シャン・ツン



  SHANG TSUNG ~ 尚宗

海外の有名格ゲー『モータルコンバット』の第1作目のラスボス
少林の戒律を破り、魂と引き換えに強大な力を得た破戒僧にして妖術師。
Iでは老人の姿をしていたが、IIでシャオ・カーンより若い肉体を授けられる。
格ゲーでも珍しい変身能力が目立っているが、素の実力やキャラ性能も決して低いわけではない
一貫してシリーズ中でも飛び道具が得意なキャラクターとして扱われている

他者に自由に変身する能力を持ち、ショカン族のゴローと共に長らくモータルコンバットを支配してきた。
シャン・ツンが仕えている魔界の王であるシャオ・カーンによる地球侵略を遂行するため、
魔界と人間界を繋ぐポータルを開く条件となっているモータルコンバットを開催していたが、
主人公のリュウ・カンの手によってゴローが撃破され、自身も倒されるという失態を演じてしまう。
カーンに懇願し、次は魔界へリュウカンらを誘い込むことで一網打尽にしようと目論むも、
またもリュウカンの手によって失敗に終わってしまう。

二度の失敗でカーンからの信頼を失いかけたシャン・ツンであったが、
カーンの亡き妻シンデルを人間界で再生させ、その奪取を名目として人間界へ乗り込むという策を提案する。
これによってカーンは人間界への侵略を開始することができ、シャン・ツンは再びカーンからの信頼を得ることができた。
カーンから得た若い肉体を引っさげ地球の闘士達に戦いを挑むシャン・ツンであったが、やはりここでもリュウカンの手によって計画は阻止されてしまう。
他の闘士達の活躍もあって大きな損害を受けたカーンは、シャン・ツンらと共に失意のまま魔界へと退却することとなる。

+ その後

シリーズを通してめまぐるしく見た目が変わっているキャラクターであり、シャオ・カーンやゴローと並んでシリーズの悪役としての地位を築いている。
劇場版『モータルコンバット』ではケイリー・ヒロユキ・タガワの怪演が話題となった。
ゲームシステムの関係上、3D作品に於いて戦闘中の変身は(MK:DAのGBA版、MK:TE、及びMK:SMを除いて)残念ながらできなくなっているものの、
デモ画面やFATALITYにおいては演出として頻繁に使われており、今尚健在である。

+ 変身についての小話

初代だけだが中々のであり、
地球征服計画を立てるたびにリュウカン達に邪魔され、上司のシャオカーンには叱られるという中間管理職でもある。
+ 『Mortal Kombat9』では


MUGENにおけるシャン・ツン

主にOMEGAPSYCHO氏製作の1+アレンジ仕様のシャン・ツンが有名。
Verは1.0ながら完成度が高い。
任意のキャラクターに変身する「Morph」(和名・邪心胎拳)はもちろんのこと、
前方に炎の骸骨を飛ばす「Flaming Skull」(和名・邪炎波)も遠くから連発すれば強い。
ちなみに「Morph」は原作にも登場しないキャラにも変身する。
AIも搭載されているが、今のAIインフレには若干ついていけない。が、火力が高いのでそこそこ戦ってくれる。
さらにスタートを押すと各キャラの技表が表示されるというおまけ付き。
(そのせいでキャラ容量がかなり多くなっているが)
参考動画

Binho氏製作の手書き2Dドットのシャン・ツンにはAIも製作されている。

juano16氏のMK2仕様のシャン・ツンはdefファイルが分かれており、なんとこれひとつでMK2キャラ全員が使用可能となっている。
ただその分動作が不安定になっているところも多い。

「フハハハハハハ・・・」

出場大会

削除済み
更新停止中

出演ストーリー




添付ファイル