リムル

「さあ来なさい、カイル! 今こそ雌雄を決しましょう!

   わたしとキミの、どちらが最強なのかを!」

ナムコのRPG「テイルズオブデスティニー2」の登場人物。CV雪野五月
よその会社の有名RPGのキャラやサムスピの妹キャラと名前が紛らわしいが何、気にすることはない

ノイシュタットの闘技場チャンピオンの女の子。戦うことが大好き。
母親はスタンの妹リリス・エルロンで、同作の主人公カイルの従姉妹である。夫は誰だ、表に出ろ
親譲りの強さ、そして雷属性を持つ(戦闘中も常に帯電している)が、武器はちゃんとした剣である。
その強さと戦闘センスは折り紙付きで、作中では女性にちょっかいを出していた暴漢3人を一瞬にして叩きのめしたり、
かけっこレースを見て新しい技(超高速で動くことで剣の質量のみを飛ばすという技。ありえん(笑))を編み出すなど。

原作でのリムル

闘技場にて特定の条件を満たすことでカイルのみが戦う事が出来る。
戦闘では格闘術と剣術、そして晶術を組み合わせて戦う。喰らいボイスがエロい。
飛び越えられない飛び道具やガードブレイク持ちの打撃、アーマー持ちの斬撃、
果てには発生が異常な上に初段は強制ガードブレイク、後半は特殊ガードでなければガード不可の必殺技を持ち、
しかもAIがそれらの技を間合いによって的確に使用してくるため、専用の対策を練らなければ即KOされてしまう。
最高難易度での彼女は、同作で2番目に辛いと言われるほど。1番?そりゃあ・・・
しかし、極めればハメ勝ち出来るのはこのゲームの敵の共通事項である。
また秘奥義を使用すると、カウンターでほぼ即死級の秘奥義(光属性の具現結晶『ソルブライト』)が帰ってくる。
光耐性の装備で固めてダメージを軽減し耐えしのぐと以降は秘奥義を使用してもカウンターしなくなる。

漫画版ではリーネでカイルと出会い半ば強引に勝負を挑むも、奥義1発でKOされてしまう。
原作での強さはどこへやら。


mugenでは

rainman氏による、完全手書きのものが存在する。
原作のシステムであるプレスガードやウェポンスパークもしっかり搭載されている他、
アレンジ要素として2段ジャンプが出来たり、リカバリングやストック可能な晶術等、元がボスなだけに少々トリッキーなキャラとなっている。
技は瞬雷刃や雷破斬、雷斬轟天撃と原作同様の技にアレンジを加えたもの、また原作での没技やオリジナル技も搭載されている。
どこかで見たようななのは何、気にすることはない
そして 回る 。前宙とかバク宙とか。剣も回す。超必だと すっごい回る 。この事は氏のreadmeにも書かれていたり。
蓬莱氏によるAIも作成されている。

おまけとして、原作要素の戦闘評価を表す「GRADE」がこのキャラには搭載されている。
ガード成功時や超必KO時等、戦闘を華麗にこなす程高い値が出る。
自分で操作する時などは高GRADEを狙ってみるのも一興だろう。

紹介動画


出場大会


出演ストーリー