シグマ






「エックス

 犠牲のない進化など…………無い!!」


『ロックマンX』シリーズに登場するラスボス(一部例外あり、X8はこいつ)。CVは麦人氏が担当した。
スキンヘッドに割れた顎、両目を横切る傷のような赤い模様が特徴。
名前はギリシャ文字の「Σ」より採られており、
ゲーム中ではシグマ勢力のロゴやトレードマークは「Σ」で表記される。


キャラクター設定

エックスを元にレプリロイドを生み出した天才科学者Dr.ケインの最高傑作。
元イレギュラーハンター第17精鋭部隊所属で、同部隊の隊長を務めていた。
エックス・ゼロVAVAなどは元部下にあたる。
その高い戦闘能力と優秀な頭脳、そして隊長としての資質を持つ事から多くのレプリロイドから慕われており、
生みの親であるDr.ケインとの仲も良好だった。

ある日、巷で恐れられていた赤いイレギュラーによってガルマの部隊が全滅させられたとの報告を受けたシグマは、
「これ以上部下に犠牲が出ては困る」と自ら討伐に向かった。
しかし赤いイレギュラーは予想以上に強く、シグマはかつてない程の深手を負わされてしまう。
アクシデントによりシグマは辛くも勝利するが、自らの強さに絶対の自信を持っていたシグマのプライドはズタズタにされてしまった。
また、このとき赤いイレギュラーに仕込まれていた「ロボット破壊プログラム」がシグマに感染してしまう。

数年後、突如イレギュラー化したシグマは「レプリロイドだけの理想国家を作る」と宣言し、
賛同してくれた元特A級ハンター達を率いて人類及びレプリロイド達に対して反乱を起こす。
この反乱はエックスの活躍によって失敗し、シグマ自身も処分される(X1)。
(リメイク作の『イレギュラーハンターX』では若干背景が変わっており、
悩み考える事が出来るレプリロイド=エックスと戦う事にレプリロイドの進化の可能性を感じて、自らの意志で反乱を起こしている)

X2』では自身が作り上げたイレギュラーの軍団を率いて復活、再び反乱を起こすもまたしてもエックスの活躍により失敗する。
しかし、以降のシリーズでも幾度となく復活しては事件の黒幕として暗躍している。

『X3』ではドップラー博士により、シグマの正体が悪性のプログラムウィルスであると判明。
(恐らくは前述の「ロボット破壊プログラム」がシグマに感染した後に変異したものであると推察される)
実体がないため倒せないかと思われたが、ドップラー博士が遺した「シグマウィルス用抗体ウィルス」により破壊された。

…が、やはり完全には消滅させきれなかったのか『X4』にて三たび復活。
レプリロイド軍隊「レプリフォース」の長官ジェネラルを唆し、レプリフォースとイレギュラーハンター組織を対立させる。
マグマード・ドラグーンにハンターチームを裏切らせて暴れさせたり、サイバー・クジャッカーを操ってネットワークに支障をきたす等、
双方に大打撃を与えることに成功する。

X5』では冒頭でエックスとゼロにわざと倒されることにより、実体化したシグマウィルスが地球上にばら撒かれてしまう。
更に巨大スペースコロニー「ユーラシア」を落下させたことで、地上に人間が住めなくなってしまった。
最終決戦では自身が「よきパートナー」から提供された最強のボディでエックスとゼロに挑むも倒され、ゼロを道連れにして消滅した。

…が『X6』ではゼロのDNAの構造がシグマウィルスと酷似していることが判明。
それを解析した天才科学者ゲイトの戯れにより、またしても復活。
シグマは瀕死のゲイトに止めを刺すが、自身も復活直後の瀕死状態であったため、エックスとゼロに呆気なく倒された。

しかし「お前がいる限り必ず復活してやる!」と言い残した通り『X7』でもやっぱり復活。
今度はレプリロイド自警団「レッドアラート」を唆し、自身のDNAデータを組み込ませてイレギュラーとして大暴れさせた。
あまりに何度も復活するため、ゼロからも「しつこい奴だ…どんだけ細かく切り刻んでもまたでてきやがる」と悪態をつかれるが、それに対して

「フンッ、何とでも言え。エックス、ゼロ、貴様らの命をワシのものにするまで


 何度でも、

  何度でも、

   な・ん・ど・で・も!!

    甦ってやる!!」

という迷言を放ちゼロとアクセル、そして一度はハンター引退を決意したエックスによって再度戦う事になる。
なお、何をどうやったのかは不明だが本作では第2形態がエックスの10倍以上のサイズに巨大化した。
(シグマの握り拳よりもエックスの方が小さいくらい。『X5』でも似たようなサイズだが上半身のみ、ついでに2Dから3Dに変わっているため更に大きく見える)
最後は今まで利用してきたアクセルのコピー能力に騙されてタワーから落下し、敗北した。

『X8』では量産化された新世代レプリロイド(アクセルと同じくDNAデータをコピーして変身する能力を持つ)に
予めシグマのDNAが組み込まれており、プロローグでは火の海の中から大量のシグマのコピーが現れ、
ゲーム後半では何と シグマの容姿や性能をコピーした量産型シグマがザコ敵として大量に出現
オリジナルのシグマも終盤のボスとして登場するが、ラスボスの座はシリーズで初めて他のキャラクターに明け渡している。
(厳密には外伝作品の『コマンドミッション』でもラスボスではないのだが)
とはいえ、ラスボス以上とも言われる強さやカリスマ性は健在で、決して存在感を失ってはいない。
事件終結後に新世代レプリロイドの開発は危険性を考慮して一時凍結されるも、結局は利便性を優先して再開される事になった。

なお『X8』でルミネが語るところに拠ればシグマは 自らの意思によってイレギュラーとなっている とのこと。
(X8の8体のボスのイレギュラー化も同じ理由であるとルミネが語っており、シグマも新世代型レプリロイドを「我が意思を受け継ぐ子供たち」と語っている)
講談社刊「ロックマンX4 XtoZ攻略ファイル」の記事などでは「この戦いによってゼロの持つウイルスに感染しイレギュラー化し、それが『X1』での反乱の原因ともなった」
とされていると記述されているため、おそらく『イレギュラーハンターX』以前に、本編のほうでも設定が多少変更されたものと思われる。

+ シリーズごとのシグマ

+ メディアミックス(漫画)でのシグマ

+ ニコニコ動画でのシグマ


MUGENでのシグマ

原作ゲームのドットを使用した物が複数存在する。
+ gm氏製作
+ N64Mario氏製作
+ Hunter_eXe氏製作
+ アフロン氏製作
+ !?氏製作
+ RedLine氏製作 Infinity Sigma

この他『犬夜叉』のラスボス奈落が「X5」のシグマと融合した(というか首から下を乗っ取った)ような姿姿をしたサイバー奈落というキャラクターも海外で作られている。


出場大会

出演ストーリー