源頼朝


「戯れは終わりじゃ」

+史実での源頼朝
1147年、源氏の頭領である源義朝の三男として生まれる。
だが、義朝が平治の乱で敗れたため、幼くして伊豆に流刑になった。
以降は不遇をかこっていたが、平家の力が衰えるとともに挙兵。
平家のみならず木曽義仲、更には弟の源義経等の同族間の不穏要素をも討ち滅ぼし、
征夷大将軍の位を得て日本初の武家政権である鎌倉幕府を開いた。
その後、1199年に死去。死因は落馬の傷とも言われている。享年53歳。

ナムコが1986年に発売したアクションゲーム『源平討魔伝』の最終ボス
史実とは異なり、悪魔に魂を売ったことにより魔族の力を得て平家を滅ぼしたことになっている。
彼自身も凄まじい力を得ており、最初は肖像画のとおりだがダメージを受けるにつれて悪魔のように変貌してゆく。
そんな頼朝を地獄から蘇った平景清が討ち果たす、というのがこのゲームのストーリー。
続編となるPCエンジン作品『源平討魔伝 巻ノ弐』にラスボスとして再登場する。

+ネタバレ注意
頼朝を倒すためには「三種の」が必要であり、最終バトルまでに揃えていないと絶対に倒せない(HPが無限ループする)。
しかし頼朝の攻撃手段である雷が八咫の鏡の力で無効化できるため、三種の神器を揃えてここまで来たなら数秒で倒せてしまう。
はっきり言って道中の義経や弁慶、鉄球の方が遥かに苦労するが、まぁ頼朝の脅威はその不死身性にあるという事だろう。
ちなみに一部ステージでは永久防止キャラとしても出現する。当然倒す事は出来ない。
背景から巨大化した頼朝が「戯れは終わりじゃ」の言葉とともに攻撃してくるため、インパクトはこちらの方が大きかったりする。
「だじゃれの国」のステージでは「わらってよりとも」などとのたまいながら杓文字で攻撃してくる。

『源平討魔伝 巻ノ弐』においては地獄より復活し、日本を魔界と化してしまう。そして天帝により再び復活した平景清と戦う事になる。
第二形態以後は、鎧グラフィックと刀を使っての対決になっており、ほぼランダム要素の雷落としや
第三形態は亡霊となって背景と相まって見えにくい弾幕を展開するラスボスに相応しい強さになっている。
なお、初代と違って、ゲームシステムが大幅に変わっているために三種の神器を集める必要は無い。

+NAMCOxCAPCOM』での悪行
NAMCOxCAPCOM』においても源氏一族を率いて登場している。声優は大塚明夫で、名無しの超戦士1Pと二役である。
本作では『源平討魔伝』の後日談となっており、三途の川より復活して再び世界の覇権を狙うべく暗躍する。
姿は『巻ノ弐』の第二形態準拠だが、ストーリー序盤に一度だけ第一形態で会話しているシーンがある(ただしシルエットのみ)。
終盤ではドルアーガと同盟を組み、魍魎界から魔界に渡りドルアーガの塔を根城としていた。
原作通り三種の神器が揃わないと何度でも蘇るため、まだ三種の神器を揃えていない景清と零児一行の前に余裕綽々で現れるが、
36話でソウルエッジの力により、三種の神器の最後の一つ、草薙の剣が景清の手に渡ると途端に狼狽し
あっさり景清によって一族郎党もろとも滅ぼされた。諸行無常の鐘の音が響く……。

が、以降も作中で二度も復活している。本当にしつこい。その度に景清に滅ぼされてる辺り、もはやギャグの域である。
しかも、ボスとしての性能はドルアーガやベガといった他のボス連中に比べて特出した面があまりない。
攻撃力そのものは高く、防御の上からでも防御の低いキャラや打撃が弱点のキャラは瀕死寸前までダメージは受けるものの、
必殺技が遠距離扱いなため、近距離で取り囲むだけでもう必殺技を撃たれる心配がなくなる。なまじ近距離技があるから…。
更にカウンターまで自分が被害を受けた上で相手にダメージを返すという性能の悪さ。
このため、「近距離では回転斬のある義経の方が怖い」とか言われる始末。
まぁこれは原作通りと言えるが…戯れはいつ終わるんですか?

言うまでもないが、近距離の必殺技が無い事を揶揄されているだけであって、当然の事ながら実際には義経より遥かに強い。
義経が必殺をぶち当ててきても、頼朝の通常攻撃の威力には及ばない。

「我が魂は不滅じゃ」


MUGENにおける源頼朝

にゃん☆鬼龍氏によるものが存在。
現在は氏のサイトがトクトクのサーバー障害復帰後に消滅した為、hamer氏が許可を得た上で代理公開している。
画面中をテレポートしながら攻撃してゆくキャラになっており、ワンボタンでテレポートできる。
その代わり、通常技の類は存在しない。
超必殺技「戯れは終わりじゃ」では鬼神モードに変身し、攻撃力と防御力が上昇する。
なお、この鬼神モードだが、体力が半分になっても勝手に発動する。
その他、原作ネタが山のように詰め込まれており、見ていて非常に楽しくなれる。
∞ロダにて外部AIが公開されたが、現在は同所の閉鎖でDL不可。

出場大会

出演ストーリー



添付ファイル