ゴールドライタン


「さあ来い!」

1981年から放送されたタツノコプロ制作のアニメ『黄金戦士ゴールドライタン』の主役ロボット。
声優は格ゲー界隈ではスカロマニアなども演じている二又一成氏。
悪魔六騎士の一人では断じてない。
+ というか…

メカ次元という異次元世界から三次元世界に堕ちた反逆者イバルダ大王を追ってきたメカニズム(ロボット生命体)の戦士で、
ひょんなことから出会った(というより拾われた)少年・大海ヒロシ(通称ヒロ)と、
彼率いる少年少女グループ・わんぱくレンジャー達や同胞であるライタン軍団と協力しながら、イバルダ大王の配下たちに立ち向かっていく。
ちなみにロボ物ではなかった初期案では『わんぱく戦隊アバレンジャー』だったらしい。

名前と外見からも分かるとおり、ジッポーライターがモデルモチーフになっている
金色の四角いライターに変形し、普段は普通のそれと同じサイズだが、
イバルダ配下のメカディメンションロボと戦う際にはレインボーロードという異次元空間を通り、全長30m・体重200tに巨大化する。
所謂巨大ロボット(メカ)アニメだが戦いに殆ど飛び道具は使わず、基本的に肉弾戦のみで戦うのが特徴で、
当然ゴールドライタンも武器は持っておらず、徒手空拳(というか空手)で戦う。男なら拳一つで勝負せんかい!
必殺技は、単一分子と化した貫手で敵を貫きコア部を破壊する「ゴールドクラッシュ」。
これは手そのものが単分子構造になるため、分子は砕けない=それ以上堅い物が無いので防御が不可能というトンでもない技である。
(SFガジェットとしては比較的古典的なネタ(よくあるのが単分子ナイフと単分子ワイヤー)であり、他作品ではこの辺りで使用されている)
体の中身が空洞というのは言ってはいけない。最終回で敵に内臓食われてたし。

実はただの戦士ではなく、メカ次元を治めるメカ次元最高コンピュータ「ビッグアイ」によって作られた次のメカ次元最高コンピュータである。
最終回で明かされるまでこの事実を知っていたのはビッグアイとゴールドライタン本人のみであった。

作画のクオリティが高くとにかく(悪い意味でも)よく動くアニメで、
同時に発売された「超合金ゴールドライタン」シリーズはアニメ通り変形するだけでなく
高級ライターばりにダイヤモンドカットとメッキが施された美しく重厚な仕上がりで、全国ネット放送されていなかったにも関わらず相当売れた、
と言うのは完全なる余談。
変形ロボ玩具アニメ的に言えばトランスフォーマーシリーズ、マシンロボシリーズの先駆者であり、
アニメ終了後にアニメ未登場のライタン軍団5体が発売されたと言う部分はMSVの先駆者かもしれない。

余談だがライタンの超合金は同じくタツノコアニメである『未来警察ウラシマン』にも登場している。
さらなる余談だが、ニコニコの一部では「黄金さん」の愛称で知られる。

また2012年10月12日から翌年3月にかけてニコニコ動画のタツノコ劇場でも公式配信されていた。
平時のミニサイズからライたんの愛称も付き、新規ファンを新たに獲得し始めている。


『タツノコ VS.カプコン』におけるゴールドライタン

タッグを組めない巨大キャラとして登場。

このタツカプでは5m弱のPTX-60Aよりちょっと大きいぐらいなので、原作よりも小さいようだ
常時スーパーアーマー持ちだが、従来の巨大キャラと違いコマンド投げロック技を食らってしまう(打撃投げのガードは可能)
そのため投げキャラ涙目だのスーパーコンボがカス当たりだのと言う事は発生しない、あくまで通常キャラの枠内である。
しかしそれ故にCPU戦で彼が出てきたとしてもテッカマンなどであれば簡単にハメられてしまう。
LV3ハイパーコンボ「ゴールドフィンガークラッシュ」は原作でも使用した必殺技だが、
地震を起こし空中に舞い上がった相手へ貫き手を入れるHC「ゴールドクラッシュ」の追加入力技という形になっている。
原作と違いロボ相手とは限らないのでグロいことに…と思いきやそんなことはなく、演出も光を握りつぶすという穏やかなものになった
また2Pカラーにするとキャラ名が「シルバーライタン」になり、技ボイスの「ゴールド」も「シルバー」に変わる。
そんな彼だが、はっきり言って弱い。デカキャラという都合上動きが遅く隙も大きく、
相手はテキトーに避けつつ殴っていれば十分ダメージは与えられる、と言うか飛び道具持ちは遠くから撃ち続けていればそれで十分。
さらに広範囲にわたる攻撃は避けようもなく、ケズりにはかなり弱い。
また、レバガチャで余裕で抜けられる投げ、空中当たりだとカス当たりする超必、
もはや技自体が罠な「ゴールドプレス」etc…と必殺技も欠陥が多く、どうあがいても勝てない事態が多く見受けられる。
多段技が多くすぐケズリ負けるしデカキャラ専用永久も持ってるヤッターマン1号、
空中近距離でソウルフィスト等が当たったら即キャンセルで3ゲージ技が確定するモリガン
百裂脚が当たった時点で3(ryな春麗らが天敵。こいつらに勝てるライタン使いは相当すごい。
攻略法覚えれば楽勝と言われるラスボス相手でさえ、初見では明らかに無理っぽく見える

流石にまずいと思われたのだろう、タツカプUASでは動作が機敏になり、必殺技は見直されどの技も使い道ができ、
ゲージ技確定の問題は相手側のヒットストップ等が見直され、確定状況が大幅に少なくなったなど、大きく強化されている。
…ただ、今作から入った新キャラは巨大キャラに相性がよいので新たな天敵と化していたりするが。
なお、投げについてはラグりまくりの通信対戦ではレバガチャ認識が遅くなるので分かっているのに抜けられない恐怖の技になっている。
正直連発すると間違いなく相手の気分を害するのでお勧めしない。よい子のみんなはしちゃダメだぞ。

エンディングでは大団円の中「なにっ、ライタンがいない!」と一人立ち去った後、「もっと強くならなければ!」と滝壺で修行に励み
Wii版の追加アニメパートではゴールド昇龍拳巨大隕石を破壊した。


MUGENにおけるゴールドライタン

アーマージャックモンスターボールなどの作者であるgoogoo64氏が製作している。
スプライトがタツカプのプレイ動画からキャプチャするという方法で作られており、そのせいか動きがやたらカタい
立ちモーションで画面から見切れているデカさを誇るが、これでもタツカプよりまだ小さかったりする。

動きが硬い分(?)防御力もかなり高く、多分タツカプ以上。
技はタツカプの再現ではなく、上述のEDを受けてかリュウの技使う
大体はVSシリーズのバージョンだが、電刃波動拳も搭載。スーパーアーマーのおかげで最大タメも実用レベルで可能なようだ。
他にもタツカプの「ゴールドプレス」のボディプレスで落ちてくる部分を抜き出した技や、
小さな分身をいくつも召喚したり、自ら小型サイズになって飛び回る技などが存在。
なかなかのカオスだがこの作者にはよくあること

???「次におまえは、タツカプでやれ…という!」

出場大会(ただし、全て更新停止中)




添付ファイル