梅喧





「逃がしゃしねぇよっ、斬!」

格闘スタイル: 我流剣術+暗器
出身地: 壊滅前の日本→コロニー(Xrd REV2)
生年月日: 3月5日(仮)
身長: 162cm
体重: 45kg
血液型: B型
趣味: 酒
大切なもの: 徳利→無くした(Xrd REV2)
嫌いなもの: の置物
所属: なし
アイタイプ: 桃色

GUILTY GEAR』シリーズに登場するキャラクター。初代で隠しキャラとして登場。*1
読みは「ばいけん」。間違われやすいが梅ではなく、梅である。
仁義とか任侠の世界に生きてそうな風貌で、言葉遣いは男っぽい。というか、まんま男。
しかし他のキャラとのやり取りを見ると、戦闘力はGGキャラの中ではトップレベルのようだ。
ちなみに、一人称は「俺」(ストーリー物を作る際には、注意しておいたほうがいいかも)。
そして公式で、てな
石渡太輔ディレクターが語るには、最初は男の侍キャラを出そうとしたそうだが、
それではアイデンティティーが確立しづらかった為、現在の彼女のキャラクターが生まれたという。

CVは初代にではこおろぎさとみ氏が担当。メイと同じだが、ちゃんとクールな大人の女性の声を演じており、かっこいい。
それ以降から『SLASH』までは須藤みほ氏、『AC』では米本千珠氏が担当した。
『Xrd』シリーズの3作目『REV2』では浅野まゆみが担当している。

キャラクター設定

既にGG世界では絶滅危惧種として保護対象である日本人の侍。
幼い頃ギアによって家族や友達を殺され、自身も左目と右腕を奪われてしまう。
その時、ギアと共にいた「あの男」を見て復讐を決意。
女であることを捨て、あの男を殺す為、流浪の旅をしながら捜し続けている。
同郷のよしみか、同じジャパニーズである闇慈からは「姐(あね)さん」と呼ばれて慕われており、彼がよくストーリーに絡んでくる事が多い。

『XX』のストーリーモードでは遂にあの男を探し当てることに成功し、戦いを挑むものの、
その圧倒的な力の前にほとんど何もできずに立ち去られてしまう
(ちなみにあの男は彼女と及び彼女のような境遇の存在を作った事実に対して、謝っているような節がある)。
そのため、『XXAC+』ではこのまま復讐を続けるべきか、迷いが生じている。
しかし闇慈と戦った結果、梅喧に大きな転機が訪れる事となる。

性格は、まさに「姐さん」と言わんばかりの豪快な姉御肌で非常にサバサバした性格だが、かなり大雑把であまり人の話を聞かない面もある。
ギアに愛する者たちと故郷を奪われた彼女であるが、彼女の目的や行動原理はあくまであの男に復讐を果たす事のみであり、
あの男が創造したギアたちに対しても同じように特別に憎んでいるわけではない。
その為、ギアであるソルディズィーテスタメント達などに対して憎しみの目を向けたことはなく、
大雑把な性格も関係しているが、きわめて冷静で大局的な物の見方をしている人物である。

「畳返し」のように、何もない空間から物体を呼び出せるのは、彼女も法力を扱えているからである。その特殊な召喚術は、本能で会得した様である。
失った右腕の代わりに旅の途中で手に入れた暗器型の義手を装着している。
また、振袖の中にはどう考えてもありえない物量の暗器を仕込んでいる。どこの猫型ロボットだ。
闇医者の様に法力を用いて暗器を召喚しているのかもしれない。
宍戸梅軒が元ネタと思しき名前をしているが、名前の割に鎖鎌は使わない。
これは名前の元ネタとして拝借しただけであり、
キャラクター原案的には「無限の住人」の素浪人や「どろろ」が元ネタだからである。
メインキャラクターのアクセル=ロウに遠慮して鎖鎌を使わないわけではない。
他にも殺陣風や必殺仕事人風の演出など、時代劇や漫画的な江戸時代等をイメージした技が多い。

