K9999


「これも、俺の力なのか!?
       ハーッハッハッハッハッ!」

格闘スタイル: 俺自身の力
出身地: 不明(日本?)
誕生日: 不明(16歳?)
身長: 168cm
体重: 58kg
血液型: B型
趣味: バイク
大切なもの: 愛車のバイク
好きな食べ物: ピーナッツ
嫌いなもの: 命令、命令する奴
得意スポーツ: 無し(何をやらせてもダメ)

THE KING OF FIGHTERS』 2001~2002に登場するキャラクター。名は「ケイ・フォーナイン」と読む。
秘密結社・ネスツが行った「プロジェクトK」によって生み出された、草薙京の9999体目にして最後のクローン。
しかしオリジナルの京に逃げられたことで劣化コピーを繰り返していたクローン生産はどんどんその精度を落としており、
K9999に至ってはオリジナルの面影は全くと言っていいほどなく、
一応K'クーラと同じようなデザインの青いグローブを着けているのだが、
炎を操る能力もほとんど受け継がれていなかった。

本来であれば失敗作として破棄されるはずであったが、
身体強化手術を施された際に突然変異を起こし腕が異常に変形する能力を発現。 戦闘員として生きることを許された。
ただし手術による激しい副作用を残しており、凶暴な性格かつ精神状態が非常に不安定で腕の変形も完全には制御できない。
またクーラと同じように髪の毛の色素が変質する体質のようで、
戦闘状態になると普段の白髪が青く変色する(髪の長さ自体もかなり縮む)。
結局、草薙京のクローンとしては失敗であることに変わりはなく、「プロジェクトK」はこのK9999を最後に頓挫した。

他の実験体同様に記憶の操作を受けているため、
彼自身は自分が草薙京のクローンであることは知らず、
強化を受けて能力を移植された普通の人間だと思っている。
昔の記憶が無いのはネスツに頭の中を弄られたからだとも思い込んでおり、
ネスツ幹部に対して激しい反抗心と憎しみを抱き、それを公然と態度に表わすため、
フォクシーやダイアナら幹部からは彼の「組織1,2を争うほど」という類まれな実力もあって危険分子扱いをされている。
一方で幹部ら周囲からはK'らと比較され劣等生だとも言われ続けており、
そのため戦闘員としての完成度が高いK'やKUSANAGI、クーラに対して
異常な憎しみと対抗心を燃やし、彼らを「出来損ない」と言って憚らない。
コンプレックスの塊のようなねじ曲がった性格である。

いつも行動を共にしているアンヘルとは相棒(?)のような関係にある。
2001では彼女とクーラ、フォクシーとともにKOFに出場することを命じられるが、フォクシーらとはそりが合わず、
また最初からネスツに対して憎悪しか抱いていなかった彼とアンヘルは、大会中にフォクシーを欺きネスツを脱走。
ちなみに、ネスツチームエンディングではネスツが壊滅した事でアンヘルとともに外で大暴れし、自由の身を満喫していた。
小説版では「クーラ・K'との戦闘に突入した後の行方は分からない」となっている。
家庭用2003のKUSANAGIステージで彼らしき人物が確認されているが、本人かどうかは定かでない。

通称、鉄雄
一番上の画像を見ただけでわかると思うが、動作の一つ一つ、セリフ、メッセージからプロフィールの詳細まで
コミックおよびアニメ映画『AKIRA』の登場人物である「島 鉄雄」(しま てつお)にあまりにも酷似していることが由来。
ついでにKUSANAGIとの掛け合いで原作での鉄雄と金田のセリフも完備。
元々パロディの多い系列作品の中でも元ネタに酷似しているため、KOFファンの間でもK9999と呼ばれるよりも
鉄雄と呼ばれることの方が圧倒的に多い。
声優まで鉄雄と同じ佐々木望氏という徹底ぶりである
(KUSANAGIの声優は『AKIRA』の主人公・金田正太郎と同じ岩田光央氏)。

完全に鉄雄だコレ…。演じた際の岩田氏と佐々木氏はどんな心境だっただろうか?

