ブリザード・ヴォルファング


「これも使命…すまぬが死んでもらうぞ!イレギュラーハンター!」

CAPCOMのアクションゲーム『ロックマンX6』に登場する8体のステージボスの1体。
オオカミ型のレプリロイドで冷気を使うことからフェンリー・ルナエッジと似通っているが関連性は不明。
必要以上の戦闘はしないヴォルファングとは逆にルナエッジは好戦的な性格なので、世界観の違いで見た目も違う同一個体とかコピーの類ということもないだろう。

CVは

北極エリアで開拓チームのリーダーを務めており、冷静な性格と責任感の強さから仲間からの信頼は厚かった。
ところがある日の任務中にイレギュラーの仕掛けた罠に襲われ、彼以外のメンバーが全滅してしまう。
ゲイトを嫌う何者かがこの一件を理由にヴォルファングの処分を計画してオペレーターのエイリアを唆し、
目論見通りにエイリアの手によって海中へ投棄処分されてしまった。
(後にエイリアは騙されて全く非がないレプリロイドを処分してしまったことを知り、トラウマになっていた)
ゲイトによって蘇生された後も「ゲイト様に迷惑をかけた」「償いをしなければならない」と強い忠誠心を見せ、
「昔の話をしても仕方がない」「これも使命」と割り切ってエックスゼロに戦いを挑んでくる。
なお、ゼロとは旧知の間柄だったらしい。
8大ボスでは唯一、レプリロイドでありながら四足歩行をしたりその状態からの攻撃を得意とする(一応、二足歩行も可能)。

ボス戦では体当たりや氷弾・氷柱などによる攻撃を行ってくる。
『X6』の8ボスの中ではアルゴリズムの出来こそ悪くないものの、全体的に隙が大きいため攻め放題。
エックスは勿論、ゼロでもバスターや弱点の炎攻撃を軸に攻撃すれば苦戦することはないだろう。
むしろ終盤に即死し易いエリアが集中するステージ自体の方が厄介かもしれない。
だがこれは彼のステージに限ったことではなく「X5」と「X6」は棘地帯はもちろん、マグマ即死ビーム・落とし穴・迫りくる壁や天井に挟まって圧死といった即死トラップが多かったことが短所欄に挙げられている。


MUGENでは

ZSabre氏が制作したものが存在している。
格闘ゲーム用にいろいろと動きもプラスされており、違和感は少ない。
サイズが小さい上に四足歩行するので、打点の高い攻撃をかわしやすい。
全体的な間合いは短めだが、突進技「Flying Cut」がバリエーションも多くて使いやすい。
「Wall Cling」や「Roof Cling」で壁に張り付き、飛び道具で攻撃することもできる…が、通常のキャラでは対処が難しいため、やめた方がいい。
AIがないため大会動画で見る機会はないだろう。

出場大会

  • 「[大会] [ブリザード・ヴォルファング]」をタグに含むページは1つもありません。



添付ファイル