+ 参考動画

原作での性能

数値的な性能では、防御係数がかなり低くチップミリアに次いで打たれ弱いが、根性値は高い。
固有技としてガードキャンセル必殺技を多く揃え、守りを強調したキャラ設計がなされている。
判定・リーチに優れた屈S、蚊鉤をメインにしたじっくりとした地上牽制、JS、畳替しで牽制しながらの様子見など、のらりくらりとした戦いもできる。
また、空中ダッシュの最低高度が低く、スピードも速いため、空中ダッシュからのJS、JHS、畳替しでの奇襲も得意とする。
投げ無敵の6Kに投げを仕込んだ2択、空中ダッシュと着地下段の中下段2択、
人間では絶対に反応できない速度の低空妖斬扇(最速9F)を使った2択など、崩し性能もそれなり。

◆ 初代
一定条件をクリアすると出現する隠しボス扱いだった。
るろうに剣心ライクな外見で、髪は茶色。ゼクスが出るまで男だと思っていた人も結構いた。 でもよく見ると今より揺れてる。
多段の2Cチャージキャンセルで簡単永久、地上でも出せ、永遠に上昇できる妖斬扇でコンボダメージはガチ。
現在の蚊鉤に似た鎌鼬と言う技もあり、何故か中段

◆ X
ガーキャンメインのディフェンスキャラへとリニューアルされた。
足払いへ繋がるガトリングが少ないためFCD、FDCの恩恵は少なく、逆に他キャラのFDCでガーキャンが使い辛くなってしまう。
対空ガーキャンの斬凶絡だけは発生10F(仕込めばJPにすら確定)で、ダウン確定、場合によってはコンボ、ゲージ増加大のため活躍。
このため対空環境は鉄壁と言っていいレベルで、真上付近からめくれる攻撃のないキャラに地上戦を余儀なくさせる事ができた。
これ以外にも糞判定の足払い、信頼と実績の上半身無敵6P、擬似昇竜の低空妖斬、空対空のJSと充実。まさに「当方に迎撃の用意あり」。
他のガーキャンも使い辛いとは言え、存在するだけで安易な固めは通用せず、防御力はかなり高いキャラとなっている。
しかし火力面はかなり劣っており、ダウン復帰できない妖斬扇と下段の起き攻めループで気絶させるしか勝ちパターンがなかった。
結果的に一発技が刺されば死ぬこのゲームでは中堅下位、ザトーのタケノコハメなど厳しい要素もあり末期はかなり低い評価となった。
余談だが当時の足払いは対空になるほど判定が強く、現在と発生持続はそのままに全体24F。純粋な硬直がたった9Fと言う凄い性能だった。
足払いを連打するだけでキャラによっては技を差し込めない、近づけない、となかなかひどいバリア効果を発揮していた。

◆ XX
斬凶路が妖刺陣と入れ替えになり、新技として蚊鉤>鉄斬扇が追加、妖斬扇もモーションがリニューアルされた。
初のFRCは畳替しで、現在よりも早いフレームにFRCがかかるため、有利フレームが大きかった。
入れ込みでダッシュ攻撃>畳FRCとしているだけで固めになり、直ガされたとしても通常技で割る事は難しい。
更に欠点だった火力も、緩いダメージ補正とJD(FRCあり)の追加で大幅に強化。ゲージを使えば投げからでも3、4割減る。
しかもメインウェポンの足払いは硬直こそ伸びたものの無補正で、適当足払いから25%で6割などやりすぎ感が漂う。
ソル・カイのみだった屈み食らい時の有利F増加が全キャラ対象になり、S系の技から畳がコンボになるようになった事も拍車をかける。
新技の妖刺陣も発生補正ともに最高性能の時代で、FDC消滅により裂羅も本来の強さを取り戻しており、守りも秀逸。
妖斬扇も無敵がほぼなくなったが、補正がなくダウン復帰不能で、起き攻めの中下段ループも健在。
打たれ弱さからランクは中堅上位に落ち着いたが、厨房度と火力は歴代随一と言ってよい。
余談だが、青リロ稼動後に有名になったかず式と言うコンボ(発見自体は無印)で、足払いから50%で7割くらい減る。

◆ #R(赤リロ)
稼動期間が短かったため、多くを語る事はできない。
特に目立ったバグはなかったが、裂羅が全F被CH判定だったりとさりげなくひどい調整はされていた。
恐らく稼動し続けていたならば、永久限カイのあるロボカイには8:2クラスの不利がついていたと思われる。

