盟約ランセレ成長サバイバル


結託すればどうということはない

解説

あの大会が帰ってきた!
今大会はで特徴的だったシステムのうちの一つ、
共謀・共闘システムがさらに進化した「 盟約制度 」が採用されている。

ルール

  • 参戦キャラは27作品(連合)から4名ずつの計108名
  • 毎試合ごとにランセレさんに選ばれた8人で4vs4のチームを組んで戦う
  • 成長システムあり(後述)
  • ランセレで選ばれる選手の重複は無し ※前回からの変更点
  • 予選はサバイバル形式で生存人数16人から決勝トーナメントに移行。
    • 予選でチームでの勝利数が8勝に達した場合、無条件で決勝に進出できる。
  • なお、チーム戦に勝利すると、勝利したチームの選手には前回を上回る Life-300 Atk -15 の特別ボーナスが支給される。 やった!
    • もちろんこれも前回同様、副将が頑張りすぎて大将が活躍できなかったりしてもしっかりボーナスは貰える。ニートしてても安心だ! よかったね!

脱落条件

  1. 個人の勝利数に関係なく チームで3敗 する。
  2. Lifeが 0 を下回る。

盟約制度

今大会の根幹をなすシステム。参戦している27作品(連合)は、ランセレによって4作品(連合)ずつ、
6つの同盟同盟をもたない3作品(連合) に分けられる。こうして生まれた同盟が、今作での勝利の鍵を握る。
同盟は脱落者が10名出るたびに一旦破棄され、ランセレによって新しい同盟が結び直されるが、
この時点である1作品(連合)に所属する4名が全員脱落していても、同盟締結の際のランセレには組み込まれたままになる。
つまり後半では、同盟が組まれつつも同盟相手の選手が全員脱落しているため、実質3作品(連合)以下になる同盟も生まれる可能性がある。
  • 同盟による恩恵
    • チーム戦で同盟相手の選手が味方か敵にいる場合、チーム戦勝利時のボーナスを回避出来る。
    • 自作品(連合)の選手1名以上と同盟相手の選手が1名以上、味方か敵にいる場合、その試合で得たステータスが1.3倍される。
    • Life0以下による脱落時のみ、ランセレによって自分の所属する同盟の中から1名を 道連れ にする。
  • 同盟を持たない作品(連合)は?
    • 自作品(連合)の選手が味方に存在した時のみ、チーム戦勝利時のボーナスを回避出来る。
    • 脱落時に 怨恨発動
      • 3敗による脱落の場合、ランセレによって同盟に所属している選手いずれか1名を 道連れ
      • Life0以下による脱落の場合、ランセレによって同盟に所属している選手いずれか2名を 道連れ

成長システムについて

Life→相手KO時のTimeの十の位×一の位×3
Atk→相手KO時のTimeの百の位+十の位+一の位-5

例)Aがある相手をKOした時点のTimeが550だった場合
  Life=5×0×3=0
  Atk =5+5+0-5=+5
Aが1勝止まりで、その後自チームが勝利し、かつ同盟相手の選手が味方にも敵にも存在しない場合、Aの成長は下記の通りとなる。
  Life→1000+0 -300 =700
  Atk→100+5 -15 =90
前提として、初期能力は基本的にLife=1000、Atk=100、Def=100で統一(一部例外あり)。


出場キャラクター

+ ...

関連大会



コメント

+ ネタバレ注意


マイリスト