モンスターボール

『キミに決めたっ!!』


任天堂の育成RPG『ポケットモンスター』シリーズに登場するアイテム。英名は『Poké Ball』。
赤と白の半球が組み合わさったソフトボール程度のボールであり、ポケモンを持ち運ぶために使う。
(ただし、ゲーム内のフィールド上では他のアイテムのボールと同様、明らかに人間より一回り小さいサイズに描写されている。)
モチーフは『ウルトラセブン』に登場したカプセル怪獣や、子供の頃は夏になると誰もがやったであろう昆虫採集などで、
『ポケットモンスター』というタイトルも当初は『カプセルモンスター』だったのだが、登録商標に引っかかったので現在の名前になったとか。
更に海外で売り出す際、 英語でのポケットモンスターにはとある意味(隠語)があった事から、
今度は『モンスター・イン・マイ・ポケット』という商標に引っかかったので、海外では『ポケモン』が正式名称になっている。

設定では、ポケモンは瀕死になると体を小さくして狭いところに隠れる本能を有しており、それを利用してポケモンを収納する。
ゲーム中でも、モンスターボールが発明される前は「ぼんぐり」という木の実でポケモンを捕獲していたと説明されており、
また、学者がこの習性を発見した際にも「誤って実験で衰弱してしまったオコリザルが、老眼鏡のケースに入った」とのことで、
このことからモンスターボールに限らず、カプセル状のものならばポケモンを収納することは一応は可能のようである。
「この世界にいる不思議な生物ポケットモンスター」という言葉があるようにポケモン世界には一応他の動物もいるらしく、
「ポケモン」の定義がこの習性をもっているかどうかであるようだ。

モンスターボールに収納された状態では、中のポケモンをデータとして転送することも可能である。
ただし手持ちには、6体までしか持ち運べない。
なお、収納中は身長や体重(質量)はもとより、匂いや磁力なども無視される。
そうでなければイワークレアコイルなどはとても持ち歩けない。
ただしアニメ版では、ほのおのうずを受けて熱せられたゴローニャを収納した際、その熱がボールにも伝わって火傷しそうになったり、
サトシのベトベトンがモンスターボール越しでも臭いと感じるほどの強烈な臭いを発している場面がある他、
ポケモンのように狭いところに隠れる本能があるはずのない、おにぎりを収納したこともあった。
漫画作品でもモンスターボール内でピカチュウを充電させておき、繰り出すと同時に10まんボルトを放つという
描写があるが、絶縁グローブをしていなければ帯電したボールを持っていられないと語られている。
また、伝説のポケモンなどが持つ規格外の力はボールに捕獲された時点で大幅に制限される。
そうでなければディアルガやパルキアなどはとても使役できない。
基本的にモンスターボール内は快適な環境に保たれているが、アニメ版のピカチュウなど外にいる方を好むポケモンもいる。

ポケモンを捕獲済みのボールを投げると収納しているポケモンが閃光と共に出現する。
(ちなみにこの後どうやって投げたボールを回収しているのかについては、シリーズ通じての謎と言われる。)
このときの閃光はボールの種類により異なり、第4世代以降では好みにカスタマイズすることもできる。

ゲームでは、ポケモンを捕獲するためのアイテムとして登場し、各地のフレンドリィショップで売っている。
広義にはポケモンを捕まえるボール全てを「モンスターボール」と呼ぶが、狭義にはゲーム中で最も安価に手に入る、
特殊な機能のない赤と白のボールのみを指す。
より捕獲率の高い「スーパーボール」「ハイパーボール」や、特定のポケモンが捕まえやすい、時間が経つほど捕まえやすくなる、
捕まえた後になつきやすくなるなどの上位互換性能を持つボールがあるためゲーム後半では殆ど使用されないが、
第三世代以降はポケモンごとに捕獲に用いたボールの種類が記録されることもあって、捕獲に使用したモンスターボールの種類に拘るプレイヤーもいる。
なお、対戦で使われる伝説のポケモンなど卵孵化が出来ないポケモンの入っているボールは、効率から「ダークボール」「タイマーボール」などの捕獲倍率が高いボールが使われ、出会っても即逃げられる通称徘徊系と呼ばれる伝説のポケモンは必ず捕まえられる「マスターボール」であることが多い。
また狭義の「モンスターボール」はタマゴから孵ったポケモンが収められているボールとして固定であるため、
「アイテムとして所持や使用はしなくとも、やりこみでの対戦で一番見かけるボール」となっている。

また、第4世代(DS時代)にできたポケモンのわざの「なげつける」で
「ポケモンがモンスターボールをポケモンに投げる」ということができそうだが、使用しても失敗するだけとなっている。

