フォッグ

「エレメンタルマスター!ワッハッハッハァ!!!」

38歳・身長185cm・体重92kg。
声:江原正士

ナムコのRPG『テイルズ オブ エターニア』の登場人物。仮面ライダーの敵や雲魔物をサポートするカウンターではない。
セレスティアの自由軍・シルエシカのリーダー。
常識外れの頑丈さや無尽蔵な体力などから、「不死身のフォッグ」の異名をとる。

屈強な体格から受ける印象通り、豪放磊落な性格で細かいことには全くこだわらない。
どんな苦境も豪快に笑い飛ばして突き進むポジティブ思考の持ち主だが、深く考えるのが苦手で、
ボキャブラリーの不足から会話の端々がしょっちゅう「 アレ 」になってしまう。

「オウ、アレだよアレ」


また、他人の心情を察する、などの細かい気遣いも不得手。
それでも、天性のカリスマ性や器の大きさで、シルエシカメンバーからは深く慕われている。

だが、自由軍の実務は内外を問わず、副官のアイラがほぼ全面的に請け負っている。
そんな彼にも絵師の妻がいるのだが、その妻はある事情から数年前に放浪の旅に出てしまい、現在は行方不明である。
妻の帰りを待つ間、彼女が可愛がっていた ミアキス (上画像の小動物)のデデちゃんを溺愛している。
そのためか自由軍の合言葉は「ミアキスを胸に」になってしまっており、団員の証のバッジもミアキスをかたどっている。

意外にも博識で、キールの考察していた小難しい内容にもあっさりと意見を出し、
「幼稚園の時に暗記させられた」と言ってキールを驚かせた。
ヴァンスという親友がいたが、過去の戦いで死亡している。妻が放浪の旅に出てしまったのはその事に関係している模様。

因みにチャットとメルディはそれぞれの家系の関係で純血ではないためメンバー6人中唯一の生粋のセレスティア人。

イベントで一時的に仲間になるが、その後はパーティに入れておくかをいつでも選べる。
この「入れるor入れない」は、彼自身の特技習得イベントにも関係がある。
実の所エターニアはリッドファラキール・メルディの4人を中心に物語が進んでいき、
フォッグ(とチャット)はサブキャラクターのため、4人に比べると出番がかなり少ない。
説明書やアニメ版には登場しなかったり、技の数も極端に少なかったりする。
というか、同作に登場するチャット・レイスと併せて3人でテイルズ習得技数ワースト3だったりする。

余談だが、彼は本編やサブイベントでしばしば電撃を食らって黒コゲになる。そして何事もなかったかのように復活する。
大抵の場合はイベントの一環としてスルーされるため、何の影響もない。
しかし強制参加のとあるイベントに限って何故か反映され、直後のボス戦では何と開始直後のHPが1。
難易度ハード以上ではボスが開幕に攻撃術を使ってくるため、回復する間もなく倒れてしまう。勘弁して下さい。

性能

武器は強力な破壊力のある晶霊銃(バズーカ)だが、通常攻撃はこれを用いた打撃なのでリーチは短め。
そしてかなりの鈍足。何とメルディよりも遅い。流石に運動不足のキール程ではないが…。
更に特技は全て晶霊術と同じく詠唱時間を必要とするため、術士と同じく後衛キャラと割り切って使う方が賢明だろう。
見た目通りHP(と攻撃力)が凄まじく高いのが救いか。

特技はいずれも遠距離攻撃で、威力・範囲共に単発で使っても強力なものが多い。
特に水属性の「アクアスパイラル」は凄まじい威力を誇り、更に追加入力で自分のHPを90%も回復する「アクアキュア」に変化する。
これ1つで最高難易度の凶悪な隠しボス・ゼクンドゥスを一方的に押し切れるほど。
また、フォッグの代名詞とも言える最強技「エレメンタルマスター」も射程・威力・範囲の全てに優れる高性能技。

しかしフォッグの真価はこれだけではない。
彼の特技はレベル1~3の3段階にランク分けされており、
アクセサリ「キャンセラー」を装備することで、レベル1→レベル2→レベル3の順にキャンセル発動することが可能になる。
単発でも強力な特技を3連発可能というだけでも非常に強力なのだが、
何と上位レベル技から下位レベル技への逆キャンセルも可能(「エターナルキャンセル」と呼ばれる裏技)。
+ エターナルキャンセル

MUGENにおけるフォッグ

BIRD氏によるなりダンドットのものが存在する。
同氏のキールとは違い技に詠唱が必要ないが
全ての技にゲージが必要でその為のチャージが実質の詠唱となる。
特定のルールではその強さを遺憾なく発揮できるがそれはそれで別の問題が出てくる。

「いよいよシゼルの城に乗り込んで天下取りってわけだ!」


出場大会




添付ファイル