あやね

「霧幻天神流覇神門、それほど甘くないわ。」
性別:女
国籍:日本
流派:霧幻天神流覇神門
年齢:16歳
身長:165cm→157cm(『2』~)
体重:52kg→47kg(『2』~)
スリーサイズ:B93 W54 H86→B93 W54 H84(『2』~)
血液型:AB型
誕生日:8月5日
職業:くノ一
好物:マロングラッセ
趣味:エステ
声優:山崎和佳奈

漢字で書くと『綾音』。

3D格闘ゲーム『デッドオアアライブ』に登場するキャラクター。初登場は第1作のプレイステーション移植版*1
……なのだが、じつはセガサターン版のトレーニングモードでも正体を隠して登場(?)しているらしい。詳細は後述。
かすみの異父妹なのだが、色々と事情があって生まれながらに日陰の身。
抜け忍となったかすみを討つための刺客として送り込まれた追い忍
姉と同様にくノ一なのだが、やはりというか何というか、忍ぶ気は一切無し。
忍ばない者と書いてくノ一と読むのはもはや常識か。もはやくノ一というよりKUNOICHIと言ったほうが自然な気がする。

普段は相手を小馬鹿にしたりと、何処か飄々としているような態度だが、姉だけに対して常に真面目なツンツンの態度を取る。
基本的にはデレないが、『4』のエレナエンディングで燃え盛るビルの中へエレナを助けに行こうとしたかすみを制止していた。
他、3DS版『ディメンションズ』のストーリーにおいて登場人物の一人エリオットに喝を入れていたりもしている。
その絡みがあったからか『5』のストーリーでも絡みがあり、
『5Ultimate』ではタッグを組むと試合開始時・勝利時に専用のイントロが存在。タッグ投げはないけどな!
簡単に言うなら「義理の兄のハヤテにはデレデレ、かすみにはツンツン。でも実はツンデレ属性持ち」といったところか。

妹キャラで16歳という年齢設定にもかかわらず、姉に輪を掛けてとんでもない戦闘力の持ち主。
カップサイズだとIカップというとんでもないことになっている。最年少なのに。どんな16歳だ。
・・・まぁ、このゲームに今更突っ込むだけ無駄ではあるが。
なお、他の女性キャラ全般と同様、どういう訳か『1』→『2』で身長と体重が大きく変動している。
ちなみに男性キャラは一切変動無し。つくづく男はどうでもいいんだなこのゲーム。

ちなみに普段は女子高生をしている。
こんな同級生がいるとさぞ男子高生は悶々とした日々を送っていそうである・・・哀れ。

余談だが彼女には 「トレ子」 という別の顔がある。
初登場はセガサターン版DOAでトレーニング相手で、ライダースーツにヘルメットという出で立ちで登場。
当初は正体不明で、唯一、ほかの女性キャラの例に漏れず別の生き物のように揺れる胸の存在からか、女性キャラであるということしかわからなかった。
後に、プレイヤーキャラとして初登場したPS版にて、
彼女の隠しコスチュームにそれと同じものが存在したことから、その正体があやねであることが明らかになった。
……が、スタッフへのインタビューでそのことを質問されたとき「あれはトレ子ちゃんです」と返答が帰ってきたため、
たまにあやねの事をトレ子と言う人もいるようだ。もう半ば公式みたいなものだが。
そして『5Ultimate』ではかすみ共々トレ子ちゃんのコスチュームが用意された。
スカートと違ってパンツは見えないがヒップラインくっきりでこれまたエロい。
ついでにハヤテやリュウにも用意された。


原作での性能

初登場時こそかすみをベースにところどころ手を加えたコンパチキャラといった性能だったが、シリーズが進むごとに差別化。
スタンダードなスピードキャラといった性能の姉と違い、やたらと相手に背を向ける。
その背向けっぷりはハンパではなく、なんとレバーニュートラルでパンチやキックを押すだけでも背を向ける
(他のキャラにおける「ジャブでの牽制」といった動きにリスクがつきまとう)。
そして、背を向けた状態から多彩な技を繰り出すことができるため、コンボ立ち回りには常にこの「背向け」が重要な鍵を握る。
無論、ガードは出来なくなるので使いどころをわきまえる必要があるが。
この他にも、忍者らしく相手を宙返りで飛び越えたり、股下をくぐって背後を取ったりと、とにかくトリッキーな動作が目白押し。
スタンダードな動きが少ない分、覚えるのに時間がかかるキャラクターだが、
コンボの火力などは優秀で、慣れさえすれば上記のような多彩な動きで相手を幻惑できる。


