シャン・ツン



  SHANG TSUNG ~ 尚宗

海外の有名格ゲー『モータルコンバット』の第1作目のラスボス
少林の戒律を破り、魂と引き換えに強大な力を得た破戒僧にして妖術師。
『I』では老人の姿をしていたが、『II』でシャオ・カーンより若い肉体を授けられる。
格ゲーでも珍しい変身能力が目立っているが、素の実力やキャラ性能も決して低いわけではない。
一貫してシリーズ中でも飛び道具が得意なキャラクターとして扱われている。

他者に自由に変身する能力を持ち、ショカン族のゴローと共に長らくモータルコンバットを支配してきた。
シャン・ツンが仕えている魔界の王であるシャオ・カーンによる地球侵略を遂行するため、
魔界と人間界を繋ぐポータルを開く条件となっているモータルコンバットを開催していたが、
主人公のリュウ・カンの手によってゴローが撃破され、自身も倒されるという失態を演じてしまう。
カーンに懇願し、次は魔界へリュウカンらを誘い込むことで一網打尽にしようと目論むも、
またもリュウ・カンの手によって失敗に終わってしまう。

二度の失敗でカーンからの信頼を失いかけたシャン・ツンであったが、
カーンの亡き妻シンデルを人間界で再生させ、その奪取を名目として人間界へ乗り込むという策を提案する。
これによってカーンは人間界への侵略を開始することができ、シャン・ツンは再びカーンからの信頼を得ることができた。
カーンから得た若い肉体を引っさげ地球の闘士達に戦いを挑むシャン・ツンであったが、やはりここでもリュウ・カンの手によって計画は阻止されてしまう。
他の闘士達の活躍もあって大きな損害を受けたカーンは、シャン・ツンらと共に失意のまま魔界へと退却することとなる。

+その後
それから暫時潜伏を続けていたシャン・ツンであったが、ある時地獄界の妖術師であるクァン・チーと出会う。
人間界と魔界、そしてひいては他の領域の支配まで視野に入れた二人の妖術師は「死の同盟」(Deadly Alliance)を結成し、
自らの野望の妨げとなるリュウ・カンとシャオ・カーンを暗殺する(実は、暗殺されたカーンはクローンだったのだが)。
(こう書くとこの二人は本編中かEDにて暗殺されたと思うが、実際は二人ともOPで殺害されている
クァン・チーがシノックから強奪したアミュレットによって、二人の力は比べ物にならないほど強大なものとなり、
ライデン率いる人間界の闘士達を次々に葬っていく。残るはライデンのみとなり、
「魂の柱」(Soulnado)にて三人が相対する。ライデンは善戦するも敗北し、ついに二人の勝利が確定する。

しかし、これは終わりではなかった。最後の勝者を決めるべく、シャン・ツンとクァン・チーが互いに同盟を破棄して戦いを始める。
最終的に、アミュレットの力によってパワーを増幅させたクァン・チーがシャン・ツンを倒し、クァン・チーが世界の支配者となるはずであった。
しかしそこへ、復活した「ドラゴン・キング」=オナガが現われる。休眠中に己の軍勢をクァン・チーらによって勝手に使われたことに怒り、
彼らに襲い掛かったのである。最終的にシャン・ツンとライデンも加わってオナガに攻撃を仕掛けるもまったく通用せず、シャン・ツンは消息不明となる。

死亡したかに思われたシャン・ツンであったが、思わぬ人物の手によって再び蘇ることになる。
かつてクァン・チーと共に殺害したはずのシャオ・カーンであった。
ゴローと共に復活したシャン・ツンは再びカーンに仕え、カーンの侵略活動をサポートしていくこととなる。

                         
シリーズを通してめまぐるしく見た目が変わっているキャラクターであり、シャオ・カーンやゴローと並んでシリーズの悪役としての地位を築いている。
劇場版『モータルコンバット』ではケイリー・ヒロユキ・タガワの怪演が話題となった。
ゲームシステムの関係上、3D作品に於いて戦闘中の変身は(MK:DAのGBA版、MK:TE、及びMK:SMを除いて)残念ながらできなくなっているものの、
デモ画面やFATALITYにおいては演出として頻繁に使われており、今尚健在である。

+変身についての小話
アーケード版『II』のサービスメニューの統計ではシャン・ツンのキャラ別の変身回数がカウントされていた。
その中に本作では使用不可能のはずのカノウの名前があった
当時のファンの間では「まさかカノウに変身できる!?」と噂されたが、
実際は開発者の遊び心によるものであった。 変身できるなら最初から使用キャラにしろよとか言われそうだし
『III』にてナイトウルフのフレンドシップでゲスト出演したライデン
「カノウに変身できないけど、ライデンに変身できるよ」と言っていたから間違い無い…と思っていたら、
アーケード版『III』のサービスメニューの統計にて『III』では死亡して登場していないジョニー・ケイジに変身した回数があったり
さすがに前作の件で慣れたファンはこれも開発者のお遊び要素だとわかったようだ(ちなみに墓場ステージではそのケイジの墓があったり)。
ちなみにCD-ROMメディアの場合、変身するたび長いロードが入りゲームが中断される問題がある
そのためかPS版MK3やMKTではオプションでシャン・ツンの変身を制限できるようになっている。

