ナーヤ=トトカ・ナナフィ

「油断したヤツを狙えば、イチコロじゃ!」

ザウスのシミュレーションゲーム『永遠神剣』シリーズ(PC版は18禁、PSP版は15歳以上対象)の登場人物。
彼女は3作目の『聖なるかな』4作目の『聖なるかなスペシャルファンディスク』PSPの『聖なるかな ―オリハルコンの名の下に―』に出演している。
CVは本山美奈

原作でのキャラクター

「魔法の世界」出身のネコミミ少女。
まだ幼いながら、魔法の世界の「支えの塔ザルツヴァイ」で大統領職をつとめる才媛である。
ただ、その内面はやたらと脳天気で破天荒。
何かあるとすぐに国の運営を(全くもってどうしようもない)兄に丸投げして出かけていってしまう。
聖なるかなのヒロインはそんなのばっかりだけど
南天を守護する五穀の神「ヒメオラ・オーリ」の転生体であり、前世の記憶は鮮明な方である。
ヒメオラとしての生前は主人公、の前世である「ジルオル・セドカ」や「ナルカナ」と友人関係にあり、
この記憶が残っていたために望の前世が危険な存在といわれる「破壊神ジルオル」と知りつつも彼との再会を心待ちにしていた。
…が、その一方で彼女が他の南天神に裏切り者とされて殺害されてしまった際に
その分枝世界の南天神を皆殺しにするほど激怒していたナルカナのことはあまり思い出せてはいなかったようである。

↓の動画のイベントで判る通り水が苦手ではあるがプールに入れる分この人よりは平気な様子である。

所持する永遠神剣は、第六位の「無垢」。
モーニングスターのような形状をしており、所有者の白兵戦能力を上げる力がある。
これにより、魔法使いの彼女でも接近戦がこなせるようになっている。
守護神獣は、魔法機械「クロウランス」。
本来はシンプルな形状だったが、彼女の趣味によりミサイルやらレーザーやらが大量に搭載され、火力が跳ね上がっている。

原作中の性能

ゲーム中での性能はそこそこ早く、サポート火力・魔法防御に優れるが
アタッカー火力・HP・物理防御に難があるため、脆いという標準的な赤の性能である。

…のは、通常時の話。
聖なるかなはヒロインになったキャラクターは強力なルートスキルを入手することができるのだが、
ナーヤのルートスキルはその中でも他を寄せ付けない超高性能であり、元から高いサポート火力は言わずもがなのトップクラス。苦手だったはずの防御すら全キャラクターでも随一。
アタッカー火力であるコズミックテンペストにいたっては対赤防御を持っていない限りどんな敵でも(ラスボスでも)一撃必殺になっている。
(聖なるかなの初期バージョンでは、スーパーハードにおいて%攻撃スキルが猛威をふるい、ほとんどの敵が一撃で沈んでいた。
しかし、その代償としてかmugenでもバグの温床となっているオーバーフローを起こすなど問題も発生した。
そのため、パッチによりほとんどの%攻撃スキルの攻撃力が下げられ%攻撃スキルのみによる一撃勝利はなくなったのだが、
何故か コズミックテンペストのみ下がらなかった ため一人だけ世紀末状態のままとなっているのである)
ただし、持続力がないためにユーフォリアナルカナなどのようにオールラウンダーとして一人旅をさせるよりはとチームを組ませるのがもっぱらの使い方。
最終パッチ適用後では全ユニットでも最強のユニットの一角である。

参考動画

MUGENにおけるナーヤ=トトカ・ナナフィ

IF氏によって製作されたものが存在する。
完成度は45%とのことであるが、超必殺技なども搭載されていて使用には問題はない。
「無垢」による打撃技もあるが、やはり魔法による攻撃のほうが強力である。
+ 超必殺技の性能


斑鳩沙月永峰希美と同じくSilvan氏の外部AIが作成されており、カットインも追加される。修正パッチには未対応の模様。

また、Try氏によるAIも公開されている。こちらは修正パッチ対応。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm20864735

出場大会

更新停止中

出演ストーリー




添付ファイル