クラース・F・レスター

「我が名はクラ-ス。指輪の契約に基づき、この儀式を司りし者。

我、伏して御身に乞い願う。我、盟約を受け入れん。我、盟約を受け入れん」

           「──我に秘術を授けよ。

      我が手の内に・・・御身と、力と、栄えあり!」


声:井上和彦
29歳、身長176cm、体重62kg。

ナムコ(現バンダイナムコゲームス)のRPG「テイルズオブファンタジア」の登場人物。
学者。王立学院時代に「人が精霊を使って魔法を使うことができる」という論文を発表したが認められなかった。
そのため、自分の論文の証明をすべくユークリッド村で学院の同期生であったミラルドを助手に精霊の研究に勤しんでいたところ、
未来からやってきたクレスミントの要望で旅に同行する事になる。

全身に精霊を操るためのペイントを施し、首と両手両足に精霊との同調を助ける鳴子を装着しているのが特徴。
性格は気難しく偏屈で(とはいえパーティ加入後は気さくに会話をしている)、生活能力は殆ど無いらしい。
収入や家事に関してはかなりミラルドに頼っていることが伺える。それを抜きにしても大切に思っており、
未来の世界では、残してきた彼女のことを心配する場面もあった。
パーティでの中では最年長者であり、リーダーとして扱われる。
また、ダオスのしてきたことに対するプレイヤーの言いたいことを代弁するかのような役割も持っており、
実際にEDでそのバックグラウンドを知った仲間たち(2名を除きダオスのせいでシャレにならない被害を受けている)が同情的な見解を示す中、
ただ一人批判の意志を貫徹していた(見解自体を否定する物では無かった為、年長者としての気遣いともとれるが)。
更に、後年の時代を舞台に彼の子孫が主人公として活躍する外伝作品も存在する。

+ 原作ゲームでの性能

ちなみに、装備できる本の中に堂々と すけべ本が混じっていたりする。 当然、薄い本なので武器としての能力は最悪。なんなんだこのイチャイチャパラダイス
…PS版・PSP版では名称が変更され、「ピンナップマグ」となっているのだが、なぜか発売日的にその間にあたるGBA版では「すけべ本」。
またPS版以降ではN.G.と呼ばれるゲーセンにあったフリーマガジンがモデルのものも存在する。
ついでに彼の防御姿勢は本を開いて突き出し構えるというもの。戦闘中とはいえ若い女性もいる前ですけべ本を堂々と開いて構える29歳…。

また、本編中に「生活能力は殆ど無い」と言われているが、実は料理熟練度の成長速度はパーティー内トップを争うほど。
ただ面倒臭がって料理しなかっただけで、学者=物事を学ぶことに長けているから、ということだろうか。

ファンタジアキャラの中では唯一『テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー2』に出演してないが、
クエスト『テイルズ オブ ゴールデン ビクトリー』にて『ペイント召喚士』というペンネームで意見を送っていた。
またクラースの帽子という特典アイテムが登場し、主人公に装備させるとクラースとおそろいのトンガリ帽子になる。(上の画像と同じもの)

上記のマイソロ2に限らず、他のファンタジアキャラ比べてクラースはゲスト出演やお祭りゲーへの参加が圧倒的に少ないのだが、
作品ごとに精霊の姿や扱いが異なるため、召喚専門のクラースは扱いが難しいのではないかと言われている。もう一人の召喚士も出番が少ないし。
『レディアント マイソロジー3』にはなんとその「もう一人の召喚士」が参戦。クラースさんには相変わらずお呼びがかからなかった。

公式の人気投票では第1~2回で上位だったので人気が無いわけでは無いのだろうが。(第3回以降は増え続けるキャラ群に押されランク外)


MUGENでのクラース・F・レスター

Akimoto氏が製作したものが存在していた。
現在は氏のHP閉鎖により入手不可。
詠唱ボタンを押すと詠唱を開始しその後に何らかのボタンを押すと精霊を召喚できる。
しかしなりダン基準の為精霊はエターニアのものばかりになっている。
また、音声ファイルも入っていない。
+ youtube

「人生は夢だ」

クレス「なら、目が覚めたら?」

「忘れてしまうのさ、夢の事は」


出場大会