プレセア・コンバティール

「この釈然としない苛立ち…

これが…怒り…?」

肉体年齢:12歳 身長:138cm 体重:24kg 血液型:A 一人称:私 
声:桑島法子

ナムコのRPG「テイルズ オブ シンフォニア」の登場人物。
名前が似ているが某魔少女の母親ではない(というか肉親の名前まで酷似してるってどういうことなの・・・)。
神殿に神木を納めている木こりの少女。トレードマークはトゲトゲのツインテールと巨斧
病に臥した父の代わりに働くために、欠陥品とも知らず、父が常に使っていたエクスフィアを装着してしまう。
その影響で、人間離れした怪力を得た反面、喜怒哀楽の感情の全てを失い、肉体も12歳のまま成長が止まる。
ロイド達の尽力によって16年振りに感情を取り戻し(つまり 実年齢は28歳 )、その後は時間の流れに即した正しい成長を迎えるものの、結局本来の性格には戻らなかった。
冷静沈着だがやや感覚がずれた面もあり、無意識の毒舌家。
同作のパーティキャラであるリーガルとの間には、妹を殺された事が原因で溝が出来ている(一応やむを得ない事情があり、それをプレセアも理解している)。
また、上記のリーガルと共に動物好き、いや肉球好き。 精霊 、プロトゾーンだろうと問答無用でぷにぷにする。
ゲーム内のイベントでクロノアのコスプレをしたこともあった。「わふーわふー
ロイドと同じく手先は器用で、彼女の木彫りの作品はお守りとしても評判が高く、よく売れる。
ちなみに、同作には本編の2年後を舞台にした続編が存在するのだが、28歳の2年後ってことはつまりみそjうわ何をするやめくぁwせdrf
……合法ロリって素晴らしいよね!
ちなみに「レディアントマイソロジー」などシンフォニアに直接関係ない作品ではちゃんと12歳のままである

原作性能

設定通りのパワーキャラ。威力と攻撃範囲に優れた特技を多く覚える。
しかし攻撃動作がとにかく重い。通常攻撃から特技に至るまで、発生も遅ければ硬直も大きい。
他の前衛キャラクターと同じ感覚では使えない。ジャンプ攻撃をコンボの起点にする戦い方を覚えよう。

PS2版で追加された秘奥義は「烈破焔焦撃」「緋焔滅焦陣」の2つ。
同作で秘奥義を2つ持つキャラクターはプレセア、ゼロス、リフィルの三人だが下記の通り無駄に演出が凝っているのはプレセアのみ。なんという優遇…。
特に「緋焔滅焦陣」の方は、
  • コレット誘拐までストーリーを進めている
  • 奥義「獅吼滅龍閃」を累計200回以上使用している
  • プレセア以外の戦闘参加メンバーが全員戦闘不能
  • プレセアの残りHPが最大HPの10%未満
  • オーバーリミッツ状態
  • EXスキル「リミットオーバー」発動中
  • 以上を全て満たした上で、奥義「獅吼滅龍閃」を使用
  • 1戦闘につき1回のみ使用可能
というぶっ飛んだ使用条件が付けられており、まともな戦闘でお目に掛かる機会はまず無いと言って良い。
しかしその分威力は凄まじく、更に演出はカットイン2枚挿入の大盤振る舞い。まさにテイルズ屈指のロマン技
これもスタッフの愛が成せる業か。



+余談
『シンフォニア』の開発チームが製作したテイルズオブシリーズで秘奥義の数が多いキャラとしては、
アビス』のアニス・タトリン(13歳)や、PS3版『ヴェスペリア』のパティ・フルール(14歳)が挙げられる(ちなみにパティは秘奥義の性能がランダムで決定するため、実質一つだけである)。
これらの3人は共通して外見が幼い少女であるため、
開発チーム内にそういった性癖のスタッフがいるのではないかとユーザー内で噂されている。
事実お祭りゲーになるとアニスとプレセアの秘奥義は大抵優遇されている。
というか、アビスの攻略本に「 アニスに一番愛を注ぎ込みました 」と発言しているスタッフが居るのと、
その一方で 納期に間に合わなかった という理由で秘奥義が一つしかないガイとナタリアがいるためほぼ確定であろう。
+原作以外での出演・性能
テイルズ作品のオールスターシリーズにも多く出演している。
原作設定を取り入れると色々と面倒なためか、単に「不思議な力を持った少女」といった感じで、前述の通り見た目通りの年齢にされている。

『バーサス』では脚は遅いが攻撃スピードは意外と早く、並の剣士クラスと同程度。イメージと違って無難に扱える。
術が無い分ステータスを物理特化に配分できるのが強み。
対人戦よりも、ストーリーではプレセア戦は森が戦場になることが多く、CPU共通のガン逃げ・アイテム収集AIに注意する必要がある。

『レディアントマイソロジー』シリーズでは、残念ながら前衛として最底辺の評価を与えられている。
とにかく 遅い の一言。2回までしか出せない通常攻撃の発生の遅さが特に致命的で、
その他にも特技も遅いものが多く隙も大きい、脚は遅くて素早い敵に追いつきづらい&ダメージが大きい術の回避がし辛い…と欠点が多い。
ステータス自体は優秀で、装備が斧なので攻撃力に関しては一級品なのだがモーションが足を引っ張る不遇性能。どこかのロン毛と同じような扱い。
術師同然の装備だが技性能でなんとかカバーしているリリスとは正反対といえる。
(もっともリリスも「最下層のプレセアやユーリよりマシ」というだけで恵まれてはいないが)

MUGENでのプレセア

+ニマイメ氏製作
  • ニマイメ氏製作
氏の他のテイルズキャラ同様サイズは小さめ(でもプレセアは元々小さいし)。
原作に存在しない技を含め多く技を使用できる他、ラウンド中アーマーをつける「グローリー」や避け動作
そしてジアビスモードを使うことができる。
このモードにすると使える技がジアビスのものになり効果音も変わるという凝りっぷり。
またAI含め強さを変更でき、レベルを上げるとかなり凶悪な性能になる。
isweb終了によるサイト消失からしばらくしてOneDriveでふたたび公開されるようになった。

他にも同氏作の和太鼓のアルカナを装備したアレンジキャラも存在していた。(現在は公開されていない)
かなり前からアルカナホーミングを実装していたキャラらしいがAIが無いせいかあまり有名ではない。

+オキナ氏製作
  • オキナ氏製作
セネルすず他手書きテイルズの製作者のオキナ氏によるものも公開されている。
手書きのためキャラサイズは普通(といっても外見相応に小柄ではあるが)にされており、AIもデフォルトで入っている。

出場大会

削除済み

出演ストーリー




添付ファイル