捕まえられるのは野生ポケモンのみであり、トレーナーが所持する(既にモンスターボールで捕まえられている)ポケモンに
投げつけても相手トレーナーに弾かれて「ひとのものをとったら どろぼう!」と怒られてしまう。
またアニメなどでは相手トレーナー不在の状態でも捕獲済みポケモンを他の人間が捕まえることはできず、
ポケモンやボールそのものにプロテクトがかかっているような描写がある。
ただし『ポケモンコロシアム』『ポケモンXD』では、敵トレーナーからポケモンを奪って捕獲する行為「スナッチ」が
ゲームシステム上特例として認められている。
主人公が腕に装着している「スナッチマシン」を使うことで手に握った空のボールのプロテクトを外して「スナッチボール」を作り、
トレーナー所持のポケモンを野生ポケモンと同じ要領で捕獲することができる。
無論いつでも使っていいわけではなく、悪の組織の手で心を閉ざし戦闘兵器にされてしまった「ダークポケモン」を救出する場合以外には
使えないようになっており、作中でも本来は違法なシステムであることが臭わされている。
またボールのプロテクト破りとしては、第6世代において悪の科学者の発明した強化スーツの機能のひとつとして、
他人のポケモン入りのボールにコンピュータウィルスを注入することで中のポケモンを制御し、
さらにそのポケモン自身の力をも引き上げる「ボールジャック」の機能が登場している。
このスーツは本編クリア後のイベントで敵としてのみの登場であり扱いは大きくはないが、非常に恐ろしい機能である。

以上のような設定があるが、ゲーム本編ではあまり多くが語られないため、メディアごとに微妙に解釈や描写が異なる部分がある。
例えば分割線の中央にスイッチが付いているが、これが何なのかは実はゲーム中では明言されていない。
アニメではこのスイッチを押すとゴルフボール大から手のひら大にまで拡大する機能があり、
ポケモンをボールに戻すときはここから赤色の誘導ビームが発射される仕組みになっている。
漫画作品ではここが開閉スイッチとなっていて、破壊されるとボール自体を物理的に壊さない限り
中のポケモンが出せなくなってしまうとされているものもある。
ポケモンのボールへの戻し方も光の玉になっていつのまにかボールに収まっていたり、
捕獲時と同じように投げつける場合などもあり、統一された設定は存在しないようだ。
また構造もこれといって統一されているわけではなく、アニメでは上半分と下半分は後ろ側のヒンジで繋がっているが、
漫画や一部のゲームでは真っ二つに割れてポケモンを捕獲したり、中のポケモンが出現するような演出となっていることがある。
+ 無粋に、ブラックに見ると

このモンスターボールを模ったデザインはゲーム中でも「ポケモンに関わる物事」のシンボルとして随所に登場する。
前述のような利便性や現実と比べてほぼ唯一のオーバーテクノロジーであることから見ても、
このモンスターボールがあるからこそポケモンというゲームの世界観が成立していると言っても過言ではないのだ。


大乱闘スマッシュブラザーズシリーズにおけるモンスターボール

初代からアイテム扱いで参戦。
近づいてAボタンで持ってもう一度Aを押すと投げることができ、これが相手に当たると若干のダメージを与える。
が、このアイテムの本領はその後で、投げて地面に落ちたモンスターボールからストライカーとしてポケモンが出てきて、何らかの技を使う。
出てくるポケモンの種類と効果は作品ごとにいろいろ違うが、原則的に以下のようなルールがある。
  • ボールを投げたキャラは出てきたポケモンの攻撃を受けない(例外:マルマインのだいばくはつ、ソーナンスのカウンターなど。)
  • 出てきたポケモンは基本的に無敵で攻撃を当てられない(例外:ラッキーなど、攻撃を受けると吹っ飛ぶ物もいる)
  • 出てきたポケモンは一定時間で消滅する
ちなみにXでは、似たような効果だがストライカーがポケモン以外で、拾うと自動で使用する「アシストフィギュア」なるアイテムも登場している。

ランダム性やバリエーションの多さが楽しいアイテムだが膨大な量のボールを一度にまとめて使用した場合、異常な同時ヒットなどに本体の処理能力が付いて行けずフリーズする事もあったりした。
DXまでは同時出現数に上限は無かったためこういう無茶もできた訳だが、オンライン対戦対応のXではフリーズ予防として画面内に3個までの上限が設けられている。

for3DS/WiiUでは新たにマスターボールが登場し、伝説or準伝説のポケモンが当たり前のように出てくるが、たまにモンスターボール同様、はねるしか使わないトサキントも出てくる。


MUGENにおけるモンスターボール

MUGENキャラとして、googoo64氏が制作したものが存在している。
勿論ボール本体に戦闘能力はないので、中からポケモンを召喚して攻撃させる技しかない。
ただ、その種類は半端ではなく、通常技と必殺技を合わせてなんとびっくり 85種類
ピカチュウやプリンのような可愛いものから、レックウザやギラティナのようなヤバいものまで一通りいる。
技性能を覚えるだけでも一苦労なので、自分に合った技を使っていくのが一番良いだろう。

任天堂キャラのAIに定評のある五右衛門氏による外部AIも存在する。

出場大会




添付ファイル