ミスティーク

「チャールズは見た目が普通だから、わたしたちのことはわかんないのよ」

アメリカのマーベルコミックスの人気シリーズ『X-MEN』に登場するヴィラン(悪役)。
1978年に初登場し、以降も人気キャラとして度々登場している。
全身真っ青な肌が特徴的だが、それと目つきが怖いことを除けばかなりの美人さんである。
IGN社のヴィランランキングでも18位という高順位をキープしている。

本名はレイヴン・ダークホルム
国籍や詳しい出自は不明だが、20世紀の初頭からすでに活動していたらしい。
マグニートーの片腕として多くのミュータントを勧誘する立場についた。
パイロを勧誘したり、ローグの親代わりとなったり、セイバートゥースとの間に一児をもうけたり、ナイトクロウラーの実の親だったりと、
多くのキャラクターとも関わっている。
性格もヴィランにしてはかなり面倒見が良い方で、ローグがミズ・マーベルをコピーしたために正義に目覚めX-MENに入ろうとした時も、
プロフェッサーXが洗脳したせいじゃないか と疑って義理の娘を取り戻しに来た。
(これだけ聞くと事実無根の言いがかりだと思うかもしれないが、プロフェッサーなら本当にやりかねないことである
 実際、 後付けされた 後に判明したことだがウルヴァリン教授に洗脳されてX-MEN入りしている)
結局、ローグの意志と幸せを第一に考え、X-MENに託して帰っていった。

能力は、肉体操作による他者のコピー
全身の細胞を操作することで体型や性別や外見を変更することができる。誰かそっくりになることも可能。
ただし、極端に体のサイズが異なる場合は無理だし、能力のコピーまではできない。そのためプラズマライフルなどの武器を用いる。
その一方で服や小物ぐらいなら一緒に作ることができるなど、謎も多い。
最近になってトードをかばって放射線に被曝したために能力がさらに進化し、
翼やかぎ爪、熱感知視覚や生体鎧ぐらいなら作れるようになった。

+ 実写映画版

上記の様に、X-MENのナイトクロウラーの実の親であるのだが、相手方はアザゼルという過去に異次元に追放されたミュータント。
+ 当初に考えられていた設定


MUGENにおけるミスティーク

  • madcook氏制作
まだベータ版であるため技数は少ないが、基本的な動作は一通り積んでいる。
他のキャラクターに変身して攻撃する技が使えるが、現在はサイクロップスビーストコロッサスのみ。
飛び道具を持っていないため、近距離から中距離で戦うと良い。

  • ZVitor氏制作
2010年末に公開されたミスティーク。
こちらはメイン武器が銃となっている。コピー能力はあまり使わないようだ。
簡易AIも搭載しているが、ちょっと弱く感じる。

出場大会




添付ファイル