トールギス


「ガンダムに勝てる・・・このトールギスなら!」

サンライズ製作のTVアニメ『新機動戦記ガンダムW』に登場するモビルスーツ。

  • 形式番号 OZ-00MS
  • 頭頂高 17.4m
  • 重量 8.8t
  • 装甲材質 チタニュウム合金(小説版:ガンダニュウム合金)
  • 武装 ドーバーガン、ビームサーベル×2、シールド

『ガンダムW』世界におけるすべてのMSの原型となった機体。
後にガンダムタイプを開発する5人の技術者、そして推進器技術の権威ハワード博士を加えた
科学者グループによってA.C.(アフターコロニー)175年頃に設計図が完成、機体の製作が開始された。

「重装甲の機体を大推力で制御する」というコンセプトで開発されたが、
一瞬で15Gまで加速する推力、量産型空戦用MS「エアリーズ」の3倍以上の旋廻力などの運動性能など
およそ通常の人間では扱えないであろうことが予見された。
加えて、「実際の運用においてはそこまでの性能は不要」
「1つの機体に多くを望んで大型化した機体サイズは以降のMSの規格とするには不適当」などの理由で、
試作機1機の完成と数機分の予備パーツの製造を以って計画は中断された。
しかしこのMS「トールギス」の設計を素案に、機体の簡素化とスケールダウン、
生産性の向上を目指した新たな標準機の開発が行われ、原型機トールギスに先んじて
量産型MS OZ-06MS「リーオー」シリーズが誕生。以後、このリーオーを基準として派生機の開発が行われることになる。
このため、本機は「プロトタイプ・リーオー」とも呼ばれており、ガンダムと似た意匠のフェイスの下が
リーオーと同様の四角形状センサーとなっていることからも、それが見て取れる。

トールギスを開発した技術者達はその後連合の方針に反発し脱走、さらに己らの理想を追求したウイングガンダムゼロ
そして反連合組織で5体を設計することとなる。

名称の由来は降霊術師(Theurgist、テウルギスト、サージスト)から。
スペルが「TALLGEESE」だからといって、決して「ギース」ではない。
放送当時は「背の高いガチョウ」と勘違いされていた。

+ アビリティレベル

武装

トールギスの武装は全てが後のリーオーにも採用された装備である。

ドーバーガン
右肩アタッチメントにマウントされた大型火砲。
MSの全高を超える銃身長を持ち、直撃すればガンダニュウム合金に対しても有効打を与える事が可能。
その分、その他の武装に比べやや高価なため、供給数は多くはない。
威力に比例して発砲時の反動も大きく、更にそのサイズもあって基本的には両手持ちでの運用される。
また、命中精度を上げるため、あえて旧式のマズルブレーキを採用している。
トールギスは片手で使用可能。
設定上はビーム弾と実体弾の2通りがある模様(トールギスはビーム弾の様である)。

シールド
左肩アタッチメントに装備された円盤状シールド。
表面には鷲をモチーフとしたエンブレムがあしらわれている。

ビームサーベル
シールド裏に2基格納された格闘武装。

劇中での活躍

未完成状態のままコルシカ基地の倉庫に20年間放置されていたが、第3話でOZのワーカー特士によって発見され、
地球に降下したガンダムタイプに比肩し得るMSを求めていたゼクス・マーキス特尉に譲渡され、第34話で失われるまで彼の愛機として活躍した。

テストパイロットはゼクスの部下であるオットー特尉が務めた。
トールギスの旋回性能がエアリーズの3倍以上に達する等のデータを残したが(最高速度に至っては計測不能)、
本機の初陣後負傷したゼクスに代わり無断で出撃したオットーは、勝利と引き換えにG負荷によって命を落とすこととなった。
普通の人間に比べれば訓練である程度のGには慣れてはいたであろうゼクスも、
当初は搭乗する度に吐血する程の過酷な状況に苦しめられる(なお、ゼクスはこの加速性能を「殺人的な加速」と評価した)
(『そんなに加速が凄いなら急減速のGはもっととんでもないんじゃ?』というツッコミは厳禁)。
しかし彼はついにはこの機体を制御し、南極におけるヒイロのガンダムヘビーアームズとの一騎打ちでも互角の戦いを繰り広げた。

ゼクスが宇宙に上がってからは多数のモビルドール部隊を相手に互角に渡り合ったが、
この頃から、ゼクスの反応速度にトールギスの性能が追いつかなくなる。
最後はゼクスがウイングガンダムゼロへ乗り換える時間を稼ぐ為、トーラス複数機を道連れに自爆させている。

作中では異常なまでに頑強であることが描写されており、
ノベンタ砲やトーラスのビーム砲など、通常のMSであれば致命傷となる攻撃をまともにうけても
外装にはまったく傷がついておらず、
さらには大気圏を大型ブースターをつけただけの生身で突破するという無茶ぶりすらみせている。
20年前の機体でありながら各ガンダムに匹敵する性能を持っているというのは間違いではないだろう。

