ハナチャン


TVアニメ『おじゃ魔女ドレミ』シリーズに登場する魔女…ではなく(一応こっちのハナちゃんもpripriman氏の手描きでMUGEN入りしている)、
世界一人気のテレビゲーム、『スーパーマリオ』シリーズに登場するイモムシ
初登場は『スーパーマリオワールド』。

横幅が広く、飛び越えるのは面倒。
のんびり歩いているが、頭を踏んづけると頭の花が取れて、全身真っ赤になって怒り出し、走りまくる。
倒すにはコウラなどの投擲物かマントが必要。

その後数多くの作品に出演しているが、ほとんどで「花がなくなって怒り出す」キャラとして登場する。
『ヨッシーアイランド』では成虫(蛾)のハナチャンが、『スーパーマリオ64』からは巨大なハナチャンが登場。『マリオWii』でも狭い通路に現れて進行を妨げたり、従来のハナチャンと違って踏んでも花が取れないため、毒沼を渡る足場に使うなど出番は多い
『スーパーマリオサンシャイン』ではハナチャンの幼体、或いは亜種と思われる「ポイハナ」「チュウハナ」が、
『Newスーパーマリオブラザーズ』では小さく弱い「わかばちゃん」が登場。
『スーパーマリオRPG』では「踏みつけられる敵シンボル」という特殊仕様となっており、頭を10回連続で踏むとレアなコインが出る。
一応公式でおすすめの敵という事になっている(3回連続踏むだけで出る別の敵も居るが…)。

『マリオテニスGC』ではまさかのプレイヤー参戦。長い胴体による守りが強く、上記の怒りや成虫といった要素も取り入れられている
(しかし防御向けスペシャルショットの名前は「バタフライレシーブ」…蝶なのか蛾なのかどちらなのだろう)。
『ファミリーベースボール』にもパワーが高く足も比較的速いという攻撃向けの性能で登場、パワーを溜めた際に怒るのが特徴。
また『マリオカートWii』で一度ボツになった後『マリオカート7』に準重量級として参戦した、クラッシュするとやはり怒る。

なお胴体の節の数が作品によってまちまちである、パーティーゲームなど人間サイズでの出演では手足計8本という場合が多い。

外部出演ではイモムシつながりでコロコロコミックの「ワールド」漫画では頭にブラックパックンを植えられてバトラになったり、
コミックボンボンの「64」漫画でモスラレオの技を使ったり、「ヨッシーストーリー」では花の代わりにキノコが生えたケムちゃんという緑色のケムシの派生種も登場している。

MUGENにおけるハナチャン


MUGENでは、googoo64氏のマリオワールドのグラフィックを用いて製作されているハナチャンが存在する。
常に攻撃判定が出ており、放っておいても勝手に攻撃する…というか、ほぼ攻撃を指示することは出来ない。
技は方向転換、頭の花を飛ばして攻撃怒りモード分身のみ。
ラウンド開始前からフライングで攻撃を始め、止まることを知らない。
ゲージがある限り無限に分身を作り出し、相手を削り殺してしまう。
分身は自分が倒れても攻撃を止めないので、1体分身作ったら実質勝ちに等しい。


出場大会




添付ファイル