竹中半兵衛

+史実における竹中半兵衛
竹中重治(たけなか しげはる、天文13年(1544年) ~天正7年6月13日(1579年7月6日))

戦国時代後期から安土桃山時代にかけて活躍した、戦国時代有数の智将。「半兵衛」は通称。
羽柴秀吉の参謀として才能を発揮し、織田信長の勢力拡大に貢献。
その優れた智謀は中国の軍師・陳平や諸葛孔明、南北朝時代の名将・楠木正成になぞらえて称えられた。

美濃の土岐氏・斎藤氏に仕えた竹中重元の子として生まれ、永禄3年(1560年)に父の死によって家督を継ぐ。
斎藤義龍の下で再三に渡り織田信長の侵攻を防ぐも、義龍の跡を継いだ龍興に疎んじられ、次第に家臣内での孤立を深めると、
永禄7年(1564年)にわずか十数名の手勢で龍興の本拠・稲葉山城を占拠するという手品のような事件を起こす。
その後龍興に城を返還して美濃を去り、浅井長政の客分として北近江に招かれるが、
これも1年足らずで辞去し、浪人として隠遁生活を送る。

永禄10年(1567年)に信長の侵攻により美濃斎藤家が滅亡すると、秀吉の勧誘を受けて織田家に加入。
以降、秀吉の側近的な立場となり、浅井家臣の調略、姉川の戦い、中国攻め、長篠の戦いなどで功績を挙げる。
播磨にて別所長治の謀反鎮圧の際に肺病を患い、養生を勧めた秀吉を押し切って参陣を続けた末、
三木城の包囲中に36歳で死去したとされる。

信憑性の高い資料が乏しいため謎の多い人物だが、江戸時代の講談などを経て天才軍師としてのイメージが定着。
「その容貌、婦人の如し」と評される痩身で物静かな人物であったとされ、
他人の前では何も知らない風を装い、裏で大胆な戦術を成功させる姿が「知らぬ顔の半兵衛」として今に伝わる。
秀吉が山中に隠居していた半兵衛のもとを七度も訪れて説得したという逸話も有名だが、これは「三顧の礼」を模した創作である可能性が高い。
なお後世、黒田孝高(官兵衛)と並ぶ「両兵衛」、「二兵衛」と呼ばれるが、
史実において官兵衛と共に秀吉に仕えたのは、播磨攻めの短期間のみである。

「待つのは嫌いなんだ。早く決めてくれないか?

  豊臣に従うか…ここで朽ち果てるか!」


戦国BASARA』シリーズに登場するキャラクター。『2』以降から登場。
二つ名は「 蒼烈瞬躙 」。担当声優は石田彰氏。
ファンからは「ハンベ」「パピヨン」「竹の子ハンバーグ」「変態仮面」等の多種多様な愛称で呼ばれている。
ニコニコ動画では別作品の同一人物の方が有名なため、そっちの半兵衛の呼び名(フィッシュ竹中)で呼ばれることも。
病人で色白で痩せているが「もやし」とは呼ばれない。
また秀吉への異常なまでの執着に加えて『エヴァンゲリオン』渚カヲルや『未来日記』秋瀬或 (あきせある)など別作品で石田氏が演じた銀髪キャラ達の影響で"CV石田の三大銀髪ガチホモ"と呼ばれ、アニメ版第二期の放送時も前記した二名のように"最期は首を切断されるんじゃ…"と冗談交じりでささやかれていたが
小十郎に敗北し崖から転落、死体の描写はなかった。
FF9』のクジャも『ディシディア ファイナルファンタジー』で石田氏が声を担当したことで彼も加わり"CV石田の銀髪ガチホモ四天王"となった。

