花菱烈火

週刊少年サンデーで連載されていた安西信行のバトル漫画『烈火の炎』の主人公。こっちの烈火とは無関係。
連載当時のサンデーには「バトル漫画」と呼べるものが少なく
(『うしおととら』連載末期、『からくりサーカス』がやや後発。『らんま1/2』『GS美神 極楽大作戦!!』辺りはバトル中心とは言い切れない)、
ラブコメ漫画やスポーツ漫画のイメージが強かったサンデーにおいて本作は異色の作品となり、
本作のヒット以降、サンデーはバトル漫画が如実に増えた(例:『金色のガッシュ!!』)。
超常アイテム「魔導具」による能力バトルの要素や、連載を通じて劇的に成長した画力も人気の一因と言えるだろう。

ちなみに『うしおととら』作者の藤田和日郎は安西信行の師匠であり、『金色のガッシュ!!』作者の雷句誠は同期アシスタントである。
そのため、互いの作品に互いのキャラクター(作者をモデルとしたものを含む)がゲスト出演したりもしている。

CVは岡野浩介氏。



原作における花菱烈火

手から炎を出せる能力を持ち、忍者に強い憧れを抱く高校1年生。血液型はO型。
正義感が非常に強い一方で喧嘩っ早い。幼馴染の霧沢風子とライバルの石島土門は同級生の喧嘩仲間。
授業中は基本的に不真面目で成績も悪いが、「忍者に関係があるから」という理由で歴史だけは大好き。
周囲からもバカ扱いされることが多いが、謎かけ・謎解きの類にはあっさり答えたり、
咄嗟に八竜の能力を組み合わせて使いこなすことを始めとした戦闘面での機転など、頭の回転の速さや柔軟性は高いようである。
父親は花火職人で、烈火自身も花火を作れる。喧嘩の際は自作の癇癪球を用いることも。
「癒しの力」を持つ同級生の女子・佐古下柳と出逢い、自らの主君「姫」として彼女に仕えるところから物語は始まる。

実は父親の実の息子ではなく、実の母親・陽炎によって戦国時代から現代に飛ばされてきた、忍者集団「火影忍軍」の頭領の息子。
(なお、陽炎はこのとき使用した秘術「時空流離の術」の呪いによって不老不死となり、現代まで生き続けてきた)
修練を積んだ隠密・武術家集団である他の多くの忍者とは異なり、
火影忍軍は特殊な能力を発揮する道具「魔導具」を開発する能力や呪術的な技術に優れ、それを用いて任務をこなしてきた。
ただし決して魔導具頼みというわけでもなく、魔導具の性能をフルに生かせるだけの武術を収めたものが多数である。
また、火影の民には各世代に1人だけ魔導具を使わずに炎を操る「炎術士」が生まれ、代々の頭領は炎術士から選ばれる。
ただし、必ずしも全ての炎術士が頭領になるわけではない(性格の問題などから見送られることがある)。
炎には炎術士によって異なる生物を象った「型」があり、炎術士ごとに固有の能力を持つ。
作中では亀、蛇、鷹などが登場しているが、烈火の炎の型はその中でも最強とされる「竜」。しかも1体ではなく8体棲んでおり、1体ごとに能力が異なる。

+ 八竜について



MUGENにおける烈火の炎



MUGENにおける烈火の炎キャラは、GBA用ソフト「烈火の炎~THE GAME~」仕様+αをSIM氏が作成している。
原作ゲームでは各人必殺技3つと超必殺技1つを持っているが、MUGENでは必殺技が弱中強で性能が変化し、技数も増えている。
MUGENにおけるゲージ消費技は消費量の割に高性能だが、ゲージ溜め速度がとても遅いのでバランスが取れるようになっている。
他のMUGENキャラと組んだらバランス崩壊は目に見えているが。
しゃがみ動作は本来存在せず、MUGENでは判定が立ち状態とほとんど変わらない。
ゲームにおける会話パートはMUGENで同烈火の炎キャラとの対戦前の特殊イントロに使われている。
ただし、火車丸の変装という形で存在した同キャラ戦の会話はMUGENにはない。
原作ゲームではジャンプの滞空時間が長くフワフワしてたり本体がダメージを受けると飛び道具が消滅したり
個性的な特徴があったが、普通になっている。
ボイスやカットインはGBAゲームのものではなく、アニメ版とPS2ゲーム「烈火の炎 FINAL BURNING」からとっている。

ゲームでは初期プレイヤーキャラとして花菱烈火、石島土門霧沢風子水鏡凍季也小金井薫が、
隠しキャラとして紅麗、煉華(れんげ)、蛭湖、門都(かどつ)が、
CPU専用として永井木蓮(ながいもくれん)、死愚魔(しぐま)、森光蘭(もりこうらん)が登場しており、
そのうちMUGENでは以下の7人が製作されている。



MUGENにおける花菱烈火

性能は波動昇龍タイプ。突進技、瞬間移動技、カウンター技も持っているのでトリッキーな攻め方も可能。
原作ゲームでは五竜しか使えなかったが、八竜全てを搭載している。
流石主人公、技数が半端ない。
対空技の砕羽は空中で中で出すと急降下する。
最強技の合成火竜「崩+虚空」は即死攻撃

出場大会

削除済み
非表示


石島土門


火影忍軍の三枚目要員。詳しくは個別項目「石島土門」を参照。。


霧沢風子


正義感が強く男勝りな男女。詳しくは個別項目「霧沢風子」を参照。



水鏡凍季也(みかがみ ときや)


見た目通りのクールな優等生。烈火よりも1歳上の17歳。詳しくは個別項目「水鏡凍季也」を参照。


小金井薫


見た目通りの素直な元気少年。中学生。詳しくは個別項目「小金井薫」を参照。


紅麗(くれい)


烈火の異母兄(側室の子)。詳しくは個別項目「紅麗」を参照。


蛭湖(ひるこ)


森光蘭率いる裏麗(うらうるは)の幹部・死四天の一人。詳しくは個別項目「蛭湖」を参照。



*1
崩+砕羽+焔群の合成火竜はアニメ版にも登場しているが、そちらでは炎の鎖鎌の刃から無数の弾炎が飛び出すといったものだった。