ゲイト

「出来る。出来るぞ!レプリロイドだけの理想の世界…」

「僕が全てを支配する素晴らしい世界が!」


CAPCOMのアクションゲーム『ロックマンX6』に登場する敵キャラクター。
CVは「クレヨンしんちゃん」の野原ひろし役などでお馴染みの藤原啓治氏。
それ故か、動画には「野原ゲイト」のタグをつけられる事が多い。

原作におけるゲイト


かつてレプリロイド開発で名を馳せた天才科学者であり、
イレギュラーハンター本部のオペレーター・エイリアとはレプリロイド研究チームの元同僚。
彼の開発したレプリロイドはいずれも高性能で、周囲の想像を超える成果を幾つも収めていた。
しかし、これらのレプリロイドにはゲイト以外の誰にも解析出来ない程の高度なプログラムが使われており、
またあまりにも性能が高すぎたため、次第に危険視されることになる。
中には課題を無視して危険な行為を行うレプリロイドも現れ始め、その製作者であるゲイトの評価も下がりつつあった。
自身の傲慢な性格もあって、ゲイトはレプリロイドの研究を誰にも理解されず孤立していくが、
それでも自分の実力を認めて貰うため、上司の命令を無視して更に高性能なレプリロイドを作り続けた。
結果、ゲイトが製作したレプリロイドは上司の命令により全て事故に見せかけて処分されてしまう。
ゲイトは自らの優れたレプリロイド開発能力を認めなかったレプリロイド研究チームに対して、
「必ず見返してやる。自分の実力を理解出来ない下等なレプリロイドを全て支配してやる!」と言い残し、去って行った。*1
開発標準ガン無視してスパゲティプログラムばっか組んでくるシステムエンジニアなんぞ評価されるわけないわなぁ……。
とはいえ、彼を擁護するならば彼の作ったレプリロイドのうちナイトメア調査員として参加している者の半数は
ゲイトへの憎悪から不当にデータを改ざんされて事故に見せかけ処分、性能にケチをつけられ自害に追い込まれる、
果ては ゲイト製だからという理由でイレギュラー認定された *2という不遇な最期を遂げている。
残り半数が自業自得とはいえ、彼の最終目的(後述)もあって同情するユーザーもそこそこいたりする。

ある日、墜落したスペースコロニー・ユーラシアの周辺を彷徨っていたゲイトは、偶然ゼロのパーツの欠片を拾う。
彼はこの欠片により、不完全ながらもゼロのDNAデータの解析に成功。
これを用いて戦闘用レプリロイドのハイマックスやナイトメアウイルスを製作し、
更にこれらの製作技術を自らのボディにも応用して戦闘用に改造する。
その後、部下に迎えた科学者レプリロイド・アイゾックと協力してナイトメアウイルスを地上にばら撒き、
過去に処分された7体のゲイト製レプリロイド+1体を復活させ、「ナイトメア調査員」という名目で各地に派遣。
「ゲイトが認めた優秀なレプリロイドだけの理想国家」を作るべく、行動を開始する。

そんなわけでバランスの悪いことで有名なロックマンX6の8大ボスはグランド・スカラビッチを除きゲイト製である。
フォーメーションウワァー!等、攻撃が単調で高性能(笑)なボスも多いのだが、
設定に違わぬ高性能を誇る者もおり、
さらに偶然の産物とはいえロックマンX史上最強の門番を生み出し、配置したのも彼である。

結果的にその圧倒的な高性能っぷりの前に手も足も出ずひれ伏すエックスが続出。天才科学者の設定はハッタリではなかった。
ちなみに科学者の癖に彼自身も相当強い。ラスボスはあんなに弱いのに…

+ ナイトメアウイルスとは?

ゼロのDNAデータの解析を進めるうちに、ゲイトはゼロのDNAデータの構造がシグマウィルスと酷似している事に気付く。
そのまま興味本位でプログラムを組み立てていると、何と『X5』で完全に消滅した筈のシグマが復活を始めてしまった。
エックスやゼロとの直接対決に敗れた後、彼はシグマを復活させたことを告げるが、
「お前の助けなど必要なかったわ!」とシグマによって止めを刺され、機能停止に追い込まれる。
しかしそのシグマも恩を仇で返した結果、復活直後の大幅に弱体化した状態でエックスたちに挑む羽目になったが。
シグマとの決戦後、彼のボディはエックスによってイレギュラーハンター本部に回収された。
その後の生死は不明だが、ゼロが「こんなダメージじゃ修理しても無駄なだけだ」と発言しているため生存は絶望的。『X7』以降の作品にも登場していない。
当人は前作ラストで下半身+左腕全損の挙句に胸部ド真ん中に風穴まで開けられたと言うのに、ついさっき五体満足で帰ってきた所だけど。
ただ、Xシリーズでは珍しいキャラクター性から密かにファンが多いらしく、二次創作では生存してエックス達と談笑したりする姿も描かれている。


