ディードリット


グループSNE製作のTRPG『ソードワールド』の舞台であるフォーセリアの一地方を舞台とするメディアミックス作品『ロードス島戦記』のヒロイン。
(ただしロードス島の方が登場が先なうえ知名度も上なので、一般的には「ロードス島がある世界がフォーセリア」という認識の方が強い。
 なおロードス島という名前はギリシャに実在するが何の関係もない)
CVはOVA版及びゲーム版が冬馬由美。カセットブック版がひろ
TVシリーズ『~英雄騎士伝』が新山志保→野田順子。
そしてオリジナルとなるセッションでの中の人(プレイヤー)は作家の山本弘(心はいつも15歳)氏。
本シリーズこそが日本におけるTRPGの知名度上昇に最も貢献したと言っても過言でない。
(そもそも本シリーズは、CRPGブームに乗じて元祖であるTRPGの知名度を上げようとして作られた作品であり、掲載誌もパソコン誌である)

下に書かれた設定の殆どは水野良氏が小説化した時に後付けされた設定であり、
初登場時である『誌上リプレイ』では(中の人の所為もあり)、ゲームマスター(水野氏)の性格を読んで話を有利に進めようとするゲーマーそのものの性格であり、
紅一点ではあったがヒロインではないし、パーン(小説での主人公)は単なる仲間に過ぎずロマンスも無いし、ハイエルフなんて設定も無い。

永遠の160歳

帰らずの森出身のハイエルフの女性。精霊を召喚して使役する魔法使いであり、同時にそこそこの剣の技量も備える魔法剣士。
主人公パーンと長く行動をともにする、小説本編におけるメインヒロインである。
外見は金髪のロングヘアの美人で、とアーモンド型の釣りあがった瞳が印象的。
剣士として鍛えているためか、エルフにしては力が強く、長身でスリムな体型。
ただし極度の貧乳で、クロスオーバー作品『魔法戦士リウイ ファーラムの剣 ~呪縛の島の魔法戦士~』において
同シリーズのキャラクターと共演した時には、作中で「胸がない」ことを幾度も指摘されているミレルと比べても小さいことが明記されている。
本人も(種族的に仕方のない面があるとはいえ)このことを気にしており、この点では人間の女性に羨望がある。
OVA版最終回のポロリシーンではそこそこ有るように見えるが。てか、上に貼られた絵でも並み以上有るよね?
まぁ当時のオタク業界は、この程度では貧乳と言われるほど巨乳が溢れかえっていたからしょうがない
(当時のトレンドは「童顔で巨乳」。ただし顔以外は全て大人体型なためとは別物)

ちなみに昔の作品のエルフは痩身が基本だったが、ソードワールドVer2.0のフォーセリア世界では、
そんなの関係ねぇと言わんばかりの戦闘力を誇るエルフも増えてきている
ついには世界最初のTRPG『ダンジョンズ&ドラゴンズ』にまで新世紀スタンダードエルフなんてのが出てきて……。
+ 『若獅子の戦賦』に登場

一方、OVA版以降にディードリットのライバル扱いされた
(小説版ではライバルと言えるほどの接点がない*1。そもそもリプレイ版だと登場していない)
ダークエルフのピロテースは差別化の為か巨乳である
悪の女幹部はお色気担当ですものね。これまた現代では特撮を除いて時代が変わってしまったが。
実際にはTRPGリプレイの『ロードス島伝説』にも巨乳のエルフが出ているが、割と知られていない。
まぁ『伝説』は『戦記』のヒットを受けて作られた外伝作品(本編の数十年前の話)なうえアニメ化もされていないので。
(戦記リプレイ版1986年、戦記小説版1988年、戦記OVA版1991年、伝説1994年、戦記TV版1998年)

小説・リプレイにおける出渕裕氏の挿絵によるディードリットのイラストは、
その後の日本のファンタジー作品におけるエルフのヴィジュアルイメージ、
すなわち「尖った」(SNE曰く「バルカン人(アメリカのSFドラマ『スタートレック』に登場する異星人)の耳」)ではなく
「長い」(SNE曰く「ロバの耳」)と言ったほうが良い耳を決定づけるものとなった。
上記の新世紀スタンダードエルフも耳の形的にディードリットの末裔である。
更にロードス島戦記がOVA化されて海外に輸出された際、元祖たる『指輪物語』が未だ映像化されていなかった事もあり、
(長年「壮大過ぎて映像化不可能」と言われていて、初映像化(実写特撮)は2001年。アニメなら可能だったたろうに
海外のオタクたちにまで「エルフ耳はロバの耳」を強く印象つけるという結果を産み出した。
今日のエルフの耳が長いのは、このディードリットによるものと言っても過言では無い。

