アーチェ・クライン

「てへっ、やっちゃいましたぁ♪」

声:
17歳、身長157cm、体重39kg(自称)。
ナムコのRPG「テイルズオブファンタジア」の登場人物。
魔法使い。ローンヴァレイ育ちのハーフエルフ。
気象学者の人間バートとエルフのルーティ(ルーチェ)の間に生まれた娘で、過去の世界において親友のリアの敵を討ったクレス達に強引に同行する。
性格は天真爛漫そのものだが、ハーフエルフゆえ極めて長寿かつ博識な所もある。

意外に酒豪であり酔い潰れてもクラースと違い二日酔いになっていない(PS版では『うわばみ』なる称号を得る。PSPでは削除されて『ゆめみるおとめ』となっているが)。笑い方は「ウッシャッシャ。」
体型はミントの逆を行く、いわゆる「幼児体型」で、それに対してややコンプレックスを抱く。
料理が壊滅的に下手で、チェスターから称号『××料理人』を得るほど。ただしフルーツを用いたデザート系は得意。
通常攻撃は箒で行う。また、箒で空を飛んでいる状態で魔法を使う。そのため一部の術は当たらない。
初めてチェスターと会ってアーチェが放った第一声が「なんか弱そう」だったため、いきなり犬猿の仲になる。
(実際シナリオの都合上チェスターと他の仲間はかなりレベルが離れているので仕方がない…?)
何気ない一言だったがチェスターは密かに傷付いて深夜に特訓をするようになり、後にそれを目撃したアーチェは反省している。
その後も結局ケンカは耐えなかったが、ケンカするほど仲がいいということで。

最上級魔法に行き着くと天体を落とすメテオスォームやブラックホール、果てにはビッグバンととんでもないことになっており、特にビッグバンは吸収されない限り他の魔法を食ってしまう威力と戦闘フィールドのどこにいても当たる攻撃範囲である。
とんでもないダメージ、戦闘フィールド全体に及ぶという仕様は後のシリーズにも引き継がれており、特に敵に使わせると戦線があっという間に崩れてしまう上に、敵が使ってくる場合は秘奥義に区分されることが多い=オーバーリミッツと呼ばれるアーマー状態であることが多いことから阻止不能なことが多い。

+ アーチェはきよきおとめの資格がない

シリーズ最初期の人気キャラクターということで、後の作品のゲストやオールスターにも数多く参加している。

ファンタジアの後日談となる『テイルズ オブ ファンタジア なりきりダンジョン』及びリメイク版の『~X(クロス)』では
主人公達の時代に一人で暮らしている。ファンタジア本編でのアーチェの時代はアセリア暦4202年、『なりきり』の主人公達の時代は4408年なので
計算すると年齢にして 223歳 。ハーフエルフの長寿設定が活かされ、4408年に唯一登場する歴代キャラ。
チェスター曰く「少し性格変わったんじゃないか?」との事だが基本は元の天真爛漫な性格で、見た目はほぼ変化してない。

『テイルズ オブ バーサス』に登場した際はチェスターと共に精霊闘技場の番人を務めている。
同作では、クレスの昔馴染という設定。「ビッグバン」を秘奥義として使用できる。


MUGENでのアーチェ・クライン

かつてNIN氏も公開していたが、現在は正規の手段ではDL不可能。

+ Yasainoyama氏製
+ DEMAN氏製
+ bara氏製

「あたし、バイバイなんて言わないよ。もう会えないって訳じゃないもんね。でも…

100年も会えないなんて…寂しすぎるよぉ…」


出場大会




添付ファイル