小説版の『新機動戦記ガンダムW Endless Waltz』他で語られた張五飛の過去において、
後のゼクス機とは別の青いトールギスが確認されている。『Frozen Teardrop』では「始龍」の名が設定された。
L5コロニー防衛のため、老師Oの手によってシェンロンガンダムに先行して建造されたこの機体には、
L5コロニーがOZによる襲撃を受けた際、張五飛の婚約者であった竜一族の当主の孫、竜妹蘭が搭乗し、
Gに耐えられず命を落としてしまっており、機体の方もリーオーの特攻からシェンロンを庇って失われている。

なおアニメの設定書ではリーオー同様に首は回らない構造に見えるが、劇中やプラモデルでは旋回可能になっている。
またリーオーも設定画やプラモデルでは首と胴が一体構造のようだが、劇中では同じ位置で旋回している描写がある。

TVシリーズ終盤では世界国家軍元帥に就任したトレーズ・クシュリナーダ(CV:置鮎龍太郎氏)が、
ゼクスのトールギスと共に製造された予備パーツを用いて組み上げられた「トールギスII」に搭乗している。
この機体は頭部がよりガンダムタイプに近いフェイス形状となり、胴体やバックパック、シールドのカラーが
ブルーに変更された以外はゼクス機と全くの同型機である。
劇中では地球軍の陣頭に立ってゼクスことミリアルド・ピースクラフト率いるホワイトファングと交戦し、
幾多のビルゴIIを撃破した後に五飛のアルトロンガンダムと一騎打ちに臨む。

「貴様のために、何人の人間が死んだと思っているんだ!」

「…聞きたいかね?昨日までの時点では、99822人だ」


この手の質問に素で答えた人間はそうそう居ないであろう。
更にこの後のやりとりから判明するが、この御仁、死んだ人間の名前を全て暗記している。まさにエレガント。
+ さらに…(スパロボネタバレ注意)
もちろん五飛は素で答えられることなど想像しておらず、MS戦で勝っても敗北感に苛まれることとなる。

ファイティングアビリティで見れば量産機と大差ない機体で最強クラスのアルトロンガンダムを相手に
接近戦を中心とした戦闘で互角以上に渡り合うも、最後はツインビームトライデントで胴体を貫かれ撃破されている。
…どうも五飛は青いトールギスと関わる宿命らしい。
ちなみに漫画版ではトールギスIIではなく「ブラック・トールギス」として登場している。名前の通り色は黒。
細かな部分はシーンごとに一定しないがトサカを除いてトールギスの配色を反転したような配色である。
ときた氏に設定資料が間に合わなかったとのことで、放映直前当時の雑誌記事にもこの名前で紹介されており、
これはトールギスIIの初期案だったようだ(これに限らず、漫画版は初期設定の名残と思える描写がある)。

OVA『Endless Waltz』では、トールギスIIと共に製造された発展型の「トールギスIII」が登場。
こちらはドーバーガンの代わりにメガキャノンを装備し、シールドはガンダムエピオンのものと酷似したヒートロッドを備えたものとなっている。
また、小説版によるとビームサーベルもガンダムが用いていたものと同出力になっているという。
プリベンター・ウィンドとなったゼクスが搭乗している。
こちらはゼクスの反応速度についていけないという描写はないので、その辺りも手を加えている可能性がある。
(OSがエピオンシステムの試作品という設定も存在する)
ちなみにこの三番目の機体の出所は媒体によって異なる。
登場後しばらくは情報が錯綜し、エピオンの試作型として先んじて作られたという説や
トレーズがゼクスとの決戦時に渡すために作らせたなどという説まで現れた。

また、『機動戦士ガンダム00』に登場するグラハム専用ユニオンフラッグカスタム(通称「カスタムフラッグ」)も高機動性を実現したが故に
パイロットに殺人的なG負荷がかかるという設定で、トールギスを彷彿させる設定となっている(『00』は『ガンダムW』を彷彿させる点が散見される)。
パイロットのグラハム・エーカーも当初はややGに苦しむ程度だったのだが、マジギレして本気を出した際は吐血してしまっている。

+ SDガンダムにおける活躍

+ ガンダムビルドファイターズにおける活躍

(以上、Wikipediaより一部転載、改変)

上記の通りトールギスの主なパイロットは、ライバル役であるゼクス・マーキスが務めている。
彼自身もこの機体に非常に強い愛着を持っており、トールギスを失った際にはそれを悼む発言を残した。
直後にウイングゼロに乗り換えると途端に大ハッスルした?なんのことかな。
また第一話からリーオーでウイングガンダムを相討ちとはいえ撃墜するなど、操縦技術は非常に高い。
更に正式に軍人としての訓練を受けることで戦略眼を養っている上に、亡国の王子であるというカリスマ性から
指揮官及び指導者としても有能。…とまぁシャア・アズナブルのオマージュが多分に含まれたキャラクターであるが、
シャアと比べると生真面目な節が散見される。
TV版におけるゼクスの行動は1st~逆襲のシャアを詰め込んだ感じだが、最後に私情を口に出し始めたシャアと違い
ゼクスはあくまで大義に準じていた辺りも真面目。
また、女性関係でも数多の女性と関わり、浮き名を流したシャアとは逆に、
仕官学校時代の同期(シャアで言えばガルマポジション)であるノイン一筋だった辺りも真面目。
ちなみに初期設定によるとニュータイプだったらしい。それが反映された漫画版では中盤で
ゼロシステムを操れるのはNTのみという会話があり、ゼクスはNTであると明言されていた。
が、結局初期設定消滅の影響を受けてそれっきりニュータイプなんて単語は出なくなったが
(単行本では「ニュータイプ」の単語は「エースパイロット」に差し替えられている)

