山本悪司

アリスソフトが2001年に発売した地域制圧型シミュレーションゲーム『大悪司』の主人公。
CVは松田たろう。髪と一体化した眉毛は血筋の成せる業。
別に魔女審判はしない。

オオサカのヤクザである「わかめ組」の御曹司。父に山本百発、祖父に山本一発を持つ。
父と祖父からヤクザの帝王学をたたき込まれており、武道の腕もかなりの物である。
女を「こます」(大阪弁で「性的に篭絡」する事)スキルもとんでもなく高い。

男性至上主義国家「ニホン」と女性至上主義国家「ウィミィ」との間の太平洋戦争にニホン側として参戦し、
南方の最前線を潜り抜けるも捕虜となり、収容所のババアや現地人相手にこましの腕を振るいどうにか生き延び、
ニホンが敗戦したことで復員してくるが、敗戦の影響であらゆる組織は女性が長とならねばならなくなってしまい、
組はかつての女性幹部らに乗っ取られていた。
自分がオオサカを牛耳るべく、裸一貫から乗っ取りやら抗争やら買収やらに身を投じてゆく。
……というのが原作のおおまかなストーリーである。

原作ゲームにおいては賄賂、拉致、監禁、恐喝、拷問、殺人と様々な悪事を行うが
麻薬の販売だけは利益よりも損害のほうが大きいとの理由で行わない。
敵に対しては非常に冷酷だが身内には優しい面もあり、(プレイヤーの選択次第だが)義理人情に厚いところも見せる。
特に思い人に対する物が顕著で、
ルート次第では苦労して取り戻した組を捨てて堅気になってしまうものから、世界征服を成し遂げてしまうものまで有る。
全ては思い人への愛が成せる業か。
まぁ、物語開始時わかめ組を追い出され行き倒れていたところを助けてくれた恩人たる3人の女性達を、
こまして手下にした上、後に(全員ではないが)娼館に叩き込むと言うド外道ぶりを見せているが。
なお娼館以外はプロローグ部分なので強制イベント。全くの助け損である。
娼館に叩き込むのも「娼館自体を作らない」(資金的に もCG的にも 縛りプレイに近い)以外回避法は無い。
これらは血筋以外にも父と祖父の教育によるところが大きいらしく、
祖父は少年の頃の悪司が近所のガキ大将を叩きのめした褒美に成人女性を情婦として宛がう様な教育をしていたが、
父は優しさを養わせる為に猫を飼わせる等、かなり両極端な育て方をされていた。
本人は百発の息子である前に一発の孫である。と言うように穏健派の父よりはずっとヤクザらしい人間だが、
前述の様に僅かとは言え父の教育も決して無駄ではなかったらしい。


MUGENにおける山本悪司

嘘=美談氏によって制作されたものが存在していた。
現在は2016年のフリーティケットシアター終了によるサイト消滅で入手不可。
原作SLGのユニットの駒ドットを使用しており、技数も非常に少ない。
原作ではその数パターンのドットで充分だったので仕方ないが…。

また、同作者の他の『大悪司』キャラに勝利すると18禁CGが見られる。
動画で使う人は設定を解除しておこう。

出場大会




添付ファイル