源頼朝


「戯れは終わりじゃ」

+ 史実での源頼朝

ナムコが1986年に発売したアクションゲーム『源平討魔伝』の最終ボス
史実とは異なり、悪魔に魂を売ったことにより魔族の力を得て平家を滅ぼしたことになっている。
彼自身も凄まじい力を得ており、最初は肖像画のとおりだがダメージを受けるにつれて悪魔のように変貌してゆく。
そんな頼朝を地獄から蘇った平景清が討ち果たす、というのがこのゲームのストーリー。
続編となるPCエンジン作品『源平討魔伝 巻ノ弐』にラスボスとして再登場する。

+ ネタバレ注意

+ NAMCOxCAPCOM』での悪行

「我が魂は不滅じゃ」


MUGENにおける源頼朝

にゃん☆鬼龍氏によるものが公開されていた。
現在は氏のサイトがトクトクのサーバー障害復帰後に消滅した為、入手不可。
画面中をテレポートしながら攻撃してゆくキャラになっており、ワンボタンでテレポートできる。
その代わり、通常技の類いは存在しない。
超必殺技「戯れは終わりじゃ」では鬼神モードに変身し、攻撃力と防御力が上昇する。
なお、この鬼神モードだが、体力が半分になっても勝手に発動する。
その他、原作ネタが山のように詰め込まれており、見ていて非常に楽しくなれる。
∞ロダにて外部AIが公開されたが、現在は同所の閉鎖でDL不可。

出場大会

出演ストーリー




添付ファイル