天楼久那妓

「お前の力を見せてみろ!」


アリスソフトの地域制圧型エロSLG『大番長』の登場人物であり、京堂扇奈と並ぶメインヒロイン。
大番長を題材とした同人格闘ゲーム『BIGBANG BEAT』にも参戦している。

主人公・斬真狼牙の許婚で幼馴染。学園編の途中で狼牙の兄・豪と共に狼牙軍団に合流する。
その時は諸事情により白狼の姿に変化してしまっているが(別に狼人間というわけではない)、
闇崎から奪った「学聖ボタン」で本来の姿を取り戻す。
しかしパワー不足で完全な状態に戻れず、本来より数年ほど幼い姿になる。胸が小さくなったことを狼牙に嘆かれた。
(他のシーンでは「大きかろうが小さかろうが関係ない」といった態度なので、単なる冗談だと思われる。
実際彼女との初××シーンでは真に受けた久那妓にこの発言を撤回し「お前がお前でさえあれば姿が化け物でも抱ける」とまで言った)
まあ小さくなったといっても肉体年齢相応に幼くなっただけであり、
こちらの体でも79のDカップとどっちかといえば巨乳に分類される。
全国編に入るとそれまでの行動によって彼女もしくは扇奈のどちらかが仲間から抜けることになる。

狼牙が色々な女性にどんどん手を出しまくる中、男ならそれくらいの甲斐性が必要であると言う辺り一夫多妻制もOKらしい。
…と言葉では言っているが、夜(定期的に発生するHイベント選択)に彼女を訪問しないと許嫁と言うその立場と隠された過去故に
1人で耐えても狼牙に甘えられない一面が垣間見える。
しかし本作のヒロイン格は合計6人いるので、間違いなく放ったらかしにされることの方が多い。不憫である。

スキルは「超回避」。実はスキル自体には特殊な効果は無いが、彼女の回避力が非常に高く設定されている。
具体的には、もっと後に参戦するキャラでも回避30%程度がほとんどなのに初期値が60%。しかも成長率も高い。
その能力でほとんどの攻撃を回避する事が可能だが、
反撃率(被弾時に攻撃を続行できる確率)が近距離型の割に25とかなり低いため、運悪く攻撃を受けてしまった時が辛い。
ダメージ覚悟で特攻する扇奈とは対極の戦闘スタイルである。
学園編の途中からという加入時期の早さと高い攻撃力・回避力のおかげで、
(上記の理由で離脱しなければ)序盤から終盤までお世話になる。
ゲームシステム上戦いっぱなしというわけにはいかないが、戦う相手を間違えなければほとんど彼女の独壇場である。
(魔族属性の為、魔族の対属性を持っている上に中距離攻撃で命中も高い鬼堂衆とは完全に相性が悪い。
また、 何の嫌がらせか 久那妓ルート限定で戦う敵対勢力・ホーリーフレイムの主力雑魚も同様の性質を持っている)

+ 原作ネタバレ

原作でのイベントシーン(ボイスつき)はこちら

BBBにおける天楼久那妓


原作通り高い機動力を持つスピードキャラ。
担当声優は蒼乃ヰ。

全体的な挙動が素早く、豊富な移動技を備える為全キャラ屈指の機動力を誇る。
小柄ながら爪のエフェクトが伸びる技が多い為、リーチ・判定面においてもトップクラスに当たる高性能。
また地上ダッシュがホバータイプでスピードがある為単純な高速中段による崩しが可能な上に
設置技・表裏を迫る移動技の存在から起き攻めも非常に強力。
さらにワープ技やゲージ消費の無敵技など切り返しも完備と絵に描いたような万能キャラ だが
その代償として全キャラ最低クラスの紙装甲(一応このキャラより柔らかいキャラが2ほどいるが)。

立ち回りコンボ起き攻めと出来ることだけを挙げるなら本当に万能である事は間違いない(強いて言えば最大火力が低い)のだが、
このゲームにおいて最大の問題となる「ゲージ効率の悪さ」という欠点がそれら全ての長所に重く圧し掛かる。
そしていかんせん紙であり、全体的に高火力なキャラばかりなこのゲームでは一回の読み負けやガス欠のリスクが
他のキャラの比ではない為、かなり繊細かつ計画的な立ち回りが要求される。

ある意味BIGBANG BEATというゲームのシステムの影響を最も受けたキャラの一人であると言える。
それ以上にこのゲームの環境の割を食っているという問題もある気もするが。

このキャラのビッグバンブレイク「蒼空の力・解放」は少々変わっていて、
他の技から派生する点は同じだが派生元はBパワーアーツ「忌むべき力・解放」という強化技。
「忌むべき力・解放」は使用するとゲージが減少し続ける代わりに効果中は各種技性能が変化
(爪を使った通常技から炎が出る、ダッシュが高速のランタイプになるなど)する強化技で、
ビッグバンブレイクの「蒼空の力・解放」はこの技の派生で効果時間中久那妓の周囲に攻撃判定を出す
しかし、忌むべき力・解放だけでもゲージがあっという間に消えていく為、
使おうとするなら実質的に後述のエンハンスを3回積まなければ使い物にならない為かなり使い辛い。

エンハンス「蒼き力・集中」はゲージを0.5本増加させる他、3回使うと「忌むべき力・解放」のゲージ消費を低減する。

余談だが、初期は紙防御だが素早い動きに高いゲージ回収率、受身不能時間の長いコンボによって
ずっと久那妓のターン!といった感じでトップクラス(ジョインジョイントキィ的な意味で)のランクに置かれていた。
極端な紙装甲キャラはその評価も極端になりやすいというのは格ゲーの調整における一種のお約束なのだろう。

物凄く聞き取り辛いが まんぼうに対して「か……可愛い……」と反応する特殊イントロがあったりする。可愛い。
さりげない原作ネタだが(大番長にも特定キャラとの戦闘時にこの台詞がある)、本来の対象はまんぼうではない。



MUGENにおける天楼久那妓


原作再現・アレンジ系

+ ゆーり氏
+ kayui uma氏
+ Songfu氏
+ Ina氏
+ ⑨氏
+ kagetsu yuki氏

なお、コメントで呼ばわりされることもあるがデフォではほとんどの製作者の久那妓がlife1000・defence100で、
低いながらも根性値が設定されているためMUGENではBBBと違って紙どころか逆に少し硬い。
どうやらBBBでの性能からMUGENでも紙のイメージが付いて回ってしまったようだ。

凶悪キャラ

+ qwerty氏 天狼
+ 熄癈人氏 羅刹
+ macbeth氏 神代久那妓
また、神キャラ化したものに神速久那妓がいる。
神速の名に相応しく人操作では手に余る代物でもある。


+ また、原作設定上の余談ながら

大会動画でも好成績を残してすっかり常連組となっており、ストーリー動画の出演も少なくない。
腰つきがエロい。
どこを見ている
狼牙もしくは後記の理由で刹那との共演が多い。

+ 大会&動画でのタッグ[※二次ネタ注意]


「その程度か!」



出場大会

+ ...

出演ストーリー

+ ...