キャプテンマーベル(マーベル)


アメリカのマーベルコミックスのシリーズ『マーベルスーパーヒーローズ』に登場するヒーロー。
初出は1967年の『#12』である。

本名は マー・ベル(Mar-Vell) 。「クリー」という種族の宇宙人である。
本来はクリー帝国の民兵であり、地球には当初はスパイ目的でやって来た。
その際、死亡したばかりのケープカナベラルの科学者ウォルター・ローソン博士の立場を拝借した。
だが、地球で生活するうちに地球人に共感するようになり、クリーの尖兵である戦闘ロボット「セントリー」(とは無関係)と戦い始める。
全てのセントリーを倒した後、彼は本来の名を捨て、ヒーローとして「キャプテンマーベル」を名乗った。

ヒーローとしての能力は、非常に多彩かつ強力。
まずは種族的特性として高い身体能力を持っており、軍人としての経験からか戦闘知識も豊富。
さらにクリーのアイテムであるネガ・バンドを持っており、光速を越えて飛べる。
また、Dr.ベンジャミン・サバンナの電磁放射を浴びたせいで太陽光を吸収する能力が身に付き、
自力での飛行能力と太陽エネルギーの投射能力も入手した。その代わり、夜には力が半減するようになったが。
おまけに、「宇宙意志」と連動しているらしく、過去と現在と未来に対する絶対知識すら備えている。
ただし、まともな人間には負担がかかりすぎるため、使いすぎると発狂する

自爆再生能力を持つヴィラン、ニトロの爆発が原因で被爆してしまい、それが原因で死亡。
その後彼の息子と娘がキャプテンマーベルの名を継ぎ(現在はそれぞれフォトン、クエーサーと改名)
また彼とスクラル人皇女との間に生まれた子もハルクそっくりのハルクリングとして活躍している。

DCコミックスにも「キャプテンマーベル」というキャラクターが登場するので、かなりややこしい。
他にもマーベルマンというヒーローが色々とややっこしい事情と裁判の果て、マーベル社に所属するミラクルマンになったりしている。
まあ、「marvel」という言葉には、「すばらしい」という意味があるので、ヒーローの名前としては不自然ではないのだが。
そういや彼女も昔マーベルガールって名乗ってたね。

マーベルコミックスが社名をつけたヒーローだけあって、かなり力が入っている。
どうも、マーベルにおけるスーパーマンの位置づけにしたかったらしく、宇宙規模の話でよく登場する。
そのためか、ファンタスティックフォーのメンバーとは因縁が多い。
アベンジャーズの一員としてサノスと交戦したこともある。
メインの舞台が宇宙なので、地球上での事件が描かれるスパイダーマンデアデビルなどクライムファイター系や、
ミュータント絡みの話が行われるX-MENとの関わりは薄い。
スーパーマンではなくグリーンランタンに近いんじゃないだろうか


奇妙奇天烈摩訶不思議なクロスオーバー企画・アマルガム・コミックスでは、
全読者の想像通り マーベルのキャプテンマーベルとDCのキャプテンマーベル合体して キャプテンマーベル となった。

MUGENにおけるキャプテンマーベル

Acey氏によるものが公開されている。
『MvC』のスタイルで制作されており、多彩な技と動きを見せる。
キャラとしては、サイクロップスのようにビームを連射して戦うようになっている
さらに、一部のビーム技は軌道の途中でコマンドを追加入力することで方向転換することも出来る。

出場大会




添付ファイル