しかし真に恐るべきは、ゼクスが19歳であるという事。1st時点のシャアどころか、ドモンより年下である。おかしいですよ!
とてもそうは見えないし、彼の行動はとても19歳が出来るものではない……。*1

『ガンダムエース』連載の小説『Frozen Teardrop』ではノインとの間に娘と息子がいる。
訳あって彼と同じ顔に整形したノインの実兄に「ミリアルド・ピースクラフト」を騙られたり
「ガンダムエピオンを駆るゼクス・マーキス」のホログラムを独立勢力の旗印にされたりしていて、
本人は「キュレネの風」と名乗りアンチMDシステムを持つ後継機トールギスヘブンを駆っている。
シャアほどではないが名前が多いところも共通している。

原作性能

SFC版『新機動戦記ガンダムW ENDLESS DUEL』にて登場機体の一体として登場。
接近戦に優れた近距離型パワーキャラで、かなり出の早い弱武器攻撃や→+強パンチ攻撃、
下に向かっての攻撃判定が強い、空中↓+強パンチ攻撃などが強力。
遠距離においてもドーバーガンやMSスラッシャーの性能が良いので、
距離に関係なく戦える扱いやすいオールラウンダーである。
ホバリング性能は高く、長い間空中にいることが出来る。

必殺技性能
  • ドーバーガン
ドーバーガンから弾を発射して攻撃。
弱で2発、強で5発放つ。
強は出が速く、削り性能も高いので牽制として十分な効果を持っており、使うなら強で使いたい。
空中で出すと斜め下に向かって弾を発射。
  • ブーストクラッシュ
バーニアを噴射して斜め上に体当たりする対空技。
判定はとても強いが着地後にスキを持つので、当たらなかった場合はブーストキャンセル必須。
  • リーサルハンティング
相手を掴んでパワーボムで攻撃する打撃投げ
弱では出が遅いので使うなら強を出したい。
立ちBからのキャンセルがおすすめ。
  • MSスラッシャー
超必殺技。
ビームサーベルから巨大な衝撃波を出して相手を切り裂く。威力は低め。
非常に出が早いので暗転を見てからガードするのは難しい。
ダウンしている相手にもヒットするので、相手を転ばせた後に即座に発動して追い討ちを掛けたい。
ガードキャンセルとしても非常に優秀。相手の飛び道具をガードした即座に出してもOK。

+ その他のゲームにおけるトールギス

MUGENにおけるトールギス

MisTa-Mu氏製作によるものが存在。
SFC版『新機動戦記ガンダムW ENDLESS DUEL』のドットを流用している。
ゼクスのボイスやカットインも入っているが、絵はOVA『Endless Waltz』版になっているのはご愛嬌ということで。

ドーバーガンやビームサーベルを使った攻撃がメインだが、何故かハイパーボッのような投げ技も実装されている。
標準装備されているAIはこれらの投げ技を積極的に狙い、なかなかの強さを誇る。

また、ビグ・ザムなどガンダムキャラを精力的に製作されているtaurusac195氏製作のものもあり、
さらに同作者がトールギスのドット改変によって製作したリーオーも公開されている。
原作では量産機の宿命でぼこぼこ墜とされていた機体だが、MUGENではそこそこの強さの標準AIが
搭載されており、そうやすやすと倒されてはくれない。何かの理由で名のあるキャラクターが乗ることも多く、
そしてそんな時は異常な強さを発揮していた原作を反映しているとも言える

出場大会

更新停止中
リーオー
  • 「[大会] [リーオー]」をタグに含むページは1つもありません。

出演ストーリー



*1
まあ1stシャアもZハマーンも20歳1stのブライトやXのシャギアも19歳なわけだが。
ちなみにGや00になると逆に年齢の割に容姿や行動が若く(幼く)なる。ガンダムの年齢設定がおかしいのはある種の伝統なのかもしれない。
(例えばキシリア様とトレーズ様と00第一期のマリナ様が 全員24歳 。むしろこの面子を並べるとキシリア様が老け過ぎである)

なお、『第2次スパロボZ』で仲良くなったグラハムは27歳。 8歳差である。
それでいてお互い軍のトップエース同士として 対等の立場で殆ど気兼ねすることもなく、仲良く会話していた。
…ゼクスが若すぎるのか、グラハムが年長すぎるのか。