パロディに定評のあったSNKでもさすがにここまで「まんま」なものは…無かったとは言い切れない*1
…のだが、その中でも全く言い逃れができないほど危険な再現ぶり。
現在のSNKプレイモアにとってこの件は完全に黒歴史にされてしまっており、
スタッフインタビューにおいても一人だけ「深くは追求しない」といった扱いを受けているキャラである。

その再現度があまりに高かったため、AKIRAファンも怒りを通り越して呆れてしまったようで、
国内外でAKIRAファンを含めた人気は高い(ただし、普通に嫌悪感を抱いている人もいるのでその点は注意)。
しかし彼を復活させようものならば、今度こそ大友克洋氏と一戦交える事になると思われるため、今後の登場は絶望的か。
が、その再現度の高さゆえか大友克洋氏に許可をもらってもう一度出してくれとリストラを惜しむ声も多い。
なお仕返しなのか偶然なのか、AKIRAの方も「アキラ サイコボール」なんてゲームを発売してたりする。
ちなみにweb上ではまことしやかに「大友氏や関係者が激怒した」「訴訟寸前までいった」などの話が流通しているものの、基本的にこれらは 根拠などない。
事実はSNKプレイモア社側がその存在を抹消させようとしている、ということだけ。2009年初め時点での公式サイトには「元ネタはもちろん●●●の●●で、よく●●●●氏に●●●●なかったものだと●●したものです」とのコメントがあり、恐らく大友氏側からの何らかのアクションがあったわけではなく、先んじての自主規制だと思われる(裏でこっそり何か言われた、という可能性もゼロではないが)。

ちなみに、初期段階では最低野郎の主人公ことキリコ・キュービィっぽいキャラになる予定だったらしい。
一応髪の色や髪型、ズボンやブーツのデザインにその名残が見られるが、どこでどうしたら鉄雄化してしまったのやら…。

黒歴史故に『NEO WAVE』では02出場キャラの中で一人だけハブられている
02のリメイクとして製作された『02UM』でも、元の02出場キャラはおろかネスツ編の全キャラの中で一人だけハブられた
その代わりにK9999と設定が近く(正反対な部分も見られるが)、技の性能がほぼ同じネームレス
大々的にプッシュされており、辛うじて彼の意思は受け継がれたようだ。
また、02UMに収録のNEOGEOモード(02ベタ移植モード)ではギリギリで出場を許されており、
2009年のアルカディアのKOF特集では、ネスツ編の登場人物紹介の欄に名前と顔が一応載っていた。良かったねK9999。
が、ソフトバンクから発行されたキャラクターエンサイクロぺディアでは彼のみ黒くシルエットで隠され、
KOF総合公式サイトでも 一人だけ画像が削除された (スタッフからのコメントも伏字だらけである)。
一応01及び02の公式サイトのキャラ紹介の所ではではまだ残ってはいる。
ちなみにNBC公式サイトでは
「ネスツにとって脅威の存在となった、草薙京を抹殺するため作られたネスツの強化人間。
 ネスツ壊滅後はどこかへ消えてしまった
と紹介されており、彼の存在は本格的に消されようとしている。
存在自体がSNKにとって脅威の存在となったので仕方ない。「じゃあ何故作った?」とは言わないように。*2

ただ恋愛シミュレーションゲーム『Days of memories ~僕と彼女と古都の恋~』では
劇中劇のキャラとしてそれっぽい人形が登場している。アンヘルのお気に入りキャラだそうな。
まあ、本人の姿を出している訳ではなく(髪型も微妙に違うし)名前も明言されていないのでセフセフ!いうところか。
(ついでに言うとDOMはKOF本編とは無関係のパラレルワールドである)
また、第1作『僕と彼女の熱い夏』でもK'と対立している不良の一人が「あっち行ってろぉ!」だの
「てめえも往っちまえ!」だのと口走っていたが、姿や名前は出ていないので本人かどうかは定かでない。
ついでにもう一人の不良も「所詮貴方はカモなのにゃー」とか言っていたが以下略。
+※人形です

+そして…
2012年8月、GREEの『SNKドリームバトル』にてSRカードとして復活した。
しかも、黒塗りなしで。デザインや設定もそのまんま登場。
…本当に大丈夫なのか、SNKプレイモア。

更に2013年2月には、モバゲーの『ザ・キング・オブ・ファイターズ バトルフェスタ』でもイベント限定キャラとして復活。
このゲームのナビゲーターであるからも「いろいろと大丈夫かしら…(汗」とツッコまれていた。
…マジで大丈夫だろうか。

