マグマード・ドラグーン


「力こそが全てだ!」



『ロックマンX4』に登場する8ボスキャラクター。モチーフは東洋の龍
疑似ファンネルとは関係ない。
ちなみに同シリーズで初めて架空の生物をモチーフにしたボスである。*1

『ロックマンX5』ではデータのみが復元され、トレーニングモードの相手として登場する。
あくまで初心者用チュートリアルなので、性能は抑え気味。部屋も狭く、即死トラップのマグマもない。
また、使用する技も波動拳、急降下、火炎放射(体力半分以下で使用)だけになっている。

CVは長嶝高士氏。
同作品ではスラッシュ・ビストレオも演じている。
X5では単なるデータなのでボイスは無し。波動拳の際に声を発するが音源は不明。

原作でのマグマード・ドラグーン

イレギュラーハンター第14特殊部隊の元隊長。
素手による体術を極めた武道家であり、ハンターとしての実力も指折りで、上層部からの信頼は厚かった。
オープニングステージの巨大浮遊都市「スカイラグーン」にて暴動を起こしたイレギュラー部隊を鎮圧するため、
エックスゼロよりも一足先に現場に急行して応戦するものの、力及ばずスカイラグーンは墜落。
下の都市ごと巻き込んで壊滅的被害が発生してしまう。
イレギュラーはエックス及びゼロによって処分されるものの、後日レプリフォースの反乱が発生。
ドラグーンはその最中に突如ハンター本部を脱走し、レプリフォースの陸軍と共に火山地帯に潜伏する。

火山地帯最深部で対峙したエックスとゼロは「何故ハンター司令部を裏切った!?」と問い詰めるが、
ドラグーンは「答える必要はない」「知りたければ俺と戦え」と戦闘を要求。
それでも戦闘を拒むエックスに対しては「スカイラグーンを陥としたのは俺だ!」と宣言し、
更に「最高の気分だったぜ!!」と高笑いしてエックスの怒りを煽った。

しかし、エックスとゼロがドラグーンを倒すと真相を告白。
彼は常日頃から「(同じハンター組織の)エックスやゼロと本気で戦い、どうしても勝ちたい」と叶わぬ願いを抱いており、
そこに突け込んだシグマの「レプリフォース側につけ」という誘惑に負けてしまったことを語る。
(よく見ると彼のライフゲージ下のアイコンは「Σ」。彼を含む8ボスの何体かはレプリフォース所属ではないため)
その後エックスには「本気で戦えて嬉しかった」と、ゼロには「済まなかった」と述べ、絶命した。
なお、撃破後に会話イベントが用意されているのは歴代の全8ボス中でもドラグーンのみ。


戦闘では武道家という設定の通り、体術を中心に戦う。
+ 主な行動パターン

行動はある程度パターン化されているもののアルゴリズムは優秀で、初心者にとっては壁ボスになり得る。
連携を含めた豊富なパターンを理解するまでが大変だが、理解すれば回避困難な攻撃は無く、隙も多いので弱点なしノーダメを十分狙える良いボスである。

8ボス戦時に限り、なんとライドアーマーに乗ったまま戦いを挑むことが出来てしまう。
ライドアーマー破壊前にドラグーンを倒すには少々慣れが要るものの、適当に戦うだけでもライフを半分は削れる。
楽に勝ちたいなら是非活用しよう。ハンター組織を裏切ってまで真剣勝負を望んだ彼にこの仕打ちはあまりにも酷だが…。
もっとも、ここまでやって負けたら次戦以降は普通に実力勝負を強いられることになる。
こうなるとゲームオーバーは必至なので注意しよう。
さらに、エックスならともかくゼロで戦う場合 弱点武器が存在しない ため、なおさら厳しい
(弱点武器を持っているはずのフクロウルから取得出来るのが、敵弾をセイバーで撃ち落とせるようになる「天空覇」のため)。
…と思うかもしれないが実はウェブ・スパイダスから取得できる雷神撃が弱点であり、
弱点武器特有のリアクションこそ取らないものの大きなダメージを与えられる。
動きが素早いので、長時間動きが止まる口からの火炎放射に対して背後を取った時くらいしか狙えないが。

