キール・ツァイベル

「し、知るわけないだろうそんな事!レオノア百科全書にも載ってない!」


17歳・身長174cm・体重51kg。
声:保志

原作におけるキール・ツァイベル

ナムコのRPG『テイルズ オブ エターニア』の登場人物。
リッドファラの幼馴染。
7歳のとき、両親と共に生まれ育ったラシュアンを去り、学問の町ミンツに移り住む。
13歳で学問の才能を見出され、ミンツ大学に飛び級で入学。
現在は同大学の最難関こと光晶霊学部に所属する学士。

昔から運動神経は鈍く泣き虫で、活発なリッド・ファラにからかわれるのがお約束だった。
そんな自分に幼い頃から劣等感を持っていたような一面も垣間見え
(彼がもともと学業に没頭するのもコンプレックスを取り払うため)、
現在でも他のメンバーと比べるとあまりにも体力不足が目立つ。
5歳も年下の少女であるチャットに劣るほどなので相当である。
また女性の色気に弱く、アニメでは鼻血を2回も出した。
その一方、知識欲は非常に旺盛。大学に飛び級入学するだけあって、並外れた頭脳を持つ。
しかし、知識のほとんどを百科事典の丸暗記で得るなど、理論面に偏重し融通がきかない一面もある。
何かことが起きる度に、滔々と専門事項について解説する衒学趣味の癖もある。
大学では「連鎖的世界崩壊仮説」なる胡散臭い理論を唱える変人として白い目で見られており、数少ない理解者以外からは評価はされていない。
こういった面からRPGにおける解説役を担当している。
しかし、あらゆる憶測を全く信じないが故に勘が鈍くなり、序盤はそのことでパーティメンバーの足を引っ張ることになる。

嫌いなものは辛いもので、幼少の頃ファラによってタバスコを無理矢理飲まされたのが原因。
このため料理スキルにおける「エビチリ」の習得率が全体的に異常に低い。
味が濃い傾向にあるセレスティア料理も口に合わない模様。
ついでに言うと魚料理も骨が面倒で嫌いな様子。もしかして好き嫌い多めだから体力不足になっているんじゃ…。

当初はメルディの事を「自分の出世(王立天文台に就職するという夢)のために利用価値がある」くらいにしか認識しておらず、
ファラに咎められるような態度を取ることもしばしばだった。
しかし共に旅を続けていく中、自分に学びの機会を与え、
それを手伝ってくれたことでメルディに感謝の念を持つようになり、徐々に打ち解けていく。
(恋心さえ抱いてきているようで、甘えられたり水着姿を披露された際は必要以上にうろたえている)

「メルディ、頑張れ!僕がついてる!」


戦闘における性能

晶霊術の使い手で、様々な攻撃術や回復術を習得する。
晶霊(各属性・各元素を司る精霊)の長「」をクレーメルケイジに入れ、
これをもう1つのケイジ(メルディ所持)と「フリンジ」(混ぜ合わせ)することで、
「自分の持っている大晶霊の、相手の持っている属性に対応する術」が使えるようになるシステム上、
2つのケイジに入れた大晶霊の組み合わせによって使用可能な晶霊術は大きく変わる。
よって、キールとメルディが使える晶霊術の大半は共通かつ共有不可能となっており、
キール固有の晶霊術は大晶霊の力を必要としない火・水・風属性の下級術3つのみ。
(ちなみに、メルディには専用召喚術「ティニー」がある。キール専用召喚術は没になった模様)

一応メルディよりも知力が高めになっているので、同じ術を使えばこちらのほうが高威力(TP最大値はメルディの方が高い)

また、彼を操作キャラにして術を詠唱すると、彼のキャラアイコンのところに十字キーが表示され、
その指示通りに十字キーを入力することで詠唱時間を短縮出来る。ただし入力をミスすると詠唱時間が延びる。
(1回成功するごとに1/60秒短縮、1回失敗するごとに2/60秒延長)
キールの術詠唱モーションは片手で十字を切り続けるというものなので、一緒に詠唱している気分になれて結構楽しい。

備考

メインキャラクターの中で唯一、他のマザーシップタイトルにゲスト出演していない。
(なりきりダンジョン系やファンダムなどの外伝作品には出演している)
『テイルズ オブ ファンダム Vol.1』の晶霊探偵! 〜キール・ツァイベル最後の事件?〜』では準主役。

その後『テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー2』に出演し、
『シンフォニア』でのファラ・メルディ、『アビス』でのリッドのエターニア組に続いて、ついに3Dモデル化した。
『レディアントマイソロジー3』では秘奥義として光の大晶霊「レム」が採用された。
+『マイソロ』シリーズのキール
2で参戦した際は原作再現のためか秘奥義が無いものの、攻撃・回復を高レベルで兼ね備えた万能術師。特に無属性・全画面判定・高威力のシューティングスターが強力。
3では高水準な術ラインナップはほぼそのままに、上記の通り秘奥義が追加。
その性能も「光属性の全体攻撃と同時に味方全員のHP・戦闘不能を含む状態異常・状態変化(能力の低下)回復」という高性能っぷり。
ついでにパートナーのメルディもシリーズ初参戦、ストーリーでも扱いが大幅に改善される…など大躍進を遂げた。
ただし、シリーズを通して足が非常に遅いという欠点はずっと変わっていない。


MUGENにおけるキール・ツァイベル

BIRD氏によるものが存在する。
なりダンドットのもので原作通り「フリーズランサー」等の術を使って戦う。
原作と同じように攻撃するのに詠唱が必要な為単独での活躍は難しい。
そのためかあまり出番はない。(そもそもサイズの問題もあり極一部以外は出番が少ないのが現状)

出場大会

出演ストーリー


「実際に見たり調べてみないと分からないこともある。それを学んだ。」




添付ファイル