イズコ・クリソベル



 名前:イズコ・クリソベル <Izuko Chrysoberyl>
 格闘スタイル:野生の勘(試験管育ちのクセに)
 誕生日:『試験管』から出たのを誕生とするなら、2月8日
 年齢:『試験管』から出たのを誕生とするなら、1歳くらい
 出身地:不明
 身長:157cm
 体重:42kg
 スリーサイズ:B75 W55 H82
 血液型:お兄ちゃんと同じ
 趣味:耳掃除(自分でするのも他人にするのも)
 好きな食べ物:コーヒー牛乳(砂糖入れまくって超甘いやつ)
 得意スポーツ:野球盤
 大切なもの:耳かき
 嫌いなもの:お兄ちゃんの過剰なスキンシップ
 声優:桃井はるこ


 「互いに色々あるだろうけど

      そっちもガンバッテね!」

ロック・ボガードの憂鬱クロス・ゼロなどでお馴染みのピータン氏が製作したクーラ改変キャラ。
AKOFキャラ……のように見えるが、あくまで「っぽい」だけの「エセAKOFキャラ」らしい。

ちなみに「クリソベル(Chrysoberyl)」とはいわゆる「金緑石」の事で、「クリソベリル」とも言う。
また、その変種に「猫目石(クリソベリル・キャッツアイ)」がある。
彼女の姓はそちらから取ったものだと思われる。

キャラ設定など

K'たちがネスツの本拠地である人工衛星基地「エイダス」を破壊した際(正確には自爆だが)、
研究員の青年によって連れ出された実験体の少女。
ネスツ壊滅後、青年と二人で追っ手から逃れつつ世界中を旅している。

他の実験体との最大の相違点は、頭頂部でピコピコいってるの存在。
獣の因子を植え付けたとかそんな感じだと思われるが、詳細は不明。
ちなみにちゃんと人間の耳も付いているらしい。
そもそも青年が彼女をかっさらってきたのも、彼がネコ耳萌えだったからだそうな。いいのかそれで。
青年から「貧乳こそ至高」という英才教育を受けているため、コンプレックスは無い。
なお、上のプロフィールに出てくる「お兄ちゃん」というのは彼のことである。なんという琥珀色の男の夢。
それとクーラ改変キャラでありながら、背も低いのが特徴(身長157cmで何と成人女性の平均身長(159cm)よりも低い)。
クーラ系では背が低いシルヴィですら162cmということを考えると…。

また、元キャラ達が皆着用している中着を着ていないため、ヘソとパンツが丸出し。
スーラの誤解されがちな格好」を本当にしている、と言えば分かりやすいようなそうでもないような。

基本的に他のKシリーズやネスツ関係者と関わるつもりはないため、AKOFキャラでも何でもないらしい。


性能など

旧VerではMAX発動やどこでもキャンセルなどの2002UMベースのシステムや勝利デモが搭載されており、
新Verではファイル名が「Izuko_XIII」に変更されたことに伴い、ハイパードライブモード発動やドライブキャンセル、EX必殺技などのXIIIベースのシステムが搭載されている。
などは使用せず、素早い動きと鋭い爪による切り裂き攻撃が武器。
ちなみにこの爪は素手ではなく、お兄ちゃんが彼女のために作った特殊グローブ。自分の意志で先端を尖らせることが出来る。
工具を使う必要はあるが、着脱も可能。

単発の火力は控えめだが、その分色々と無茶な繋ぎ方が出来るため結局高火力になってしまったとか。
始動も簡単などこキャンコンボで5~6割余裕でした。ちなみに移動スピードやジャンプの落下スピードが早い。おかげで下段の揺さぶりが鬼畜。
それもそのはず、何せ元になったキャラがKOF97の問題児、暴走レオナ。氏いわく、ノーゲージでの火力が下がった暴走キャラと思って差し支えないとのこと。
もしかしたらどこキャンや技の性能を鑑みると、暴走レオナよりも攻撃能力は高いかもしれない。流石AKOFっぽいキャラ。
相手と自分の体力に相対して攻撃力が上下するため、相手が根性値持ちだと悲惨な攻撃力になることと、体力が低いのが弱点。
また、旧VerではMAX2だった「おおあばれ」にはかつて2002UMのMAX2演出が完備された。
新VerではNEOMAX超必殺技「きゃっと・ざ・ふんじゃった」が追加された。・・・・すごい演出だ。
2011/4/4の更新では必殺技「スーパーC.A.T.キック」という名の暴挙が追加された。



また、1ラウンド勝利時のカットインが存在(3種類)していて、サムネイルに使われることも多い。
ちなみにうち1枚は彼女のパロディ。

2013年7月にSkyDrive解約したため、現在入手不可。


 「手癖、足癖の悪さは私の方が上だったね」


出場大会

削除済み
非表示
凍結

出演ストーリー


「カレーはリンゴとハチミツが恋をして出来たらしい」

「マジでっ!?」