ケフカ・パラッツォ


 名前:ケフカ・パラッツォ
 ジョブ:大魔導士
 年齢:35歳
 身長:167cm
 体重:48kg
 誕生日:11月19日
 血液型:AB型
 好きなもの:鏡
 嫌いなもの:レオ将軍
 趣味:人形遊び


命… 夢… 希望…

どこから来て どこへ行く?

そんなものは… このわたしが 破壊する!!

スクウェアソフト(現スクウェア・エニックス)が1994年に発売したRPG『ファイナルファンタジーVI』(FF6)のラスボス


フルネームはケフカ・パラッツォ(Cefca Palazzo、海外ではKefka Palazzo)。
の格好が特徴のガストラ帝国の人造魔導士。
初期の魔導注入における副作用により魔力と引き換えに精神に異常をきたしてしまい、幼稚で残虐な性格となっている。
同じ帝国の将軍であるレオ将軍(グリーディア国王ではない)のような、真面目で品行方正なタイプが嫌い。

この曲と共に事あるごとに聞ける笑い声が印象に残っている人も多いだろう

ゲームの序盤から登場し、(敵対組織と繋がる)同盟国フィガロへの偵察、ナルシェ侵攻、首都ベクタを襲った幻獣討伐など、帝国の数々の作戦を指揮している。
ただ人望はほとんど無く、帝国の一般兵からも「ケフカの野郎」「あんな奴が将軍になるんだったら実家に帰らせてもらう」と方々で辛辣な陰口を叩かれる始末。
ドマ侵攻時には篭城の構えを取る敵に対して堀に繋がる川に毒を流し、自軍の捕虜も気にせず大量虐殺を行うという非人道的行為を、司令官のレオに無断でやってのけている。
(ただ、レオ自身はこの作戦の直前に本国への帰還命令を受けており、彼がいなくなった為に一応ケフカはドマ侵攻における司令官のトップ。
レオはそのまま篭城戦に付き合うつもりだったが、ケフカは「手っ取り早くやってやる」との言葉通り短期攻略を果たしている。
ガストラ皇帝自身も腹芸ができる人物なので、高潔なレオを後ろに下げて汚れ仕事をこなせるケフカを重用していた様子がある。)

主人公達の後をつけて封魔壁を開かせ大量の幻獣を呼び込んだ結果、帝国の首都ベクタは幻獣の総攻撃を受けて壊滅してしまう。
皇帝ガストラは休戦の証の一つとしてドマで毒を使用したケフカを一旦は戦争犯罪人として投獄するが、実際はただのポーズにすぎず、
まもなくその休戦を反故にして敵対組織を一網打尽にしようとした後、首都ベクタを襲撃した幻獣を倒す切り札として彼を出獄させる。
ケフカが魔力を得るため次々幻獣達を葬り去る姿を見て住処に残っていた残りの幻獣達も加勢に現れるが、まるで相手にならず返り討ちとなってしまう。
その後、ガストラ皇帝と共に空き家となった幻獣の住処に潜入して浮遊大陸「魔大陸」を始動させ、その中で幻獣と魔法の神「三闘神」を目覚めさせる。

魔大陸の最深部で、帝国を裏切った元帝国将軍セリスを含む主人公達一行と対峙するシーンが中盤のクライマックスとなる。
三闘神の力を得たガストラは主人公らを術で拘束するが、元部下であるセリスに対しては「お前だけは特別だ」「ケフカと共に子をなせ」と言う。
(セリスもケフカと同じ魔導実験の被験者であり、帝国が生んだ人造魔導士がこの2人だけであることを大いに踏まえた発言であることは想像に難くない。
設定上ガストラの年齢は59を超えているので、発言の意図としては自分の死後も帝国を繁栄させろと言っているのだと思われる。)
その際、ケフカは「仲間達を始末することで裏切りを水に流してやる」と一振りの剣を渡すがセリスはこれに反発、逆にケフカを刺してしまう。
それによってケフカは逆上し、三闘神の力を解放しようとする。
流石に世界が滅ぶ危機を招くのでガストラはこれを制止する(ガストラの目的は飽くまで世界征服であり、征服すべき世界の崩壊は望んでいない)も、
ケフカは「奴等に三闘神の力を見せるチャンス(この時はまだ忠誠心はあり、ガストラに敬語を使っていた)」と命令を聞こうともしない。
ガストラは「役に立たぬ」と遂に魔法で粛清を試みるも、ケフカが三闘神の像の真ん中に立っていたため全て不発に終わる。
ケフカは逆にガストラに三闘神の攻撃を浴びせ「役立たず以下」とこき降ろした挙句、大陸から突き落として殺害。三闘神の像を動かして、世界の均衡を崩した。
その後は自ら神となって世界を崩壊させ、三闘神から奪った力で自分に歯向かう者や、その者の家、村などを容赦なく破壊、虐殺していった。
世界中の瓦礫を集めて建てられたケフカの居城「がれきの塔」に乗り込み、ケフカを滅ぼすことがゲームの最終目的となる。


その所業やいかにも三下風味の性格でありながらラスボスに上り詰めたことから、プレイヤーに強いインパクトを与えた。
が、攻撃力インフレ気味なFFシリーズがバランスを模索していた時期のボスであるため、壊滅的にHPが足りないなどの素敵な欠陥がある。
特定の分野に特化せず漫然と育てたパーティで挑むとそれなりに苦戦するのだが、キャラクターのレベルと装備・アビリティが極まっていれば、
登場演出でページ上部の台詞を言い終える前に、一個前の前座と一緒にまとめて殺せる。
この台詞は「FinalRound Fight!」のコールに相当する戦闘開始の合図なのだが、その前にフライングで無言のまま死ぬ。シンジラレナーイ。
かくして高いパーティ構成・育成自由度の煽りも受けて、世代が近いVのうごごや、VIIのイカと並んで、シリーズを代表する弱ボスとなっている。
しかし好き勝手に世界をボロボロにした挙句、無責任に呆気なく死ぬという姿は、キャラ的にそれらしい調整と言えば言えるのかもしれない。