そんな彼女を生み出した水野氏が後に「ソード・ワールドRPG」のリプレイで演じたのが
既存のエルフ像を尽く破壊した「白いダークエルフ」スイフリーというのも面白い話ではある。
(白いダークエルフ=心の綺麗なダークエルフ…ではなく肌は白いが心は黒い(手段を選ばない)と言う意味。
 尤もディードリッドもリプレイ版だと似たようなものだが…要はゲーマー気質を更に尖らせたキャラであり、
 スイフリーの使った「抜け道」を塞ぐ為にルールの大改訂が行われる事に。10倍スリープなんて筆者もルールを見た瞬間に思いついたけど

(フリー百科事典Wikipediaより抜粋・改変)


2014年には短編アニメ『召しませロードス島戦記』の最終回にパーン共々ゲスト出演している。

また、コンプティーク30週年記念ドラマCDでと共演している。
双方ともCVは旧OVA版の草尾毅氏&冬馬由美氏。



MUGENにおけるディードリット


ナインボール=セラフVAVAでおなじみの、石上歩氏の手描きのものが存在。
現時点での最新verは0.9。DosMugen0414用とあるがWin版でも問題なく動作する。
ボイスは一つだけ搭載されている(OVAより)。

原作で何人もの屈強な男達を刺殺してきたレイピアと、ソードワールド界のエルフが得意とする精霊魔法を操り戦う。
無敵技は持たないが、ワープ技である精霊魔法「ブリンク」の半ばチート性能に加え、高速の前後空中ダッシュやアドバンシングガードまでも揃えており、
比較的古参キャラながら近年のコンボキャラにも十分対抗できる力を秘める。
時間差追尾する飛び道具の「シルフ召喚」、画面半分まで届く「疾風突き」、ものすごい勢いで目押しが繋がる空中小足は立ち回りの要。
超必殺の「盟友”イルク”召喚」は某風の魔装機そっくりの精霊を呼び出し竜巻を発生させる技だニャン
Readmeにも記載があるが、本キャラは「イルクを召喚できる=原作小説2巻「炎の魔神」終了時のディード」ということになる。

標準のAIはないが、コルクボード氏から簡易的なAIが公開されている
最近の更新で DOS版とWIN版の仕様の違い が修正され、コンボが繋がりやすくなった

前述した高性能ワープ技「ブリンク」を、ガードの代わりと言わんばかりに使用し
画面中をヒュンヒュン跳び回りつつ、 ワープ後の隙を突かれて投げ飛ばされたりしながら
レイピアのリーチで一方的に攻撃可能な、やや近~中距離を保ち戦う。

メインで使う技は、連続で突きを繰り出す「烈風突き」
全段クリーンヒットすれば結構なダメージで、ガードされても削りが強く
加えて多段攻撃ゆえのノックバック効果で反撃を受けづらいと、これまたかなりの高性能。
屈ガードやブロッキングされると十分に押し出せず、反撃を受ける事があるものの
比較的気軽に振っていける部類の技なので、頻繁に使用してくる。

超必殺の「盟友”イルク”召喚」は、あまりコンボの締めに使うことはせず
発生保障を盾に相打ち狙いで出したり、対空技として使ったりと、単発で振る事が多い

+ というのも

簡易AIであることと、ディードの攻撃自体が打点の高い事もあって、ちびキャラは苦手のようだ
あと相手との距離が『烈風突きが届かない程度には遠い』『飛び道具を使うには近い』スポットに入ると
延々「疾風突き」を繰り出すワンパな固めに入ることもあるが、その辺はご愛嬌ということで……

+ 大会ネタバレ

出場大会


*1
基本的にピロテースはマーモ帝国親衛隊長の暗黒騎士アシュラムのオマケ扱いであり、
そのアシュラムの目はマーモ皇帝を倒したフレイム王に向いており、自由騎士(悪く言えば浪人)のパーン(+ディードリッド)に興味は無い。
パーンの方も特にアシュラムをライバル視する事も追う事もない、と言うか直接戦った事は一回も無い。
あくまでも主要人物でただ二人だけのエルフの美女と言う事で(主にイラストの)ネタにされただけである。

実はロードス島戦記シリーズでパーン一行が討ち取った大ボスは灰色の魔術師カーラしか存在しない。
そのカーラも直ぐに復活したが。
伝説のレッドドラゴンを打ち取った一行にパーンも居たが、「も居た」と言う様に「パーン一行」とは言いづらい。
(フレイム国王一行(パーン含む)+ヴァリス国王一行+マーモ皇帝一行と言った方が正しい。
 なおなんでこんなことになったかと言うと、山の麓で軍隊で討伐しようとしたら凄まじい被害を出しての返り討ちにあったので
 超英雄(国王たちは全員パーンより強い。ついでにアシュラムもパーンより強い)による巣への突撃が敢行されたため。
 ただしマーモ皇帝一行だけは巣にある秘宝を狙っていたら偶々かち合っただけだが)