ギャオス


「ギャオス?何だい、ソレは」
「ギャオーって鳴くからギャオスだよ」

身長:65メートル(昭和) / 85メートル(平成) / 88メートル(ハイパー) / 30メートル(オリジナル)
体重:25トン(昭和) / 75トン(平成) / 78トン(ハイパー) / 500トン(オリジナル)
翼長:172メートル(昭和) / 185メートル(平成) / 190メートル(ハイパー) / 90メートル(オリジナル)
1967年に大映系にて公開された特撮映画『大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス』で初登場した怪獣
蝙蝠の様な羽を持ち、口から300万サイクルの「超音波メス」を発射して、対象を切断する。
肉食で、特に人間の肉血液を好んで食べる
別名は昭和シリーズでは「超音波怪獣」、平成シリーズでは「超遺伝子獣」となっている。
ガメラの敵となる怪獣では出演回数が最も多く、ガメラのライバル怪獣として推す声も多い。
名前の由来は、昭和シリーズでは劇中で少年が「ギャオー」と鳴くからと名付け、それを防衛軍も採用している。
昭和、平成を通して紫外線や強い光が弱点であり、夜間にしか活動が出来ない。

このギャオスの鳴き声は、後に『帰ってきたウルトラマン』に登場した凶暴怪獣アーストロンの鳴き声に流用されている。
アーストロンはウルトラシリーズでも登場機会が多いので、どちらかというとアーストロンの声というイメージの方が
強い人物も多いのではないだろうか?

昭和シリーズでは第3作目『ガメラ対ギャオス』で初登場。富士山の噴火の影響で復活し、人々や家畜を襲った。
ガメラに海中に引き込まれそうになりつま先を自ら切り離して逃げたが、つま先は再生した。
切り落とされたつま先が後日に異様に縮んでいた事から、日光や紫外線が弱点である事が露呈。
人工血液でギャオスを誘き出し日の出を待つと言う作戦が立てられたが失敗に終わっている(時間稼ぎの方法が笑える内容だが)。
炎も苦手であり、胸部から発する霧で鎮火する能力を持つ。
ガメラはこの霧によって飛行中のジェット噴射が消えてしまい、落下してしまった。
首の部分で背骨が音叉状になっている(劇中の推測では超音波メスを発生させる器官を兼ねているらしい)ため首が回らず、背後は死角となっている。
最後はガメラによって富士山の火口に引きずり込まれて倒された。

また、『ガメラ対大悪獣ギロン』には亜種の宇宙ギャオスが登場。銀色の体で胸に赤い横線が入っている他、日中でも活動している。
しかしギロンに瞬殺されたうえで死体を切り刻まれてしまうという、完全にかませ犬扱いであった。
同映画の映像を流用する形で『宇宙怪獣ガメラ』にも登場している。



「ただの鳥じゃなか! 翼長約15メートル、しかもこいは人ば襲う!」

「“鳥”じゃありません。 羽毛が無く牙がある。 あんな“鳥”はいません!」

平成シリーズでは第1作『ガメラ 大怪獣空中決戦』から登場。
超古代文明による遺伝子操作の結果の産物という設定がなされている。
当初はガメラに比べて遥かに小さく非力だったが、共食いや自己進化を繰り返し、ガメラに対抗するように巨大化。
更に上記の弱点も単に目が弱いだけであり、目に膜を張る事で克服し、昼間でも活動できるようになった。
人工生命体故に染色体があらゆる生物の利点を集約した一対しかなく、性転換による単独無性生殖が可能であり、
上記の画像のように東京タワーに巣を作りそこに卵を産み落とした。

+ あくまで登場人物の推測という形ではあるが

地球環境の乱れによって覚醒し、最初に生き残った三匹は全てガメラによって倒されたものの、
続編の『ガメラ2 レギオン襲来』においてガメラがレギオンを倒す為に「ウルティメイト・プラズマ」を使用し
地球の力であるマナを大量消費、結果的にギャオスが覚醒しやすい状況に陥ってしまった。
その為に『ガメラ3 邪神<イリス>覚醒』では世界中で完全体の「ハイパーギャオス」が出現するようになる。
やがて全てのハイパーギャオスは怨敵ガメラを滅ぼすべく日本へと向かう。
満身創痍ながらも尚戦わんとするガメラ。全戦力を以って対抗しようとする自衛隊
この黙示録の結末は…、未だに語られてはいない。
+ しかし…

また、『ガメラ3』に登場する怪獣のイリスは、ギャオスの突然変異体とも言われている。

+ その他作品でのギャオス


MUGENにおけるギャオス

googoo64氏が2009年12月9日に公開した昭和版のギャオスと、
仮面魔獣氏が2011年9月21日に公開開始した平成版のギャオスが存在している。
googoo64氏の昭和版のギャオスは、技や動きは原作である昭和版ギャオスのイメージをかなり忠実に再現しており、格ゲー離れした性能の狂上位キャラである。
仮面魔獣氏の平成版のギャオスはかなり一般格闘ゲーム寄りの動きと技性能になっており、一般キャラと戦えるようなキャラに仕上がっている。
また、カーベィ氏のギロンでは宇宙ギャオスがストライカーとして搭載されている。

+ googoo64氏製 昭和版ギャオス
+ 仮面魔獣氏製 平成版ギャオス

出場大会

昭和版ギャオス(googoo64氏製作版)
#co
平成版ギャオス(仮面魔獣氏製作版)

出演ストーリー

地球防衛隊「X」 (仮面魔獣氏製作版)
ネクサスまてぃっく(仮面魔獣氏製作版、第7話に登場)