豊臣秀吉の親友であり、豊臣軍最高の軍師。
穏やかな口調と優雅な態度の内に冷徹な意志を秘めており、基本的に他者を見下す言動が多い。
また味方の兵には、飴と鞭を使い分けるような言動を取る。
蝶のような仮面を付けており、怪盗もしくは一昔前のヒーローを髣髴とさせる、
東西の洋を間違えてしまったかのようなそのルックスは、『BASARA』内でも異彩を放つ。
ニュートラルポーズはオーケストラの指揮者を意識しているらしく、技名もどことなく音楽用語風。
誰よりも秀吉に心酔しており、秀吉を侮辱した者に対しては怒りのあまり口調と態度が乱暴になる
秀吉の心の内(思想)を理解できない慶次のことを嫌悪しており、嫉妬に近い感情も有って彼を秀吉に近づけることを何よりも拒む。
同様に、慶次をそんな男に育てた利家とまつにも不快感を抱いている。
ただしアニメや3の慶次ストーリーの描写によると、どうやら昔は秀吉も含めて三人で仲良くつるんでいたらしく、秀吉が松永久秀に敗北する前までは普通に友人同士だったようである。
目上の相手には「○○殿」という風に呼ぶが、慶次や政宗などの見た目が若い相手や目下の相手は君付けで呼ぶ。

巧みな話術で相手の動揺を誘う戦法を得意とし、戦闘中でも余裕で言葉を紡ぐ。
しかし一方で苦手としているキャラクターも多く、特に松永久秀とは「自分の弱さに気づかされるからあまり話したくない」とまで言っている。
また、片倉小十郎にはアニメや漫画にて自ら赴き豊臣軍への勧誘を行うなどかなりの高評価をしており、お互いに似た立場にいるからか、ライバル関係に立つことも多い。
史実において稲葉山城をわずかな手勢で陥落させた事実から、同名の城を居城として持つ。
ゲーム中、突然「一夜城出現!」と表示され、いきなり地面からボコボコと城が湧き出る様は壮観。
また、兵器に関しても興味があるようで、大阪城に仁王車、稲葉山城にも木騎を設置している。
ザビー長曾我部元親同様、本多忠勝を手に入れる為に家康を誘拐したこともある。

夭折した史実と同じく病(おそらく肺結核*1)を患っており余命幾許もなく、
時折血を吐きながらも残されたわずかな時間で、秀吉のために最強の軍団を作るために戦う。
それは彼と秀吉にとっての「夢」であるらしい。
この病気は周囲にはひた隠しており、心配をかけさせたくないためか秀吉にも知らせていない。
いわゆるBASARAにおけるではあるのだが、
血を吐いたり「僕には無駄な時間などないんだ……」などと事あるごとに口にしつつも、
何だかんだで豊臣軍のストーリーなどでは毎回最後まで生き残る為、
「半兵衛は絶対死なない」「死ぬ死ぬ詐欺」などと言われていたが、
『3』では秀吉が世界進出する直前、家康が謀反を起こす前に病に倒れ、死亡したという設定になっている。

以上の様に、秀吉よりもギャグ要素のない超マトモキャラ(見た目以外は)の為地味扱いされがちだが、
慶次、秀吉、半兵衛の地味トリオの中では比較的キャラが立ち目立っている方なのでファングッズ等もよく出る。
慶次を差し置けるかは微妙だが、秀吉は大体差し置いている。

ゲームでは伸縮自在の関節剣のように操り、
相手を引き寄せたり、空中に上げて切り刻むといった華麗な戦い方をする。
固有技名は「ささやくように」「甘く柔らかに」など、かなり独特。
お楽しみ武器は国旗。名前は「万国の象徴」。
病人なためか、体力がどんどん減っていく技や固有アイテムを持つ。

『3』に登場する石田三成は秀吉に心酔している細身で白髪(銀髪?)の剣士で、
相方の大谷吉継は仮面をつけた病人であり、この2人の見た目や性格などに半兵衛との共通点が多く見られる他、
石田三成の固有技には半兵衛のものと似た技がある。
ちなみに二人とも闇属性

『4』では秀吉共々プレイヤー武将として 蘇り 復帰。
戦闘スタイルはボタン長押しの有無によって素早い剣攻撃と範囲の広い鞭攻撃を使い分けるという形式に進化した。
鞭攻撃はかなりの攻撃範囲を誇る半面、剣攻撃よりも隙が大きい上に威力が半減してしまうデメリットがあり、使い分けが肝心。
また、何だかんだで生還することが多かった『2』と異なり、登場するルートでは高確率で死んでしまう。

彼のテーマ曲はシリーズでもトップクラスの人気を誇り、PS2版BASARAXでの因幡山城ステージBGMはアレンジ版が使用されている。
『4』版では壮大かつ音も大幅に増したアレンジが施された。
原曲
X版アレンジ
『4』アレンジ

(以上、wikipediaより転載&加筆)