◆ #R(青リロ)
足払い、妖刺陣に補正が付き、JDのガードゲージ減少量増加、畳FRCのタイミング変更などによって火力が大幅低下。
足払いは判定と硬直、妖刺陣は発生と硬直にも弱体化が施され、低空ダッシュも距離が短くなるなどしている。
一方で裂羅はリーチが伸びた上にFRCに対応、25%消費でほぼ確実に攻守を入れ替える事ができる強力な選択肢となった。
また、妖斬扇がダウン復帰可能になった代わりに6Kに投げ無敵が追加され、中下段から打撃と投げの2択へとシフト。
暴れだけでも妖刺陣・裂羅・足払い・6Kの使い分けが生まれ、補正により2Sのヒット確認が重視されるなどやり甲斐はアップ。
しかし火力低下により打たれ弱さが一層際立つ事となり、ランク的にはかなり低い位置へと追いやられた。
火力を補うためにコンボ開発が盛んで、ダメージ重視、ダウン重視など選択肢が生まれ、難度もそれなりに高めだった。

◆ ISUKA
妖斬扇の硬直が伸び、誰もが一度は考えただろう「妖斬でずっと浮いてればよくね?」は不可能。
代わりに硬直部分に青キャンがついた。誰もが思っただろう。「要らねーよ」「どないせぇ」と。
ゲーム上強い覚醒技も三途でテロに走る事はできず、ガーキャンで逃げて蚊鉤で嫌がらせくらいしかする事がない。
ぶっちゃけイスカのシステムと相性が悪いので空気化していた。

◆ SLASH
空中食らいやジャンプ中の食らい判定縮小、近S発生が速くなり直ガ割り込みされなくなるなどかゆい所への調整。
それに加えて6HSがJCに対応し、鉄斬扇にFRCが追加されるなど、火力面も大幅に改善された。
2HSの性能が引き寄せて有利に変更。攻めの継続力まで補強されるなど穴のないキャラになる。
マイルド調整傾向の中にあって大幅なアッパー調整を受け、ランク的には上位へと返り咲いた。

◆ AC
高速で飛び上がり相手の裏から斬りつける新しいガーキャン技「邑煉」が追加。設置技や飛び道具への抑止力が大幅に向上する。
また、JDのヒット効果が変更され、空中コンボから簡単にダウンを奪えるようになり、ターン継続力が大幅アップ。
詐欺跳びや空中ダッシュと着地下段の2択へと崩しはシフトし、純粋火力は若干下がったが結果として殺しきる力はついた。
JHS空中ヒットから畳が繋がるようになり、蚊鉤空中ヒットから鉄斬扇が繋がりやすく、妖斬扇FRC追加など別方面の火力は強化されている。
畳の吹き飛びが変更されたり、裂羅がよろけ誘発に変更されるなど他にも細かい変更点が多い。
アクシデントコアと揶揄される作品の中、かなりの安定感があるキャラでランク的にも上位。
一時期は三強の一角を成すほどだったが、火力が伸び悩み上位ではあるが最強には至らなかった。



+ 参考動画


MUGENにおける梅喧

MUGENでは無敵医師氏作のスラッシュ仕様のものに恒例の㍻㌢氏のAIがついたものが有名。
「畳返し」をメインに使用してくるため、『畳の錬金術師』とも呼ばれている。タタミに終わりは無い。
その名の通り、ちゃんとキレ畳(空ダッシュあとに畳返しを出して隙のない様に着地するテクニック、キレよく見えるからキレ畳)も使用する。
ガードキャンセルの精度が人操作でも攻略困難なほど高い。
画面端でのループコンボをきっちり決めるので火力は高めで
2択&低空妖斬扇をRCしてコンボもしてくるので人操作で倒そうとすると結構キツイ。

アクセントコアモードも付いており、こちらはナテルオ氏のみがAIを作成している。
節約したゲージで突如放たれるFB縛や変則PDループを多用したりなど強力なAIになっている。
3/8にはスラッシュモードにもAIが付いた。原作さながらの変則Dループでこちらも火力は高い。

この梅喧のボイスはスラッシュ時のものだが、初代の梅喧cvこおろぎさとみのボイスパッチも公開されている。普段と違う彼女を見たい人は是非。
ちなみにもうひとつ公開されているが…ありえん(笑)

その他には、高崎 舟氏によるGGXX#R仕様の梅喧が存在する。
通常モードからEXモードまできっちり原作再現で作られており、
加えてオリジナル技を多数搭載したオリジナルモードや、ゴールドカラーとはまた違った強化のされたSPモード、
さらにはオリジナルドット絵によるブリス対応など素晴らしい作り込み方がされている。

+ ところで新たにエロカワイイ梅喧が製作されましたよ?


