ヤダモン

「ティラクル・ラミカル・レルラミルー!」


1992年8月24日から1993年7月16日にかけてNHKで放送されたアニメ「ヤダモン」に登場する女の子。
悪戯が過ぎたために、母親である魔女の女王から人間界へ修行の旅へ出された魔女っ子が人間界でのふれあいと事件を経て成長を見せて行くお話。
声優は女史。
対象は幼児向けであるものの、深いテーマ性を持った物語や印象的なキャラクターから根強いファンがいる作品でもある。

+ 混同注意

作品は一回10分程度の1週間5話を基本として、一つのエピソードを幾人かの視点から並行的に展開された。全170話。
キャラクターデザインを原画家やイラストレーターとして有名な飯田史雄氏がSUEZEN名義で務めている。
前半は居候しているルブラン家や周囲の面々との関わり合いや日常が主に描かれ、
後半では魔女キラの魔界人間界を巻き込んだ大きな陰謀を中心としたシリアスなストーリーが主となる。

当時の人気歌手グループであったLINDBERGをOPに起用し、話題となった。

人間で言うと5歳相当とされ、メンタリティも5歳らしくいたずら好きでわがままだが、元気いっぱいで純粋。
ドーナツとアイスクリームが大好物。
物語当初から周囲の人間に魔女である事を公言してはいるものの、誰からも信じてもらえず、周囲がその事実に気付くのは終盤である。

魔女の女王の子でありながら、当初は満月の夜にのみ箒(人間界では掃除機)で飛行が出来るだけだったが、物語中で成長していくつかの魔法も使えるようになった。
なお、まだ未熟で力が発現していないだけであり、潜在的魔力は母である女王をも上回るという描写が作品中でも成されている。

魔法の呪文は「ティラクル・ラミカル・レルラミルー」
魔法を使う時は髪が広がり蝶の翅のようになる 。これは魔女毎に色、形は異なっている。ヤダモンと女王の翅のデザインモチーフはアゲハチョウ。
ただし、高位の魔力を持つ女王やキラなどは呪文を用いずに魔法を扱い、ヘアースタイルを変化させるのも本気の時だけなので呪文を唱える必然性はないらしい。
ちなみにSUEZEN氏執筆のコミック版では女王も魔法を使う時に大きく髪を広げているが、アニメ本編ではこういった描写はない。
これは、EDやDVD特典OPで見れる女王の翅は大きさも鮮やかさも子どもであるヤダモンの比ではなく、作画上の都合で設定が変更されたためである。


連れているぬいぐるみの名前はタイモン。魔界で魔女達の森の隣にある妖精の森の王子であり、時を操る妖精。
ヤダモンを守るために人間界についてきた。
人間界に来る時に、理由あって父である妖精王からぬいぐるみの姿に変えられている。
時間を操れるのは一定の間だけであり、本人も終わった後は相当疲れるようだが、作中ではヤダモンに(いろんな意味で)振り回されていた。


MUGENでは

元々はKFAのキャラとしてすぺがに氏により製作されたものを、
「無限小学校」の伊吹川氏によりMUGENに移植されたものが公開されている。一応ヤダモソ。
動作は元々のゲームよりやや簡略化されてはいるが、オリジナル技もあり扱い易く仕上がっている。

技はショーンを基本ベースにされている。

体型は小柄でリーチも短いが、その分小回りが利き前後のダッシュがかなり速い上に、突進技や相手に飛び込む手段は割と豊富。
中段などの崩しも豊富なので接近戦を挑むのが吉。反面ジャンプはティッシュで距離も短い。
無敵がやや少ないのが難点だがEX版必殺技や超必で充分カバー可能。どんどん飛び込んで敵を揺さぶっていこう。

+ 簡単な技性能解説

以前は最弱女王を争ったりするレベルだったものの、更新によりkataupa氏によるAIが付いた。
アバレッタに勝てるレベルを目標にしたというだけあって、非常に手強い。
機動力を活かし相手を画面端に追い込んでからガンガン中下段投げの揺さぶりをかけ、ゲージ技を狙ってくる。

如何せん15年以上前の作品であるので、ニコニコでの知名度は低い。
が、秘めたポテンシャルはかなりのものがあり強力なAIも付いたので大会などでも活躍が望めるはず。

+ 大会ネタバレ

出場大会

削除済み
更新停止中



添付ファイル