外部出演

『NINJA GAIDEN』シリーズではリュウ・ハヤブサの部下として14歳(『DOA』シリーズの2年前)のあやねが出演。
流石にこちらでは真面目に忍者をやっているようで、ハヤブサに対しても腰が低い。
一作目では操作キャラではなく、要所要所でアイテムを持ってきてくれるNPC。
『NINJA GAIDEN Σ2』では遂に使用キャラとして登場。とはいえ使えるステージは少ないが。
典型的な素早さを売りとしたキャラで、攻撃力は低くリーチも短いとなかなか扱いにくい。
リュウの戦いを見守ることで姉との和解のきっかけになったらしい……が、2年後の『DOA』シリーズではやっぱり仲は悪い。*2

さらに、なんと無双シリーズの一つ『無双OROCHI2』にリュウ・ハヤブサと共に『NINJA GAIDEN』からゲスト出演
(厳密には『DOA』シリーズからのゲストという扱いだが、コスチュームや使用する武器は『NINJA GAIDEN』仕様)を果たした。
因みに相変わらずでかい。*3
こちらではOROCHIの世界に飛ばされた際に妖魔と勘違いして源義経に襲い掛かり互角に渡り合うも、
義経が割とウブだった為「大きく開かれた胸元に狼狽した事で妖魔ではないと気づいて和解する」という忍んでない衣装が役に立った珍しい例となっている。
どうでもいいが、平安の人間である義経が レーザーブレードを武器にしている のに対して、
現代出身のあやねが実体の小太刀を武器にしてるのはなんというかシュールな光景である。

閃乱カグラシリーズにも『ESTIVAL VERSUS』にてDLCキャラクターとしてゲスト出演している。


「バッカみたい。」


MUGENにおけるあやね

かすみと同じくakkin氏による手描きキャラが存在する。
演出や操作面はKOF風となっているが、コンボの繋ぎなど3D格闘らしい部分もある。
全ての技がなんでも判定かつどこでも判定、そしてどこでもキャンセル可能。
背向け誘発技は全て喰らい判定が存在せず、なおかつ一度背中を向けると 常時無敵
無敵対空技も複数搭載しており、いつ攻め込まれてもノーリスクで切り返せる。
2ゲージ技の「あやねビーム(仮)」は初段が当たればタッグの二人を同時に巻き込める。演出が無茶苦茶長いためその間は相方はゲージ溜めに専念。
どうでもいいが演出はどう見ても手から水鉄砲出してるようにしか見えない。その割りに反動がデカそうだが
ヒット後に相手側の喰らい判定が残るため、追撃もし放題。
そしてやっぱり揺れる。あとパンモロ。ついでに動画では使えないタイプの脱衣KO
AIもデフォルトで搭載されている。同氏製作のかすみと戦わせるとかなりあやねが有利。ただしタッグを組ませると無茶苦茶相性が良い。
本体も2種類あり、その違いは動画での使用が禁止されている特殊やられモーションの有無。
なお、「そのままの転載はOKだが、改変したものを配布する場合は一報頂けるとありがたい」とのこと。

出場大会



*1
彼女をPS版『1』で使用可能にする条件は「彼女以外の全てのキャラで衣装を全て解禁する」と言うもの。
これだけ見ると簡単に聞こえるが、アーケードモード1回クリアごとに1種類しか追加されず、
コスチュームの総数も多いため、彼女の解禁まで長い長い道のりがかかった。

ちなみにコスチュームの数は男性は5種類、女性は14種類…最初から3つは解禁されているが、大変な時間がかかることが分かるだろう。

*2
その姉・かすみも後姿だけではあるが登場。そして後述の『Razor's Edge』で初の正式参戦となった。
ちなみに、このシリーズを制作したTeam NINJAの監督・板垣伴信氏は「『NINJA GAIDEN』は『2』で最後」と名言しており、
『2』の発売を最後にテクモを退社している(『Σ2』は同作のリメイク版である)。
さらにこの作品を巡っては報酬の未払いで訴訟にまで至っており、このシリーズ継続が危ぶまれていたが、
この訴訟は最終的に和解が成立し、無事『3』が発売されることとなった(XBOX360とPS3で発売)。
派生作品の『Razor's Edge』ではXBOX360・PS3に加え任天堂ハードであるWiiUでも発売。
特に『Razor's Edge』ではあやねのストーリーが追加コンテンツとして用意されている。

*3
ちなみにこの無双OROCHI2にはねね(秀吉の妻)という 声優が同じならまだしもなぜかくのいちというトンデモ設定で あやねと被ってる感が否めない。
もちろん彼女達の絡みはありまるで一人芝居を聞いているかのようになる。
一人の声優が複数キャラを担当するのは無双シリーズでは珍しくないことであるが。
ちなみに『5LR』のDLCとして戦国無双とコラボが行われ、彼女にはねねの衣装が割り当てられている。