うちはイタチ


「…愚かなる弟よ… このオレを殺したくば、恨め!憎め!
そしていつかオレと同じ ”眼” を持って、オレの前に来い…」

『週刊少年ジャンプ』連載のスーパー忍者漫画「NARUTO」に登場するキャラクター。
一人一人が常識外れの力を持った抜け忍たちで構成された組織「あかつき)」のメンバーの一人であり、
主人公のうずまきナルトの友でありライバルでもある、うちはサスケの実の兄。
モチーフというわけでもなく、名前が何でよりによって「いたち」なのかは不明。
担当声優は石川英郎氏。

プロフィール

一部の術を除いたあらゆる体術・忍術・幻術の性質を見破り、視認した技を(自分の技量の範囲で)コピーする事ができる眼「写輪眼」を持つうちは一族の中でも一際優秀な人物であり、
わずか8歳で写輪眼を開眼させた天才である。
特に手裏剣術や幻術を得意とする。
13歳の時には暗部の部隊長になり、木の葉の里の平和のために働いていた。
人格面においても良くできた人物であり、サスケにとっては自慢の兄であった。

しかしいつからか不穏な行動が多くなり、ある日突如としてサスケ以外のうちは一族を皆殺しにし、自分への憎しみを植え付けた後、どこへともなく姿を消した。

その後、三代目火影が大蛇丸との戦いで死んだ後に、暁の一員としてナルトの九尾の力を狙って突如姿を現す。
以前のような心優しい兄ではなく、いかなる時にも表情をまったく変えない冷徹な性格へと変化していた。

そして木の葉の里を裏切って抜け忍となり大蛇丸を吸収したサスケと、うちはのアジトでついに対決。
長いうちはの歴史の中でも数人しか持っていなかった「万華鏡写輪眼」を開眼しており、
そしていずれサスケが万華鏡写輪眼を手に入れて復讐しにきた際にその眼を奪い、
自分の万華鏡写輪眼を完全なものにするという野望のためにわざとサスケを見逃した事を明かし、
限界が来始めていた自分の眼の代わりに弟の眼を奪おうと壮絶な戦いを繰り広げ、
サスケを追い詰めるが、後一歩で眼を奪えるという所で絶命した。

+ イタチは犠牲になったのだ…(ネタばれ注意)
+ 万華鏡写輪眼の術
+ サスケェ!!

MUGENにおけるうちはイタチ


海外のAnjel氏が制作。いわゆるちびキャラであり声も付いている。
アップデート前と後の二種類があり、前の方は体術とクナイ投げで攻め、
ゲージが溜まると月読と天照を放ってくる。
月読は一定時間相手の速度を遅くさせることが可能。
天照は相手を吹っ飛ばした後に、地面に着地しようとする相手に使用することが多い。

後のほうは投げ武器の選択可、技追加、エフェクト追加、ヒット音変更、AI搭載など殆ど別物といってよい。
瞬間移動と多彩な飛び道具で相手を翻弄し、攻撃を受けると変わり身の術で分身と入れ替わって
相手の後ろに回りこみ、分身と共に怒涛の攻めを見せてくれる。
相手を分身で挟み込んで一方的に倒すことも多く、さらに攻撃の削り性能がかなり高いので
ガードしていてもライフをどんどん削られてしまい倒されてしまう。
凶キャラですら隙を突かれれば数の暴力でアッという間に倒されることも…
月読と天照はあまり使用しなくなった。

また現在はフリーティケットシアター終了によるリンク切れで入手不可だがドロウィン氏も手書きで作成。
こちらはアニメ初登場時のイタチをイメージしてあり、「ナルティメットヒーロー」シリーズを一部参考にしている。
超必殺技ではストライカーとして相棒の干柿鬼鮫を呼ぶことが可能。
氏制作のナルトと特殊演出があったりと隠し要素もけっこう多い。

出場大会