Aya Brea


──最凶の敵は、自分の中にいる。


本名:アヤ・ブレア
年齢:25歳(PE1)/ 27歳(PE2)/ 39歳(3rd)
身長:160cm
体重:48kg
血液型:ミトコンドリア型
職業:NY市警警察官(PE1)/ FBI超能力捜査官(PE2)/ C.T.I.オーバーダイブ適合者(3rd)


スクウェア(現スクウェア・エニックス)より発売されたPS用アクションRPG『パラサイト・イヴ』シリーズの主人公。
鴉天狗ではない。綴りを入れ替えると『ファイナルファイト』第5面になるが関係ない。
ミトコンドリア遺伝子をテーマにした瀬名秀明の同名ホラー小説を原作としてゲーム化した作品……なのだが、
小説版の数年後がゲーム版という設定で、舞台も原作の日本からアメリカへと変わっている為ほぼ別内容
(このため、主人公のAyaを始めとするゲーム版の登場人物達は原典には登場しないオリジナルキャラである)
が、別にエヴォリューションした訳ではなく、原作と話を絡めながら、RPGへと見事昇華させた名作である。

ニューヨーク市警十七分署所属の新人刑事で年齢は25歳(PE1時点)。Mayaという姉がいたが幼い頃に死別している。
クリスマスの夜に訪れたマンハッタンのオペラ会場「カーネギー・ホール」でAyaは謎の大量人体発火事件に遭遇する。
事件の発端となった怪物「Eve」の口から、自分が普通の人間とは異なる身体であることを悟り、
相棒刑事のDanielと共に真実を追うこととなる。

その3年後の『PE2』では、警察を退職しFBIの対NMC(ネオ・ミトコンドリア・クリーチャー)専門機関「MIST」の捜査官となったAyaが、アクロポリス
タワーやモハーヴェ砂漠にあるドライフィールドなどで起こった新種のNMCによる事件を発端として、人為的な進化という禁忌に触れる組織的な陰謀に巻き込まれていく。
2でのAyaは27歳なのだが、前作の事件で覚醒した特異体質のお陰で老化が止まり若さを保っている。
未だに20歳前半くらいに見られることについて本人自身は内心複雑に思っている模様。
また、前作の「リバレート( 光り輝く天使のような姿に変身して超人的パワーで敵をボコボコにする最強技 )」ほどの超常的な能力こそ
鳴りを潜めたが、NMCの代名詞的な自然発火以外にも多様な能力を身に着けられるようになっており、巧く戦況にあわせて能力を取得することで
正面から当たると手強い相手も封殺できたりとかなりクレバーな立ち回りが出来るようになっている。
ぱっと見地味にはなったが、ある意味力押し気味の前作よりも能力が進化していると言えるかも知れない。
隠し装備で『FF8』のガンブレードを使用したりしている。
ちなみにアクロポリスタワーではおなじみのジャケットとジーンズ姿、ドライフィールドではアサルトジャンパーとタイトスカート姿という形でコスチュームが変化している。


10年以上の時を経た『The 3rd Birthday』ではタイトルから「パラサイト・イヴ」の文字が外され、アヤ自身を主眼に置いた物語に。
この為ミトコンドリアの設定も登場せず、他人の意識を操る「オーバーダイブ」という新たな能力を獲得している。
今作のアヤは記憶を失っているという設定なので、前作までの凛々しい印象が薄れ、かなり弱気な性格になっている。
また、今回はメイド服など様々なコスプレを披露。
衣装ごとにボイスまで変化するほか、ダメージを負うごとにかなり際どいレベルまで服が破けたりする。
さらにはFF13のライトニングさんと世界を超えてお互いに衣装を交換したりなど色々はっちゃけている。
(T3Bではアヤが隠しコスでライトニングの衣装、DDFFではライトニングが隠しコスでアヤの衣装にそれぞれ着替える)
アヤとライトニングの声優が同じ坂本真綾(エアリス天野美汐の人)であることから実現したネタ。
+ アヤ衣装のライトニング
なお設定では彼女は1972年生まれなので、『3rd』では年齢が39歳前後にまで達しているのだが( ソース )、
特殊な体細胞の影響で未だ25歳頃の肉体を保っているので大丈夫だ、問題ないババア結婚してくれ

なお彼女は バイセクシャル である。
本作の漫画化作品『PARASITE EVE DIVA』にてAyaに女性の恋人がいることが発覚し、
当時のファン達は歓喜するもの、絶望するもの、新たな性癖に目覚めるものなど様々な波紋を呼んだ。
+ 漫画版(ニコニコ動画)

ちなみに『チョコボレーシング』にもスコールクラウドと共に隠しレーサーとして出演している……のだが
オープンカーに乗っているスコールやバイクに乗っているクラウドとは違い、常にパトカーに乗っているので
Aya本人はゲーム中一瞬たりとも姿を見せない
+ レーシングでのAya・・・というかパトカー(YouTube・海外版)

また、『T3B』の初回特典として『FINAL FANTASY TRADING CARD GAME』の発売前プロモカード「アヤ・ブレア」が付属していた。
そのせいでFFシリーズのカードゲームなのに最初にカード化されたのがFF無関係のアヤという事態に。
(ただ、彼女自体は上記で挙げた通りFFシリーズとの縁はそこそこ深いのだが)

原作『PE1』ではダメージを受けた際にボイスが出るが、『PE2』では声が異なる上、HP0になった時、煙に当たった時などのボイスがついた。



MUGENにおけるAya Brea

+ VN Artist氏製作 Aya Brea
+ hanma氏製作 Eve Original

出場大会