TAS動画では変身しまくって時には画面崩壊に導く変態

初代だけだが中々のであり、
地球征服計画を立てるたびにリュウカン達に邪魔され、上司のシャオカーンには叱られるという中間管理職でもある。
+『Mortal Kombat9』では
ストーリーモードでは『MK1』時点での主催を開いたが、最後、リュウカンに負けてから(『MK2』編以後の)の失墜は激しい。
最後はシンデルの強化の為に・・・哀れ。
プレイヤーキャラとして使え、対戦相手に変身する必殺技を持っている
(ラダーモードの中ボスとして出てきた場合は、『MK1』のように様々なキャラに変身する)。
コンボにも組み込める優秀な飛び道具をいくつも備え、変身中はなんと元のキャラより火力が上がるおまけ付き。
キャラランクこそ上位であるが、変身能力は相手キャラクターの性能を把握しないと当然まともに扱えない
必殺技が変身技以外全て飛び道具(ワープ技どころか突進技もない)なので近接戦では慎重に立ち回る必要がある上級者向けのキャラクター。

ちなみに、本作の究極神拳にはジョーカー(バットマン)に変身し、相手を射殺するものがある。
気付いている人はすぐに解るが、これは『MKVSDC』で共演した時の逆輸入である。
ジョーカーの事、気に入ったんだろうなぁ…


MUGENにおけるシャン・ツン

  • OMEGAPSYCHO氏製作
MK1+アレンジ仕様のシャン・ツン。
Verは1.0ながら完成度が高い。
任意のキャラクターに変身する「Morph」(和名・邪心胎拳)はもちろんのこと、
前方に炎の骸骨を飛ばす「Flaming Skull」(和名・邪炎波)も遠くから連発すれば強い。
ちなみに「Morph」は原作にも登場しないキャラにも変身する。
AIも搭載されているが、今のAIインフレには若干ついていけない。が、火力が高いのでそこそこ戦ってくれる。
さらにスタートを押すと各キャラの技表が表示されるというおまけ付き。
(そのせいでキャラ容量がかなり多くなっているが)
更新により現在はMUGEN1.0以降専用だが、winmugenに対応しているバージョンも引き続き公開中。
参考動画

  • Binho-RJ氏製作
ドラグーンマイト』のラスボス、ドグマスプライトをベースに手描き改変で作られた2Dシャン・ツン。
まだベータ版であり、完成度は70%との事だが動作に支障は無い。
変身能力は通常技や必殺技を繰り出す際に他のキャラへ変身する、という形で再現されている。
5種類の究極神拳も搭載しており、非常にクオリティが高く見ていて楽しいのだが、心なしかやや動作がもっさり気味。
超必殺技はシャン・ツン自身が強力な気弾を発射する一つのみだが、かなりの高火力である。
デフォルトのAIは搭載されていないが、究極神軒氏によるAIが公開されている。

  • juano16氏製作
MK2仕様のシャン・ツン。
MUGE1.0とwinmugenにそれぞれ対応しているものが公開中。
defファイルが分かれており、なんとこれ一つでMK2キャラ全員が使用可能。…中にはちゃっかりこんな人も混ざってるけど。
非常に豪華な仕様だが、その分動作が不安定になっている所も多い。
AIもデフォルトで搭載されているものの、あまり強くはない。

  • MelvanaInChains氏&The_None氏製作
MelvanaInChains氏とThe_None氏の共同製作によるシャン・ツン。
他のシャン・ツン達と比べるとサイズが小さめである。
GENESIS(海外版メガドライブ)版MK3のハックソフト『Ultimate Mortal Kombat Trilogy』のスプライトを使用している。
…らしいのだが、The_None氏恒例のカオスなアレンジが施され、モーコンキャラ以外にも変身して攻撃する。
当て身で何故かホル・ホースが出て来たり、ザ・ムービー版バイソンに変身してヘッドバットをかましたり、
ザ・ムービー版豪鬼に変身して阿修羅閃空で移動したり、謎のオッサンのポートレイトを飛ばしたりとやりたい放題。
発生こそ遅いが元気玉みたいなポーズから画面全体を攻撃する必殺技を繰り出したりもする。
超必殺技の一つでは炎で出来たライデンの様な謎のキャラに変身し、自分の分身を滝のごとく降らせたり自爆したりとこれまたカオス。
AIも搭載されており結構強い。


「フハハハハハハ…」

出場大会

削除済み
更新停止中

出演ストーリー