また、最終決戦時の演出はスーパーファミコンの全ゲームで見てもトップクラスと言える出来で、
当時のドット技術の粋を感じさせる描き込みと、敵を倒すごとにせり上がりが行われる場面転換の演出は大変素晴らしい。
この際のBGM妖星乱舞』はRPGのBGMでありながら全4楽章構成(形態が変化するごとに楽章が移る)となっており、
サウンドトラック換算で 約18分 に及ぶ長さを持つFFシリーズ屈指のボリュームを誇る曲で、そちらも人気が高い。

ちなみに同時期のRPG『新桃太郎伝説』でも偶然の一致で似たようなキャラが登場しており、両方をプレイした人間からは外道ラスボスコンビとしてネタにされることがある。
ちなみにバランス調整の結果相対的にHPが少ないことから弱ボスと言われているこちらとは対称的に、あちらはゲーム中最高のHPや序盤の4回攻撃などから手強いボスとなっている。

そんな彼だが、一方で非常にコミカルな描写が多いのが特徴である。
その最たる例としては、その迷言の多さがあげられる。
シンジラレナーイ!」「つまらん!」「ちっくしょーーーーー!!!」「役立たず以下なのだー」「…で、結局何がしたい?」「脳みそまで筋肉でしょ?」など、枚挙に暇が無い。
しかし、その一方で「滅ぶと分かって、なぜ作る?死ぬと分かっていて、なぜ生きようとする?」といった深みのある事も語っており、
ギャップのある二面性がキャラクターとしての人気を作っている一因だろう。
また、一人称も「私」「おれ様」「ぼくちん」など、状況に応じてコロコロ変化する。
このあたりは、変身するごとに一人称の変わるに似ているといえよう。

最近ではFFシリーズの歴代主人公とボスがクロスオーバー出演したアクションゲーム『ディシディア ファイナルファンタジー』に
FF6の主人公代表であるティナと共に、カオスサイドとして登場した。
元となるFF6に音声はないが、『ディシディア』での声はラディッツ北斗の拳のナレーションでおなじみの千葉氏。
この作品にケフカを出すことが確定した時から既に声優は千葉氏にと決めていたほどで、
氏特有のアドリブ(千葉リブ)もあいまって、原作以上にコミカル度がさらに高まっている。
興味のある人は是非やって確かめて頂きたい。
『ディシディア』の前日譚にあたる『ディシディア デュオデシム ファイナルファンタジー』でも引き続き登場。
セフィロスに小細工を吹き込んだり、洗脳をしていたり、裏切り者への制裁を下していたりなど、
存分に悪役としての活躍をしつつもコミカルな言動は相変わらず。道化と侮られながらも腹黒い彼の活躍は一見の価値あり。
ただ、同僚の元部下であるギルガメッシュ(FF5)には「ケフカ・パパラ……読めんぞ!」と名前の事がネタにされているが。

ちなみに、アルティマニアによると ケフカはプレイヤーの姿が見えている らしい。…ちょっとぞっとする話である。

+ ディシディアでの性能


しかし、残酷でありながらひょうきんでコミカルであり、シリーズ稀有なラスボスは、
かつて千葉氏が演じた某破壊大帝を連想させる。

なお、ゲーム中では帝国の酒場で一般市民からわずかに語られるだけであるものの*1、前述のように彼の精神崩壊は実験段階だった魔導実験の副作用によるものである。
ある意味で帝国が生み出した「魔導」の被害者とも見ることができる人物であり、それを考えるとこの物語はより重い。
(以上、Wikipedia及びファイナルファンタジー用語辞典Wikiから転載・改変)


MUGENでのケフカ・パラッツォ

En氏が製作したものがあった。(現在は代理公開していたdoloop氏のサイトが廃業しているので入手不可)
FF6のラスボス戦を再現したもので、いかにして倒すかを楽しむ主旨のキャラなのでプレイヤー操作は不可。
前座として登場する神々の像との3連戦の後ケフカが登場し、全て倒して初めてKOとなる。

神々の像は原作を反映して複数の喰らい判定を持ち、アビス同様倒すと変身……と言うか、次の部位との連戦となる。
攻撃方法もその度に変化していき、画面全体攻撃や一撃必殺技など強力な技を持っており、
当たり判定にAIが対応できず、プレイヤー操作でもないと倒すのは困難。

もっとも、ケフカ本体まで勝ち抜いていけるだけの対応力・攻撃力があるようなキャラクターは
当たり判定が最も大きく、攻撃の手も緩いケフカに苦戦する理由はまったく無いのでほぼ硝化試合となってしまう。
前座のほうに苦戦するのは、ある意味で原作再現再現ともいえる。


出場大会


*1
本作では、話す必要の全く無いただの町人・村人が、そこでしか聞けない人物・世界設定に関する重要事項をさらっと話すという例が複数見られる。
しかもゲームの進行でその人物と話す機会がなくなったり台詞が変わったりするため、聞く機会を逃してしまう場合もある。
(実際、他媒体でケフカの元々の境遇について初めて知ったというプレイヤーもいくらか見られる)
他の例では、「あるパーティキャラと他のパーティキャラは 実は本当の親戚ではない 」という話などがこれにあたる。