リーガル・ブライアン

「まさに・・・恥ずべき事だ」

33歳・身長189cm・体重85kg・血液型A型 一人称・私 
声:大塚明夫
ナムコのRPG「テイルズオブシンフォニア」の登場人物。
ロイド達を襲った囚人の1人。貴族の生まれで、大会社(レザレノ・カンパニー)の会長。
自分のであるアリシア(プレセアの妹)と恋に落ちるが、そのことを快く思っていなかった幹部にアリシアをブローカーに売られてしまう。
それを知ったリーガルはすぐにアリシアを助けようとするが、その時にはもうアリシアはブローカーの手により怪物にされており、
少し理性が残っているものの、いつ暴れだしてしまうかも分からない状態だったためアリシアはリーガルに自分を殺すように頼み、涙を流しながらリーガルはアリシアをその手にかける。
その罪悪感から自首して自ら牢獄に入り、犯した罪を悔いながらも決して忘れないように、両手に手枷を嵌めている。(ちなみにアリシアの墓はレザレノ・カンパニーの屋上の空中庭園にある)
また、死なせた恋人のアリシアがプレセアの妹であったために、仲間となってからは、プレセアを特別気に懸けている。
なお作中、アリシアの死は他者の介入によるものだったが、漫画版では彼女自身がエクスフィアを無理に剥がしたことが原因とされている。

口数が少なく無愛想な性格だが、貴族としての過去ゆえに博識で、ロマンチストでもあり、洗練された言い回しには気障な言葉も覗く。
プレセアと同じく肉球好きで、ロイドを足で戦わせようと張り切るなど、スキットではお茶目な描写も多い。
スキットでロイドに「 親父って感じがする 」と言われてショックを受けていたことから、自分の年を気にしている面も見られる。
ドラマCDでは、ゼロス・ワイルダーが書いた芝居(リーガル主人公のヒーローもの)を意欲的に演じるなど、子供っぽいところもある。

戦闘では両手を使うことなく、獄中で身に付けた足技が主体の格闘流派「トラウベル流武術」を駆使し、
脛の部分に足甲(レガース)を嵌めて蹴り技で攻撃する。さらに気功術を用いた回復もこなす。
特技の連携への繋げ方とタイミングによって、戦闘における活躍が左右される。昔は、手や腕を多用する武術の使い手でもあった。
イベントで一度だけ手技を見せるが、その威力はクルシスの頑丈な鉄格子をいとも簡単に破壊してしまうほど。
そこまで強力な手技を秘めながらも、両手を封印し足技のみで戦うのは、[[「たとえ目的達成のためとはいえ
魔物や敵の命を奪う行為に対する重さを常に感じ、それが無益な殺生であるかもしれない」と手枷によって自分自身を戒めるためである。>絹]]

上流社会で育ったにもかかわらず、自分専用の包丁を持参するほど料理好きで、とても上手。趣味は料理で、特技も料理。
意外な一品の追加を好む。 手枷をつけた状態で、どのように料理をしているかは不明。 着替えの時だけは手枷をはずすようだが。
ただ彼もジーニアスには敵わず、パーティでは2位の腕前(女性陣の腕?…聞くな)。ただTP大回復のポテトサラダを得意とする分
終盤のTP回復でその本領を発揮できるかもしれない(何の情報も無しで材料のパープルソディが手に入るかは怪しいが)
紅茶派で豆腐が好き。そのためか、レザレノ・カンパニーの遊園地の「コーヒーカップ」はティーカップになっている。

こんな彼だが扱いはなんというか不遇である。
GC版のシンフォニアでは唯一複合特技(合体攻撃)を所持しておらず、次回作『ラタトスク』では「がっかり秘奥義」「がっかリーガル」と評されるほどの出来が悪い秘奥義。
全キャラ総出演した『なりきりダンジョン3』と藤島テイルズが全て参戦した『ファンダムVol2』以外には一度も参戦していない。しかも『ファンダムVol2』では全キャラで唯一コスチュームチェンジが無い。
ここまで来るとリーガルが何をした、といいたくなってくる。

名前の由来は革靴のメーカー『regal』から。国外版での名前は"Regal Bryant"。
うぼぁーっ!とは言わない。

MUGENにおけるリーガル・ブライアン

バルバル氏によるものが存在する。
AIはなく、他のTOS勢と比べても大会・ストーリーともに出番が無い少ない。

出場大会

  • 「[大会] [リーガル・ブライアン]」をタグに含むページは1つもありません。



添付ファイル