またチェスターとは歌の才能を認め合う仲、お互い音痴と気づいてないためある意味こいつが二人いるような状況である。
さらに、空を見上げるのを眠ることと勘違いしているスタン・エルロンとも、所属ギルドが違うも仲がいい。
(まぁ、何か少しずれているが…)
また、外伝・原作問わず、

他「その剣術何処かで習ったの?」
リッド「いや、狩りをしてる内に身に付いた我流。」
他「まともに修行とかしないのか?」
リッド「俺は猟師だからな。その日の分を狩れる剣術で十分だ。」

のやり取りは毎回行われ、もはやテンプレである。

また、“神の力”である「極光術」を扱うための素質(他世界では「フィブリル」と呼ばれる力)を持っており、本作キャラクターのメルディに触れると虹色の光が出る。

『テイルズ オブ ジ アビス』に闘技場団体戦エキジビジョンマッチでゲスト出演している。最先端の3Dポリゴンの彼はふつくしい。
秘奥義は「極光壁」、海外版では「緋凰絶炎衝」を 何回でも使用する。
「極光壁」は、自分の周りにほぼ即死攻撃&パーティ死亡関係なく1/4回復。もちろん自分の体力が1残るわけでもない。テラ鬼畜。
ただファンはやはり「極光壁」から派生する「極光剣」を望んでいる者が非常に多く、
お祭りゲーの度に(派生が省かれるリッドと違い同じく派生技を持つハロルドやアニスの連携秘奥義が実装されている事もあって)「で、極光剣の実装はいつですか?」と言われている。
+ 「極光壁」使用時のカットイン
また、『テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー』にエターニアキャラクターで唯一出演。
だが性能やストーリーの絡みのせいで影が薄い。
『テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー2』でも、新たに3人のキャラと一緒に参戦。
性能はかなり強化された上、初期から使えるのだが ストーリーのせいでやはり影が(ry
『テイルズ オブ ハーツ』では援護攻撃キャラクターとしてゲスト出演している。
『テイルズ オブ バーサス』では、ヒロインのファラやサブキャラのバルバトスが出演しているのに、なぜか出演していない。
というかストーリー上で存在すら消されている。 ・・・と思いきや、 オマケの ミニゲーム「テイルズ オブ ウォールブレイカー」にギリギリ滑り込み出演。
元々、『バーサス』自体、出演キャラに対して不満の多い作品であり、「参加人数や所属の国が偏っている」「主人公が出ていない」事はよく言われている。
因みに主人公では『リバース』のヴェイグ、『ラタトスク』のエミルが出ていない。
ただしラタトスクは外伝扱いなので出る事の方が珍しいかもしれない。 リヒター?何のことです?
『レディアントマイソロジー3』では、様々な技・挙動が原作っぽくなり、性能自体は落ちたがファンからの評価は上がった。
まあ、落ちたと言っても斧や盾を装備できる事もあってトップ陣(クレス・ヴェイグ等)に次いで強いのだが。

…とはいえ、シリーズ公式サイトで行われた人気投票では主人公では最も高い5位に輝いているので人気は高いと言える。
(何故か主人公でもなんでもない同作品のセルシウスに4位を奪われているが)
ちなみに他作品の主人公ではクレスが8位、スタンが13位である。

『テイルズオブヒーローズ ツインブレイブ』でも参戦し、秘奥義には「極光剣」が採用された。

MUGENにおけるリッド・ハーシェル

三体の存在が確認されている。

  • BIRD氏

原作の全ての技を搭載しており、さらに没技の閃空千裂破や、動画でもよく見かける最も有名な改造技「天覇極光斬」も搭載されている。
原作再現ということで、エフェクトはなりダンのものを使用している為、まずまずなのだが、再現率はかなり高い。
さらにコマンドは、原作で装飾品として存在する「コンボコマンド」を装備する事でできるコマンド操作と同じなので、原作をなされた方は操作しやすい。
なりダンドットをそのまま使っている為、他のテイルズ原作再現系同様サイズはかなり小さめなので注意。

  • AQ氏

自作ドットで格ゲーサイズに作成されたリッド。
新版と旧版が存在し、旧版は普通の剣を、新版はエターナルソードを装備している。
エフェクトが綺麗だが、技が若干少ない。秘奥義も存在しない。新版は操作できるぐらいのボリューム。
テキストでは現在作成中との事だが、更新状況を見ると、更新停滞中なのだろう。

  • Z.A.I.氏

なりダンのドットを拡大し手描きで修正され製作されたリッド。武器はラストフェンサー。
技はほぼすべて搭載されており、投げはないが十分戦える性能。
こちらはコマンドがオリジナルであり、波動や竜巻、昇竜などの簡易的なコマンドで技が出せる。
ボイスはマイソロ3と原作のボイスを混ぜて使っている模様。

現在MAXSA氏と亞氏のAIが公開中。
前者には10段階のAILvが搭載されてる。

MAXSA氏AI 参考動画

「ラシュアンに帰ったら、腹いっぱい食べたいなあ。ファラのオムレツ。」


出場大会


出演ストーリー