『X8』のバンブー・パンデモニウムもライドアーマーに乗った状態で戦う事が可能だが、台詞は変化しない。

攻撃方法、更には首にかけた数珠、腹部(背中ではない)には天の文字
どう見てもモデルは滅殺おじさんです。本当にありがとうございました。
ただし竜巻やっぱり また ハブられた。

「命懸けで戦ってこそ意味がある!」


前述の通り続編のX5ではチュートリアルステージの〆に出現、上下撃ち分けの波動拳の回避に新アクションである「しゃがみ」の練習台として戦う事になる。
シグマやVAVAといった前例こそあるが、生きてたとか蘇ったとかではなくデータをエミュレートしたとのこと。

行動パターンは波動拳を三連発→反対側にジャンプ、
体力がある程度減ると、波動拳二発→火炎放射→反対側にジャンプからの急降下
となっている。
昇龍拳、火柱、隕石は使用しない。

漫画でのマグマード・ドラグーン


岩本佳浩氏が手がけたボンボン版では、ゲーム版と同様にエックスと本気で戦うためにハンター組織を裏切っており、
ウェブ・スパイダスを倒した後のエックスに対して遠目から殺気を放っていた。
この後原作同様に熱い戦いが繰り広げられる筈 が、2度目に姿を現した時には既に死んでいた
な…何を言ってるのかわからねーと思うが(ry

実は連載当時、『コミックボンボン』誌内で大幅な路線変更が起こり、
岩本氏の『X4』は構想6割の時点で連載打ち切りの憂き目に遭ってしまったという経緯がある。
このためラスト2話の時点ではまだ8ボスが6体も残っていたが、1話でそのうち4体が瞬殺され(ドラグーンもこの1体)、
最終話で残り2体を倒しつつエックスとゼロのドラマを補完してシグマの元に向かうところでエンド、
という凄まじく駆け足かつ不完全な展開で終わらせざるを得なかったのだ。
岩本氏もこのことは「残念だ」と語っていたが、後にファンの声に後押しされて「復刊ドットコム」にて復刊が実現。
その際、カットされたドラグーン戦や結末に至るエピソードなどが加筆された。

+ 追加エピソード(ネタバレ注意)


MUGENでのマグマード・ドラグーン

gm氏がX4のドットを使ったキャラとして製作していたが、閉鎖のために現在は入手不可能。
原作の技は一通り搭載されており、それら全てがガード不能。
特に隕石を降らす技等は発動中無敵のため、人操作ならAI殺しし放題で勝っていけるがデフォルトのAIはないので一方的に隕石を食らい続ける心配はない。
柊・竹・梅氏の外部AIパッチが存在したが、こちらも公開停止。動画使用禁止になった
このパッチを適用すると火炎放射、火柱、隕石の三つがゲージ使用技になるため、一方的にハメて勝つという事はない。
また、原作再現のためノーガード戦法、遠距離から波動拳を連射し、ゲージがあればファイヤーブレスも使う。
また、7~12Pカラーを選ぶとゲージが自動増加するようになる。

また、飄雪蒼狼(Snowwolf)氏もマグマード・ドラグーンを公開していた。
閉鎖こそしてないもののダウンロードページに繋がらなくなっており、現在は入手できない。
旧バージョンでは豪鬼のボイスが使用されていたが、最新版は原作のボイスに変わっている。
瀕死時の即死技には藤原妹紅が登場し、二人で「龍凰滅神拳」を用いて敵を吹き飛ばす。

更にそのSnowwolf氏のマグマード・ドラグーンをGLADIACLOUD氏とBEXIMUS氏が共同で改変したものが公開されている。
ドットがいくつか書き足されており、音源は不明だが竜巻旋風脚も使えるようになった。
新MUGEN専用なのでWIN版以前のMUGENでは使うことができず、AIもないのでニコニコ動画で見る機会はないだろう。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm27251428


出場大会

削除済み

出演ストーリー


*1
このドラグーン以降、架空の生物をモデルにしたボスが、必ず一体は登場するようになった。
『X4』マグマード・ドラグーン(龍)
『X5』スパイラル・ペガシオンペガサス
『X6』ブレイズ・ヒートニックス不死鳥
『X7』ウィンド・カラスティング(鴉天狗
『X8』アイスノー・イエティンガー(イエティ、雪男
『コマンドミッション』ナインテイルズ(九尾狐



添付ファイル