出場大会

+ ...

出演ストーリー

+ ...

プレイヤー操作

ゆっくり畳を返す修行
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7419766

+ 大会ネタバレ

*1
初代GGでは、ソルカイでノーコンティニュークリアするとスタッフロール後に突然乱入してくるという、
餓狼SPECIALのリョウ・サカザキに近い扱いだった。
が、誰もが知っているリョウと違い完全な新キャラで勝ち台詞もストーリーも無く、その上性能も微妙と、これでは感情移入のしようもない。
実に踏んだり蹴ったりのデビューであった。


おすすめコンボ(無敵医師氏作 梅喧 アクセントコアモード)

  • どこでも
コマンド 備考
(ガト>)2DorHS>畳>HJ>JP>JS>JD 畳から基本エリアル。レイ,シン,サウザーは畳にFRCを使わないと入らない。確実に入れたい時はFRCしておけばOK。黄昏キャラの殆どは通常ジャンプ+最速JPでノーゲージで追撃可能。カウンターやしゃがみ状態ならS系の技から入る。
(HS(CH)>)蚊鉤>鉄斬扇(>2D)>HJ>エリアル 開幕などにどうぞ。HSからJPSDまで入れば青キャン分までゲージが入る。確実に入れたければ鉄斬扇でFRCする。
(2K>)S>JD JDは最速で。殆どは立ち食らい限定で小町辺りの背までなら問題なく入る。背が高いキャラには入りやすい。
(JS>JP>)JK>(着地)>6HSor2D>エリアル MUGENではJK後は地上攻撃で拾いを挟まないと追撃しにくい
D>JS×4>JD>空ダ>JS>JD 中央ダストコン。1回目のJDまで↑押しっぱなし。JS×4の部分はJS→JHS→JSのほうが入力の猶予が若干短くなる物のダメージが大きい。
~JDFRC>空ダ畳>(着地)>端コン 畳運び。中央から画面端に持って行くコンボ。中央のJD〆のコンボなら何でもいける。