ちなみに、戦国BASARAで毛利元就が「オクラ」呼ばわりされる原因となった兜は、史実で半兵衛が実際に被っていた物である。
更に、彼の命日は元就と同じ日(没年は違うけど)だったりする。

+余談

戦国BASARAXでの性能

アーケードでは秀吉の援軍としてのみ登場していたが、家庭用で片倉小十郎と共に追加プレイヤーキャラとして登場。
リーチの長い関節剣で相手を引き寄せたり空中に打ち上げる戦い方が特徴。
BASARAキャラは援軍がいないと大したコンボができないキャラが多い中、一人でもコンボがしやすいように作られている。
そのため単体での火力・固めは非常に強力である。
一撃BASARA技は空中でも出せるため、空中即死コンボを出すことができる。
しかし、技のリーチも長く、火力も高いが、
お市以上に体力が低いのと、自己ダメージ有りの必殺技で死ぬことが一番の弱点。
どれくらいかというと、他のキャラと比べて被ダメが約1.5倍
異常に体力の減らないゲームとして名高いBASARAXにおいてあまりにも当たり前に死ぬ。
病人だからしょうがない
その上、派生20F・無敵14Fという意味不明な性能のガーキャンなど
切り返しも乏しく、秀吉の援軍をやっている時に相手を恐怖のどん底に陥れる対空援軍アタックを、
半兵衛本人は昇龍技として使用することができない。
また永久も秀吉同様に『基本3種目』を制覇し、特に『フルマラソン』の火力は目を見張る物があるものの
宇宙旅行は家庭用の天井がない仕様のせいで必ず途中で落としてしまい永久にならず
横とびやマラソンも現状では援軍レベル100限定で半兵衛の紙装甲と秀吉の援軍レベル上昇が最遅なことを考えると
実戦で決めることは難しく、事実上永久を持ってないという厳しい状態であった。
しかし、ガチ勢の研究の成果によって宇宙旅行を完走するコンボが発見され
やろうと思えば一人で宇宙旅行にまで行けるようになり永久の問題は解決している。
家庭用キャラのため研究は進んではいないが、 「火力はガチ、でも紙すぎて弱キャラ」 との見方が強い。

レシピを調整して宇宙に滞在した例

「半兵衛…我はお前を信じておるぞ」

援軍は「烈界武帝」、豊臣秀吉
気で相手を吹き飛ばす「威風万丈」で攻撃。
援軍レベルが上がることで突進攻撃のリーチが伸び、
50以上になると援軍ボタンタメ押しでガードブレイクが付加。
100ではタメ押しでガード不能になり、突進距離が伸びる。
対空援軍アタックでは使用キャラの時は使わないゴリラ昇龍拳(正確には虎砲っぽい)を繰り出す。
BASARA技「闇に包まれて」の2撃目に呼ぶと援軍アシストになり、
相手を腕一本で持ち上げるどこかで見たことあるポーズで相手を捕まえ、そこに半兵衛が斬撃の雨を降らせる。
援軍要請時間が全キャラ中最遅なのが痛いところ。


MUGENにおける竹中半兵衛

  • 五右衛門氏製作
まだβ版とのことでAIは未搭載である。4月29日の更新で援軍以外の全ての技が搭載された。
サイト移転に伴い公開停止された模様(旧サイトにはリンクが残っているように見えるが、リンク切れしている)。
同氏作の信長同様、サンドバッグとしてトレーニングモードで使うと後ろに回り込んだ際に振り返らないバグがある。

  • 月砂氏製作
「永久とかバグを無くしたBASARAXを想定」しアレンジされたもの。
同氏作の慶次同様、援軍は搭載されていない。
原作の闇属性の攻撃を再現し、関節剣による攻撃で「闇玉」が出てくる事があり、それに触れる事で体力を少し回復し、低いDEFを補える。
AIは未搭載だが、QAZ氏によるAIパッチが公開されている。
Lifeend氏によりAI修正パッチが代理公開されている。

「それでも君には見えない…この世の闇の全てはね…」



出場大会

出演ストーリー


*1
余談ではあるが、この肺結核で喀血するのは末期段階。
つまり喀血するほど症状が進行していたら戦うどころか、日常生活を過ごす事すら困難である。
まぁMUGENに限らずフィクション世界では病人が数多く居るがそんな事を気にせず戦っている連中が多いので今更だが。