ロニ・デュナミス

「安心しろ、おまえは俺が守ってやる。何があっても、必ずな」


キャラクター紹介

年齢:23歳
身長180cm
体重75kg
一人称:俺
声:俊彦(幼少時代:雪乃五月

ナムコ(現バンダイナムコゲームス)のRPG「テイルズオブデスティニー2」のメインキャラクターの1人。
緑髪のエレアではない。
カイルの兄貴分兼親友で、アタモニ騎士団に所属している青年。
しかし、レンズ重視の神団のやり方を良く思わず、カイルと共に旅立つ為に騎士団を辞めることになる。

美女を見つければナンパすることを常としているが振られまくっており、
「ふられマン」と呼ばれることすらある(チャットタイトルにも使われている)。
しかし実際は年相応の思慮深さを持ち、無鉄砲な行動を取るカイルにブレーキをかける保護者的存在でもある。
過去に孤児院で起きたある事件について負い目を感じているため、カイルに対しては過剰とも言える優しさを見せる。
ジューダスにからかわれたりナナリーに絞められたり、
ハロルドの実験の材料にされるなどパーティメンバーの中では極度のいじられキャラであり、
他サイトのギャグ系アンソロジー小説や漫画では、やられ役兼つっこみ役が定着している。
なお、大の男でありながらお化けが苦手という一面もある。ただし、それらの敵が弱点というわけではない。
初期設定では、信仰心が非常にあつい人間で主人公と対立もするらしかったが、
スタッフ曰く「出来上がったときは今のキャラになった」とのこと。

ちなみに、プレイヤーからは ホモ と呼ばれている。
+ 理由
等、女好きの癖にアッー!なネタが多いことから、プレイヤーの間ではすっかりホモキャラとして定着してしまった。
勿論、一連のホモネタはただのロニ的ジョークなので、何、気にすることはない…え?ジョークじゃない?アッー!
それにしても酷い愛称だが、D2キャラは他のキャラも馬鹿だの仮面だの空気だのといった呼ばれ方をされている為、
何、気n(ry


ネタキャラとして人気を獲得したという点では誰かさんと似たような立場のキャラといえるかもしれない。
義母・ルーティへの言動や仲間の1人・ナナリーとのクリア後イベントから、 マザコンロリコン と言われることもある。
しかし本人は「14才未満には手を出さない」「年上の美人が好き」だと公言しており、
幼女に求愛された際には嫌がって拒否している。

+ 過保護な理由(ネタバレ)

原作での性能はハルバートなどの斧槍を使って戦う典型的なパワータイプのキャラクター。
武器の中にはサンドラの槍ミョルニルもある。
しかし、このゲームの最重要パラメーターともいえる命中が低く、物語が進むにつれコンボブレイカーと化してくるのが困りもの。
更に通常攻撃の速度や足が遅く、奥義も使いにくいものが多い。晶術にも若干弱め。
その為、仲間が5人以上になると一軍から外されがちになってしまう。

とはいえ、弱点の命中は装備に付加する「スロット」という追加効果で割と簡単に補えるレベルであり、
奥義は使いにくいものの、特技は「雷神招」「放墜鐘」「霧氷翔」など使い勝手のいいものが揃っている。
通常攻撃も一部発生の早いルートはちゃんと持っているなど、絶望的に酷い性能をしているというわけではない。
他が強すぎて霞んで見えるというだけで。
また、HPや防御の成長率は文句なしに全キャラ中トップであり、1回目のバルバトス戦までの序盤では貴重な回復役ということから、なんだかんだで愛着が湧き使い続けるという人もいる。

「割破爆走撃」「戦吼爆ッ破」など、技名のセンスはかなり独特。
極めつけは秘奥義「 震天裂空斬光旋風滅砕神罰割殺撃 」であろう。テイルズ1長い漢字の技である。
酷い名前のように見えて、ちゃんと名称と効果は一致している。ちなみにこの技は低確率で失敗する。
その場合「神罰」の時点で武器を落としてしまい「…攻撃ー!」と叫びながら敵を素手で殴る。
カイルが戦闘に参加している場合「ださ~」と突っ込みが入る。当然、「割殺撃」までいった時よりも攻撃力は落ちる。
動きも技名同様に独特で、雷を呼んだり冷気を飛ばしたり、特に大地を砕く描写の技も多いかと思えば、
相手を地砕きで上空に飛ばして、チェイスジャンプで追撃と言う、色々とテイルズの常識をはずれた挙動も見せる。
秘奥義『ファイナルプレイヤー』に至っては、秘奥義の最後ではなく、最中に唯一ダウンさせてしまうのだが、
ダウン追い討ちをされると、秘奥義中であろうと自動でガードに移行する仕様から 殆どガードされてしまう
実はバルバトス等の特殊なダウン方法の相手には全て通るが、
9割の相手にガードされる秘奥義を持つのはシリーズの中でも彼くらいである。

戦闘ボイスにも「天罰決定!」「みんなに感謝!」「運命は時に厳しい!」など特徴的なものが多い。
瀕死になると「死ぬって!」詠唱中に敵が近づいて来ると「今こっち来んなって!」などネタが多く、
特に死亡時の「 何だとっ!? 」はジューダスの「 馬鹿なっ! 」と並んでよくネタにされる。
ボス戦等での「死ぬって!回復だぁ!今こっち来んなって!っでっにゅわっ何だとっ!?」はお約束。
(大打撃を喰らってピンチ→回復晶術詠唱開始→詠唱中敵接近→被ダメ→被ダメ→KO)
仲間との戦闘中の掛け合いも多く、かなり賑やかである。ついでに空耳も割と激しい。

また彼の技のひとつ「割破爆走撃(かっぱばくそうげき)」は「割破」の部分を「 河童 」と読み替えられたりする。
商業用の四コマですらこの事をネタにした人が多数いるほど(河童が爆走する劇だから「河童爆走劇」等)、
中には「河童マンショーゲキ」なんて空耳が聞こえた漫画家も…。

マイソロやバーサスといった、外部作への出演は何故か少ない。
『ハーツ』 では、サポートキャラクターとして登場。
『バーサス』 に、彼の武器でもある斧がアイテムとして登場し、使用すると上記の『ファイナルプレイヤー』を発動できる。
バーサス以前にも『ファイナルプレイヤー』 はロニの使用時台詞を説明文そのままに、武器として登場している。
レディアントマイソロジー2の大剣士に「割破爆走撃」などロニの技が一部使われている他、
シンフォニアのプレセアや、リメイク版TODのマリー等にもロニの技が使われている。

「叩きのめす、まだのめす、更にのめす! それが! ファイナルプレイヤー!!」


mugenでのロニ

BIRD氏によるものが存在する。
氏のサイトは閉鎖されたが、現在は五右衛門氏のサイトにて代理公開されている。
晶術や秘奥義(一部未実装だが)やAIも搭載されていて、ガンガンコンボを繋げて来る。
ちなみに追加特技はゲージを1/5、晶術は下級術が1/10、中級術が1/4消費する。
しかしなりきりダンジョンのドットが使われている為ちびキャラとなっており、
通常の大会動画に出すことは厳しいかもしれない。

出場大会




添付ファイル