ナナリー・フレッチ


「炎よ!潰す!」

キャラクター紹介

年齢:19歳
身長:162cm
体重:49kg
一人称:私
声:川上とも子、かかずゆみ(代役)

ナムコのRPG『テイルズ オブ デスティニー2』に登場する主要人物。
どこかのゼロの妹ではない。
主人公のCVが福山潤氏なので思わずニヤリときたり吹いてしまう事もあるだろうが、何、気にすることはない
担当声優は『テイルズオブデスティニー2』では川上とも子氏。
『テイルズオブバーサス』と『テイルズオブザワールド レディアントマイソロジー3』では同氏が休養中だった為、クーラ・ダイアモンド等を演じているかかずゆみ氏が声を担当している。

ホープタウンで狩猟などをして生計を立てている女戦士。10年後の未来で仲間に加わるキャラクターで、「現代(カイル達の時代)」のナナリーは9歳の少女である。
弓に関しては百発百中の技量を持つ。姉御肌で面倒見がよく、パーティー内ではその腕前から料理を担当することが多い。
反面、口数の減らないロニに対してはどうしても素直になれず、暴力的とも言える態度を取ることが多い。
サブミッション系の体術を得意とするが、ロニ以外には(敵にも)使わない。
カイルの見解では、ロニとナナリーは「基本的にロニがナナリーを怒らせているので黙っていればお似合い」とのこと。

過去に弟ルーを亡くしており、救える命を救えなかった自分を責め続ける後悔の念が、今の彼女の面倒見のいい性格を作り上げた。*1
しかし、その弱さを引き摺っている部分もあり、旅の途中で過去と向き合うことになる。
カルバレイス出身である為天上人の子孫に当たるのだが、本人は全く気にしておらず、カイル達もその事を話題にする事はない。
公式サイトでは「軍馬を操る、非アタモニ陣営の女戦士」と紹介されているが、ゲーム本編にそれらの設定は存在しない(取扱説明書では別の紹介文に置き換えられている)。それに初期設定ではレジスタンスの一員である。
恐らく製作途中で設定が大きく変わった名残と思われる。

彼女を一言で表すなら 不遇キャラ
ファミ通の攻略本にて何故か 彼女の存在だけが省かれている という制裁を受け、性能面でも高確率で二軍落ちするほど弱い。
テイルズでの空気王に匹敵する空気キャラとして名高く、関連スレでは空気、もしくは「」(敢えて空欄)で表現されるのがお約束。

何と言っても彼女の武器である弓がD2というゲームに致命的に合っていないのが運の尽き。
2桁、3桁ヒットのコンボが珍しくないという環境の中、ろくに技が繋がらず、単発で削っていくしかないという弓では非常に苦しい。
晶術でも、上級晶術を一応持っているとはいえ最も弱い部類の火と水の属性しか使えず、
上級晶術持ち3人の中で唯一具現結晶を剥奪される(バグを利用すれば強引に使えるが)という仕打ちを受けている。

ただし、初級中級晶術に限って言えば強力なものを持っている上に、「4倍速詠唱」「TP転換」など回転率を大きく上げてくれるエンチャントも備えている。
いっそ弓を捨て術師特化の育成をすると、火力の低さを手数で補うイメージの第三の術師として活躍できなくもない。
命中が低くコンボが満足に繋がらない段階では前衛1人+後衛3人というのは割と選択肢に入ってくるパーティとなる。

だが何故か外部出演の数は多く

『テイルズ オブ ジ アビス』では闘技場でゲスト出演しており、このときの彼女の秘奥義のモーションは一新されているが、北米版では『デスティニー2』と同じである。

『テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー』シリーズでは『1』から出演しているが、『1』のみ戦闘には参加しない。

『テイルズ オブ バーサス』にもヒロインのリアラを差し置いて登場している。
しかも、ポスターにも普通に写っているなど謎の好待遇を受けている。
設定ではハロルドの護衛を勤めており、いいように使われながらも楽しんでいる様子。
+ そんな『バーサス』での性能はというと

また、漫画版ではラグナ遺跡に入ったカイルを待っていたロニのもとに絵本を持ってやってくる。
どうやってここに来た。 (ホープタウンのあるカルバレイスは大陸が違う)というか ルーはどうした。
(以上、wikipediaより転載+加筆)


MUGENにおけるのナナリー・フレッチ

蓬莱氏によるものが存在する。
なりダン3のドットを使ったものでいわゆるちびキャラ
だが弓キャラで弾幕は張れるので遠距離からチクチク攻めるのがいいだろう。
秘奥儀のワイルドギースも搭載済みである。

「当たってないし~」


出場大会

  • 「[大会] [ナナリー・フレッチ]」をタグに含むページは1つもありません。


*1
実は弟のルーはクリア後の世界で助ける事が出来る。
といってもそれで次の周のストーリーが変わる訳でもないのであくまでおまけ要素。



添付ファイル