  • 画面端
ガト>2DorHS>畳>JP>JS>JD>空中ダッシュJS(>JP>JS)>JD 端基本エリアル。浮きの低いキャラは1回目のJSをJKとすると安定しやすい。空中ダッシュは目押しではあるが簡単。
~JDFRC>空中畳>(着地)>HJSD>空ダJSD 空中畳は「JD中に236→K含むボタンでFRC→K放す」なら最速で出来る。ショートカットのRCを使用するなら通常入力で問題無し。上のコンボの延長としても可能だが、状況が限定される上に無補正技から出さない限りはダメージ増加量も微妙。
ガト>2DorHS>畳>JP>JS>JD>変則PD>遠S>JD 空中ダッシュ後即(P)Dと入力するとJDの落下の軌道が変化するのでこれを利用する。因みにAIはここからダッシュ2D→変則PDでのループコンボを使う
低空妖斬扇RC>空畳>(着地)>JS>JP>JS>JD>空ダ>JS>JD 妖斬扇RC始動。落ち着いて入力しよう。高速中段ロマキャンから4割おいしいです。
ガト>2DorHS>畳FRC>変D>(着地)>ダッシュ6HS>JS>JP>JS>JD>空ダJS>JD 25%消費。2D始動でダメージ375。
ガト>2DorHS>畳FRC>JD>変PD>(着地)>ダッシュ2D>JS>JD 変Dミスった時のリカバリー例。拾いは2K>遠Sのほうが若干楽かも。近Sが出たらエリアルを「JS>JD>空ダJS>JD」とすればダメージアップ。
D>JS×4>JD>空中ダッシュJSD>JD 画面端ダストコン。最初のJDまで↑押しっぱなし。3回目のJDは最速で。
投げ>2K>近S(>遠S)>JS>JD>空ダJS>JD 投げ始動。おそらく全キャラ対応。キャラ限だが6HSからも拾う事も出来る。
投げ>最速畳>HJ>エリアル 畳は236+K放し入力だと気持ちやり易くなる。
空中投げ>(着地)>P>近S>エリアル 押した方向とは逆に投げる。Pではなく2Kからなら少々拾いが遅れても大丈夫。
  • ガードキャンセル始動
妖刺陣(CH)>6HS(>2D)>エリアル 妖刺陣CH。2D単発や遠S、距離によっては直接JSDで拾うなどもOK
回り込み(FRC)>投げ 青ありは本気で見えない。青無しで可能なときもあるのでそこはそのときの判断で
裂羅FRC>ダッシュD>ダストコン 青キャン出来たらダスト確定。生当てよりダメージはあるので狙っていこう。
邑煉(CH)>6HSor遠S>エリアル 距離が離れる時が多く、遠SやJSD直拾いのほうが安定しやすいといえばしやすい
縛(空中CH)>6HS>エリアル 基底補正が無いので単純ながらもダメージは大きめ。ゲージがあるならこっちで
縛(地上CH)>HS>畳>HJ>エリアル 距離が遠ければ青キャンして追撃。CH確認は難しいがHSの猶予が長いので簡単。HSの前に近Sを入れると連打押しで鶴が暴発する場合があるので注意
縛>鶴>追加D>(相手ダウン)>金バースト>何かコンボ 1ゲージ使用の後に相手の起き上がりに金バーストでゲージMAXに。金バーストを当ててもガー不は残るので強制基底がキツイがコンボに行ける。蚊鉤始動ならリバサも恐くない。移動起き上がり持ちに重ねるときはタイミング注意。
縛>月>追加P>2D>畳>(ダッシュ遠Sor6HS>畳)×n>端エリアル 1ゲージ。追加P→2Dは目押しではあるが連打で間に合う。自分が画面端を背負った状態から相手を画面端に追い詰めれることが出来る。でもネタコン。
縛>桜>追加D>P>近S>エリアル 1ゲージ。縛地上通常ヒットの場合はこのように余分に25%使えばこっちのターンへ持っていける。対AI戦だと桜の「ダッシュ不可、ジャンプ後行動不可」の効果が出ない場合があるので注意。

SLASHモード

  • どこでも
コマンド 備考
ガト>2DorHS>畳(>JP)>JS>JD 省略はしてあるが、畳でFRCが必要な時のほうが多い。ACと違ってダウンは取り辛い
~JS>JP>JK>JC>JS>JP>JK>妖斬扇 エリアルもう一つ。妖斬扇後は目押しで空中畳をだして攻めの継続をしておく。
(HSCH>)蚊鉤>鉄斬扇FRC>6HS>エリアル SLASHの鉄斬扇は1段目が受身不能なので6HSで拾える。
妖斬扇RC>空中畳>エリアル 畳の吹き飛び効果がACとは違うので中央でも可能。端に関しては同じ
裂羅FRC>6HS>エリアル ガードキャンセル始動。裂羅がダウン効果なのでFRC後に通常技で拾う。妖刺と回り込みに関してはACと同じ。
D>JS*4>JP>JS>JP>JK>JC>JS>JP>JK>妖斬扇 SLASHでのダストコンボ。原作よりJSが1回多く入る。
  • 画面端
~>HJ>JS>JD>空中ダッシュJS>JD>着地6HS>HJ>JS>JD>空中ダッシュJS>JD 基本端エリアル。JDの硬直がACより長く、空中ダッシュの目押しが難しい。高度も必要なので必ずHJでやる。着地拾いは間に合わないなら2DやSなど拾う。
投げ>2D>エリアル 6HS拾いは原作でもキャラ限定(実際AIは6HSで拾っているが、その後落として追撃出来ていない事が多い)。MUGENでは此方の方が対応しやすい。2KやSなどから拾う事も出来るが、エリアルの目押し空中ダッシュ中に受身を取られるので推奨しない。投げ始動だがダメージは3割ちょっと奪える。

+ 余談

「外国って…怖いぜ…」