カンガルー

該当キャラが2名います。
+ 現実のカンガルーについて

カンガルー(リトルマスター)

1995年に徳間書店インターメディアから発売されたシミュレーションRPG『リトルマスター ~虹色の魔石~』に登場するキャラクター。
味方につけられる敵ユニットとして登場している。
見た目は赤いボクサーグローブを腕にはめたカンガルーの姿。
HPはあまり高くないが攻撃力と防御力が高く、クリティカルヒットが出やすい。
また、間接攻撃も可能で、2マス離れたところからジャンプアッパーをかけてくる。
敵だった場合、HPが低くなるとパラライズ攻撃を使ってくるため速攻で倒そう。
上位種に「はいいろカンガルー」「カンガルーチャンプ」がおり、合体の壺で合体させることでこれらやペリカン、コアラ、ウサギ、ドラゴンetcに変化させることができる。

全くの余談だが、このゲーム、ドラゴンやサイクロプスの有名どころのモンスターもいるがコアラはそれらよりも強い。
そして、このゲーム世界での最弱にして最強ユニットは「ネズミ(マウスマン)」である。

MUGENにおけるカンガルー(リトルマスター)

UJI氏によって制作されたものが存在している。
技数は少なめだが接近戦で使える技が多く、暴れ技の「3連しっぽ突き」で牽制していける。
ゲージ消費はあるが「ダッキング」でガードキャンセル出来る為、カウンター効果も高い。
吹っ飛ばし攻撃を受けても空中受け身がとれるため、距離を離されにくいのも長所である。
ただし、飛び道具を持っていないためあまり過信しすぎるのも禁物である。

出場大会




カンガルー(オリジナル)

チャド(ますけんぷくん)氏によるオリジナルキャラクター。
同製作者のゴリラ同様、8bitドット絵風の手描きグラフィックで作られている。

超必を除き飛び道具を持たず、技のリーチが長めのインファイター。
弱中強の3ボタン+スタートボタンの4ボタン式。
コンボがほとんど存在しない代わりに火力が高く、通常技一発でもそれなりのダメージになる。
技も癖がなく、難しい操作や長いコンボが存在しないので初心者にも扱いやすい。

AIはデフォルトで搭載されており、AIのレベルを3段階から、刺し返し反応の制度を0~40の範囲で設定可能。

紹介動画

技名 コマンド 説明
特殊技 ぴょんぴょん start 挑発技。ゲージが100溜まる。
ミリオンブロー 6x+y or x+y 連続パンチをかます投げ技。発生が2F。
6x+yで出した方が投げ間合いが伸びる。
カンガルーキック 4+x+y バックキックをかます投げ技。
ミリオンブローより投げ間合いがやや短い。
必殺技 ぶんぶんストレート 236x(タメ可) ストレートによる突進技。発生は遅め。
溜めるほどダメージが上がり、隙が減る。
ぐるぐるアッパー 236y(タメ可) 突進してアッパーを放つ。発生はかなり遅いが、ダメージは高い。
溜めるほどダメージが上がり、隙が減る。
カンガルーパンチ 236z 無敵対空技。横方向のリーチは短い。
超必殺技 悪魔の仔 236x+y or x+z or y+z 袋から悪魔の様な何かが出てきてパンチを放つ。
ダメージは高く、ダウン状態の相手にも当たる。発生はとても遅い。
魔性の仔 214x+y or x+z or y+z 自身と瓜二つのオプションを出す。
相手にヒットすると相手を拘束する。

出場大会

プレイヤー操作



未分類大会情報

※作品未分類の[カンガルー]タグを使用しているページがある場合はこちらに表示されます。


添付ファイル