ラディッツがMUGENで幻想入り

「俺は・・・弱虫ラディッツじゃねぇ!!!」


あらすじ

死後にて幻想郷のあの世に来てしまったラディッツ
だがあの世は死者が急激に増えた為成仏ができなくなってしまっていた。
その異変を起こしている化け物を調べるため閻魔の計らいにより生き返ったラディッツは下界に赴くこととなった。

解説

ドラゴンボールZ Sparking! NEO IFストーリー『運命の兄弟編』 のラディッツが死後に幻想入りしてしまったというストーリー動画である。
その為ラディッツは原作と違い非常に綺麗になっている。
尚、3話からラディッツが主人公及びそれに伴いタイトル変更されているが旧名の「とうドラ!」と内容は続いているのでそちらを先に見るようにした方が良い。

世界観

東方Projectの幻想郷を舞台にドラゴンボールのキャラクターが幻想入りするという俗に言う幻想入りシリーズに分類する。
その為、基本的に東方Projectとドラゴンボールのキャラクター以外は出てこない。
MUGENという性質上の為かスペルカードルールは投げ捨てられている(ただし弾幕ごっこという決闘方式は存在する模様)
+追加設定
+八話
幽幻魔眼に明かされる二つのルール
  • DBキャラは幻想郷を破壊することはできない(ただし元が強すぎた為かブウは妖怪の山を半壊することができている)
  • DBキャラは幻想郷に及ぼす影響力が非常に弱くなっている(尚、DBキャラは自分の感覚では弱くなっていることに気がつけない)
+十七話
スカウター復活による新たなエネルギーの出現
  • 妖力・・・・主に妖怪が持っているエネルギー(DBキャラの気はこれに該当する)
  • 魔力・・・・悪魔や魔法使いなど魔界の住人が持っているエネルギー
  • 霊力・・・・幽霊や死神など冥界の住人が持っているエネルギー
  • 神力・・・・巫女や神様など持っているエネルギー

キャラクター

+ラディッツ(プレイヤー操作)
+十六話
  • 共通変更点【下段攻撃が何故か中段攻撃になっていたの下段攻撃に変更、イントロ&勝利イントロ追加】
  • ラディッツの魔力使用時の変更点【attack80→90 defence110→100、赤いスパークが発生し気が赤色に変化、立ちモーションが腕組状態】
+十七話
  • スカウターにより対戦相手の戦闘力が見れるようになった。
  • 更ににとりによる改造でレーダー機能、赤外線望遠鏡機能、透過機能が追加が追加された
+こぁ
+十二話
魔力供給のパワーアップによりアナザーモードに変化
+十六話
魔力供給のパワーアップによりattack100→105

※ネタバレ注意(登場した順)
+幻想郷の住人
+ドラゴンボールから幻想入り

コメント

  • 自分で作った動画を自分で書くってのもあれですが作らせてもらいました。見やすいように視聴者視点で書き直してくださるととても嬉しいです。 -- ゆえ (2010-01-12 13:52:57)
  • 俺はこういうラディッツが主人公の動画を待っていた! -- 銀 (2010-01-12 18:05:18)
  • ページがあったのに驚いたwwうp主~!俺達は待ってるぜー!w -- kei~n (2012-08-31 20:51:17)
名前:
コメント:

マイリスト