京堂扇奈


 「京堂扇奈、参ります!」


アリスソフトの地域制圧型エロSLG『大番長』のメインヒロインの一人にして、斬真狼牙天楼久那妓と並ぶ物語のキーキャラクター。
大番長を原作とした同人格闘ゲーム『BIGBANG BEAT』にも登場している。
ある夜、全国制覇への足がかりとして県内の勢力に挑もうとする狼牙の前に、負傷した記憶喪失者として神威(久那妓の兄)に運ばれる。
巫女服を着て刀を持ち歩く巫女巫女居合い剣士。エロい。

京都がモデルであるカンサイの出身ということで、和式作法に通じ誰に対しても笑顔と敬語で接する大和撫子な少女。
その一方、「自分の女(愛人)にならないか?」という狼牙の申し出をあっさり承諾した上に、
既に許婚一人愛人一人の一夫多妻状態であることも「英雄色を好むと言いますし、私は特に気に致しませんよ。」で済ますなど、やや浮世離れした一面もある。
何かと語尾に「♪」を付けるのも天然っぽさに拍車をかける一因。
しかし下記のネタバレの示す通り本質的には非常に重いものを背負った少女であり、
その元凶である護国院との戦いの中では次第にシリアスで殺伐とした一面を覗かせるようになっていく。

そんな背景とは直接関係無いが、彼女の嫉妬イベント(しばらく夜の相手をしないと起こるイベント)は大番長屈指の「怖い」イベントとして有名。
いわゆるヤンデレともまた違う、いつも通りの笑顔で行われる身の毛もよだつ恐行。
いかに可愛い顔をしていてもその奥に潜むのは紛れも無い鬼である、受け止める勇気のある人は是非ご覧あれ。

愛刀の『之定(のさだ)ちゃん』の他にも多数の合口(刃渡り15cm程の小刀)を持っており、
それぞれ 大雷、火雷、黒雷、裂雷、稚雷、土雷、鳴雷、伏雷 と名前が付いている。
刀は打った人の名前だが合口は全て彼女が名づけた物らしい。
これは全部、日本神話に登場する「ヤクサノイカズチノカミ(八種の雷神)」の名前である。
イザナギが黄泉の国で再会した妻神イザナミの醜くなった死体にまとわりついていた雷神たちで、古事記と日本書紀ではメンバーが一部異なる。
彼女は記紀両方から命名用の名前を選び取ったようである。
ちなみに八種の雷神は逃げ出したイザナギをおよそ1500人程の黄泉国の軍勢に追わせており
前述の嫉妬イベントなど彼女の怒らせると恐い性格を意識した設定と思われる。

ゲーム中では刀でしか戦わないが、この合口の投擲もかなりの腕前で、棚に収めたファイルとファイルの間に投げて刺せる程。

原作では毎ターン自動的にHPが全回復するスキル「超回復」と、高い反撃率(中距離キャラでありながら80。近距離系に匹敵する数値)を併せ持ち、
なおかつ回避率が初期値の0%からほとんど成長しないため、肉を切らせて骨を断つ突貫戦法が基本で、行く所敵も自分も血みどろになる娘。
中距離の特徴であるリーチと火力に、近距離のような汎用性・継戦能力を得た万能タイプのキャラで、
もう一人のメインヒロイン(そしてルート選択により必ず排他になる)、「超回避」の久那妓とは対照的な、言うなればスーパー系ヒロインである。
HP最大値が大幅に上昇する「鉄壁の学聖ボタン」や「うさ仮面うさ(実質体力2倍)」はほぼ彼女の固定装備と化す。

+ 原作ネタバレ


BBBにおける京堂扇奈



長いリーチと便利な設置技で起き攻めを中心に戦う立ち回りキャラ。
担当声優は天風雛姫女史。
立ち回りで競り勝ち、「刃返し」の二段中段や胡散臭いめくりなどで崩し、コンボで安定したダメージを奪い、
ダウンさせて設置技で攻勢を維持してまた崩し…という実に分かりやすい強さを持ったキャラ。
ただ若干挙動がふわふわしているのと固めの維持が苦手(いわゆるジャンプキャンセル出来る技が少なく
用途が良くも悪くもはっきりした必殺技に繋げて攻勢維持するしかない)なので
その第一印象ほどガンガン攻めていけるキャラではない。
また各コンボともに補正が高いせいでダメージの頭打ちが比較的早く、一度に大ダメージを奪うのは苦手でもある。
まぁそれもBBBという尖った環境だからこそ痛感する難点であり、むしろそのヒット数のおかげで
始動補正がキツくても一定のダメージが保証されているという側面もある。
ある程度の事を一通りこなせる安定したキャラで、主人公の割に結構ピーキーな狼牙とは違って
一般的な格ゲーのような意味において初心者にもお勧め出来るキャラでもある。
エンハンスはその場に立ち止まってライフとPゲージを少量回復する「超回復」。

スカートは鉄壁かと思いきや結構パンチラしている。
+ 鉄壁が破られるとはー



MUGENにおける京堂扇奈

MUGENに存在する扇奈は以下の通り。
基本的にリーチが長く、コンボが繋がり易い、飛び道具超必「椿・乱」の強力な持続等がデフォルト性能である為、
相性の悪いキャラクターでは手も足も出ない事も。

+ kayui uma氏製作(2017年2月のJ:COMのWebSpace終了によるサイト消滅で入手不可)
+ アフロン氏製作
+ Songfu氏製作
+ M3氏制作
+ 猫好き氏製作 「魔剣士扇奈」
+ 如月竜人氏製作
+ SAMSARA氏製作「女神扇奈」
+ chikuchikugonzalez氏製作
+ suigin氏製作「SS6扇奈」
+ JQKJ氏制作「刹那」
+ 猫月氏製作「高上アオ」
+ Hanayakuro氏製作「ムメイ」

この他にも、Wind-SEや、神キャラ化したH-SENNAなどのアレンジキャラが存在する。
「エッチはエッチでも Hyper の方だがなぁぁぁーっ!
三枚におろしてやるぜぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇーっ!」

同じく大番長のヒロインである久那妓ともども、大会・ストーリーを問わず動画での出番は多い。
巫女枠や剣士枠は一定の需要があるのでそれも要因であろう。
古くはこちらの動画刹那や黒髪剣士の、クローンのKUSANAGI等タッグの相手も多い。
最近では同じく京を目指す男に引っ張られる形でネタにされることも。
ストーリーでは真面目な常識人枠での出演が多数。
主人公や主要キャラに片思いもしくは恋人の設定が多いが、想い人にライバルが現れると 途端にヤンデレ化する。

出場大会

+ 一覧

出演ストーリー

+ 一覧