デストロイア


「ゴジラ死す」

完全体
全長:230メートル
全高:120メートル
翼長:210メートル
体重:8万トン

ゴジラシリーズの第22作であり、平成vsシリーズの完結編『ゴジラvsデストロイア』に登場する怪獣
初代ゴジラを葬った兵器「オキシジェン・デストロイヤー」によって誕生した。別名「完全生命体」。
84年版ゴジラからなる「平成VSシリーズ」の最後の敵である。

元々は25億年前、地球上に酸素が殆ど無かった頃の先カンブリア時代に生きていたとされる、三葉虫に似た甲殻類の一種。
古代の地層で眠っていたが、1954年にゴジラに対して使用されたオキシジェン・デストロイヤーが無酸素状態を作った為に
現代に復活し、酸素を含む現代の大気に適応するため異常進化して怪獣「デストロイア」となる。
+ オキシジェン・デストロイヤーとは


ヘドラのように微小体(クロール体)・幼体・集合体・飛行体・完全体へとどんどん見た目や大きさが変化する。
最初は大きさ2mm~30cm程度の微小体であったが、成長し2~18メートルの大きさの幼体へと進化、
そして自衛隊の攻撃を受け追い詰められた結果、幼体が合体し60メートルの集合体となった。
更に集合体は空を飛ぶとき飛行体へと変化する。
そしてゴジラジュニアとの戦いで飛行体が火力発電所に落下し、爆発に巻き込まれた結果、完全体へと変化を遂げた。
微小体~集合体までは甲殻類のようであった見た目が、完全体になると直立二足歩行で背中に巨大な翼を持った姿になっている。
これはゴジラジュニアとの戦いでゴジラジュニアのDNAを吸収した事が原因とされる。
陸海空を活動することが可能となり、武器は頭部の角や先端が鋏状の尻尾、口から吐く「オキシジェン・デストロイヤー・レイ」、
角からはミクロオキシゲンを放出して敵を切り刻む「ヴァリアブル・スライサー」を用いる。
また、尻尾を獲物の身体に絡めて体内のエネルギーを吸収することもできる。
この完全体がデストロイアの一応の最終形態とされているが、映画パンフレットには「この状態で進化が止まる保証はない
と書かれている。
この他、腹部の開口部からビームを放つという設定も用意されており、
それを披露するシーンも撮影されていたが公開時にカットされた(エフェクト合成前の映像をDVD特典で見ることが可能)。

+ ストーリー中での活躍

+ 余談

(以上、Wikipediaより一部改変を加え転載)

「今のゴジラには、オキシジェンデストロイヤーでさえ無力なのか……」


MUGENにおけるデストロイア

イリスレギオンスペースゴジラの製作者である特異点氏によって作成された完全体形態が存在する。
2010年1月20日β版公開。
公開先はマイリストから行ける新マイリストの先にあるtwitterプロフィールにあるonedriveから。
(以前はブログからだったが現在は凍結されている)
常時アーマーで投げ無効など幾つかの特殊な性能もあるが、強さの調整そのものはし易く
上手く調整すれば色々な相手と戦わせられる。

他にもsnowwolf氏が特異点氏の許可を得て、このデストロイアのスプライトを使用して製作した
デストロイアEXが2011年7月30日に公開された。
こちらは新MUGEN用だが、公開場所でwinmugen用にするパッチも公開されており、
デフォでAIもあってバランスのいい性能に仕上がっている。
こちらは投げも効いたりと本体は平均的な一般キャラの性能だが、
攻撃面が強力で一部の飛び道具は少し一般キャラでは厳しいものも多く、攻撃面だけなら凶に達するかもしれない。
5Pでは狂キャラ化する。

+ デストロイア(特異点氏製作版、投げ無効)
+ デストロイアEX(snowwolf氏改変版、アーマー等無し)

出場大会

デストロイア(特異点氏製作版)
12Pカラー
デストロイアEX(snowwolf氏改変版)

出演ストーリー

その他

ブリジットと遊撃の旅(part413、特異点氏製作版1Pと12P)
はじめてのむげん(part30) (デストロイアEX)