ラファエロ

アメコミの名作『ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ』の登場人物。
対戦格闘ゲーム『T.M.N.T.ミュータントウォーリアーズ』にも出演している。
タートルズのメインメンバー4人?のうちの一人であり、ハチマキの色は赤。

名前の由来は、他の3人と同様にルネサンス期の画家、
ラファエロ・サンティ。「聖母子」「ケルビム」「小椅子の聖母」などで有名である。

得意な武器は「釵(サイ)」。三つ又の十手のような武器である。
サイを投げたりはせず、あくまで接近戦しかやらないが
アニメ版では秘密兵器のスイッチを押そうとしたシュレッダーを止めたり
銃撃してくる敵に対抗して投げる(が撃ち落とされる)等、いざという時の切り札として投げることが多い。
レオナルド「刺さったらどうするんだ!?」
アメコミでは他にエレクトラなども使用している。


1987年度版のテレ東放送版(岩浪版)では柴本浩行氏が、BS2版では亀山助清氏が、ビデオ版では塩沢兼人氏がそれぞれ声を当てた。
また、2007年にテレビ東京で放送されたバージョンでは宮下栄治氏が声を当て、ニコロデオン版では伊藤健太郎氏が声を当てた。

性格は、やたらと自信家で短気。
自分こそ最強と思っている節があり、単独行動もしょっちゅうである。
好きな食べ物が激辛トウガラシピザなので、刺激に餓えているのだろうか。

前述の『T.M.N.T.ミュータントウォーリアーズ』でも『T.M.N.T. トーナメントファイターズ』でもサイコクラッシャーっぽい技を使う。

MUGENでは

  • Dcat Power氏製作
新MUGEN専用キャラ。
スプライトはメガドライブ用ソフト『T.M.N.T.リターン オブ ザ シュレッダー』の物が使われている。
原作はベルトアクションゲームだがマブカプ風のコンボゲー仕様にアレンジされており、
ハイジャンプや前後転回避、アドバンシングガードなどが使える。
使用武器も原作同様サイであり、連続突きや投擲などが必殺技として使える。
また、コンボパターンもなにげに豊富で、使い勝手も良い。
Veanko氏によるAIがデフォルトで搭載されている他、ちゃんこ氏の外部AIが公開されている。

  • ですからー氏製作
SFCソフト『T.M.N.T.ミュータントウォーリアーズ』仕様。
1フォルダにタートルズ4人分がまとめられており、defを使い分けることによって全員を同時に使用できるお得仕様。
原作仕様が再現されており、パワーゲージが一定時間ごとに少しずつ減少していくため非常にゲージが溜まりにくい。
超必殺技の「アトミックエナジー」は垂直ジャンプして大量の火の玉を発射する技。ダメージは600弱。
発生直後から火の玉を撃ち終わる辺りまで無敵が持続する為、適当な距離で相手の飛び道具に対するカウンターで放つのに向いている。
ヒットした場合は一発でダウンするが、削りなら複数発当たるため 当て方次第では削りの方がダメージが高くなる
その性質上、スーパーアーマーを持った相手に対しては無類の強さを誇る。
AIも標準搭載されている。

出場大会




添付ファイル