ゲイトの最大の目標は、「最強」と呼ばれるエックスやゼロのような究極のレプリロイドを作ることであった。
彼の製作したレプリロイドに他の誰も解析出来ない程の高度なプログラムが使われていたのも、
「簡単に解析出来るようなものでは(究極のレプリロイドとして)まだニセモノだ」と考えていたため。
また、ゲイトが周囲の警告や反対を押し切ってまで高性能なレプリロイドを作り続けたことの一因として、
エックスやゼロのボディには未だ解析されていない部分が数多く
(故にゲイトはゼロの欠片を入手した際、「どんな最新技術でも解析出来なかった聖地に踏み込めた」と歓喜していた)、
ゲイト製のレプリロイドと同じく危険性を秘めているにもかかわらず、処分を免れ第一線で活躍している事実に納得がいかなかったこと、
そして彼らがレプリロイド誕生以前に作られた(曰く「いつの時代に作られたのかも分からないオールドロボット」)にもかかわらず、
彼の作った最新のレプリロイドがその性能を超えられなかったことなどが挙げられる。

作中での行動と、その動機はDr.ワイリーと酷似している。
そのためか終始ゼロに執着していたアイゾックから献身的にサポートされたり、 レプリロイドになる前のアイゾック自身 と重ねて見られていた節があった。


戦闘時のゲイトは黄金の鎧を思わせるボディにより、こちらの攻撃を一切受け付けない。
通常は空中を浮遊してこちらを追尾しつつ、5色の球体状飛び道具「ナイトメアホール」を放ってくる。
これらは色によってエックスとゼロに様々な効果をもたらす。具体的には以下の通り。
  • 緑色…こちらを追跡してくる。
  • 黄色…こちらを狙って弾を発射してくる
  • 紫色…ナイトメアウイルスを発生させる
  • 水色…こちらをナイトメアホールに引き寄せてくる
  • 赤色…こちらの動きのみをスローにする
ナイトメアホールはこちらの攻撃により破壊可能で、このとき6つの破片に分裂して散っていく。
この破片でのみゲイトにダメージを与えることが可能。ほらそこ、作業ゲーとか言わない。
ただし、攻撃の威力が高かったり発生時間が長かったりすると、勢い余って破片ごと破壊してしまうので注意。
エックスなら特殊武器「マグマブレード」のセイバー部分を、ゼロならジャンプ斬りを当てると丁度良い。
また、ゲイト戦のフィールドには床がなく足場が点在するのみなので、
こちらの動きを制限して落下死を招きやすい水色と赤色のナイトメアホールは即破壊することが望ましい。
ゲイトはライフが減ると衝撃波「ナイトメアクラッシュ」で足場の破壊を狙ってくる(一定時間で復活)ので、こちらにも注意しよう。


MUGENにおけるゲイト

gm氏が『X6』のドットを使ったものを製作していたが、閉鎖のために現在は入手不可能。AIは搭載されていない。

原作通り通常の攻撃では一切ダメージを受けず、ナイトメアホールの破片を当ててダメージを与えなくてはならない。
ただ、ナイトメアホールはガードするだけでも壊れるので、原作よりは倒すのが楽になっている。

出場大会

  • 「[大会] [ゲイト]」をタグに含むページは1つもありません。

出演ストーリー




*1 :
…なのだが、実際本作をクリアするだけではゲイトの過去を知らない方も多い。
何故かと言うとゲイトの過去を知るイベントを見る条件が 別の意味できつい からだ。
今回ゲイトの秘密研究所に進むには、三つのルートがあるのだが・・・

①:ハイマックス(第二形態)を倒す。 普通の人は大抵この条件を満たして進む。
②:ハイマックス(第二形態)を倒す前に8大ボスを全て倒す。シリーズの流れでは普通なのに今回では邪道。
③:①も②も満たさずに ナイトメアポイントを3000以上貯める。

③のイベントに進むと、エイリアがナイトメアウィルス(以下NV)の分析に成功。その過程でNVのプログラムがゲイトが得意だったプログラム
と酷似している事に気づく。点と線がつながったと思ったのか、エイリアの独白が始まる…という流れである。
しかし、③に進むには、 ダイナモを出せない から楽に稼げない。
ボスを七体倒した後は地道に雑魚敵から稼がないといけない…。面倒だ。


ちなみにこの動画、ハードモードで苦戦していつの間にか貯まったとか。
普通だったらなかなかお目にかかれないことが分かる。

*2 :
その件のレプリロイドについてはエックスやゼロも心を痛めており、ゼロも「俺のクビが飛んでもおかしくなかった」とまで発言している。