その後、『SNKドリームバトル』『KOFバトルフェスタ』共に、2013年4月末にサービス終了となってしまった。
上記の件が関係してるのかしてないのかは不明だが…。

+そっくりさん?
『アルカナハート3』に登場するシャルラッハロート
改造人間だったりマント羽織ってたりヒステリックだったりとまるで彼を思わせる要素を多く持っている。
現状スタッフからの言及はないものの、割と被っているとなると何らかの影響は受けている可能性がある…と思われる。
パクり丸出しなキャラをモデルにしたというとちょっとアレだが。


「あっちへいってろォ!」


原作中の性能

技の構成は一見「波動昇龍」の様だが、全体にクセが強く、
低火力紙装甲で移動力も低くジャンプも遅い、初心者には手に余る曲者。
比較的小さめの身体と、全体的にリーチの長い技を活かす立ち回りが基本になる。
中距離での差し合いに長け、削り性能も優秀、飛び道具ではなく
牽制で飛ばして対空のゲージ技で落とす(ノーゲージでも落とせるが厳しい)キャラ。
他に飛び道具を貫通するゲージ技の飛び道具や、画面全体攻撃のゲージ技を持つ。
このページ最上段のgifアニメ「力が…勝手に…ぅわあああ!!」は攻撃判定が長く画面の端から端まで届くので事実上回避不能、
削り量も高くダウン中にもヒットする、見た目にもK9999を象徴するゲージ技。
この様にK9999は全体的にゲージへの依存度が高いキャラだが、ゲージが溜め辛いという欠点がある。
ただ、原作KOFの場合は、「チーム戦」という仕様上、K9999を二番手以降に回せばゲージ問題はある程度フォローが可能。

2002でのMAX2「これは、まるで…!!」はコマンドが特徴的な全画面判定技。
威力が高くダウン追撃判定もあるが、発生が遅すぎてまず当てる機会がないため、これは、まるで…使えない
そのモーションが鉄雄が上半身裸で空中を飛び光を放つという漫画版AKIRA4巻のP368のまんまパクリ
(ケイが「これは…まるで…」と次シーンで言ってる他、その前の場面で鉄雄自身もセリフを放つ)。
ニコ動でこの技が出てきたときは「これは、まるで…鉄雄!」などと呼ばれる。


MUGENにおけるK9999

何だかんだで、彼を愛する製作者が多いのか、結構な数のK9999がいる。
改変可能な事もあってか、Mouser氏の2001仕様の改変アレンジが多いのが特徴か。

+OrochiKOF97氏製作 2001~2002仕様
OrochiKOF97氏製作 2001~2002仕様
ディスプレイネームは「K9999ultrarox」と表示されるので、デフォルトならそこで区別できる。
気絶モーションから体力と引き換えにパワーゲージを回復する超必殺技「Out Of My Way!」が追加されている。
初期設定だと本来のカラーを使用できないが、キャラのフォルダのDEFファイルをメモ帳などで開き、
pal1 = …の後を空欄にすると使用できる。
また、2001ボイスだけでなく2002ボイスも同梱されており、defファイルの書き換えで切り替えが可能。
デフォルト状態で手強いAIが搭載されている。

+Mouser氏製作 2001仕様
Mouser氏製作 2001仕様
基本的には原作仕様だが、AIは未搭載。
ちなみに改変可能。

+Jerzy氏製作 2002仕様+XI風アレンジ
  • \Jerzy氏製作 2002仕様+XI風アレンジ
上記のMouser氏の改変キャラ。AIやドリームキャンセルが搭載されている。

+MDK氏製作 2001~2002仕様
MDK氏製作 2001~2002仕様

2011年から最も大会で見かける。超必殺技の演出が美しい。
D0とD4の2種類があり、後者には名無し氏のAIパッチがある。
通常投げにバグがあるが、処理の記述が複雑で修正は困難。

+Mouser&BLACK氏製作 2001~2002仕様+AKOFアレンジ
Mouser&BLACK氏製作 2001~2002仕様+AKOFアレンジ
上記のMouser氏の改変キャラ。
アレンジ技が搭載されており、「あっちへいってろォ!」に新しくフェイント版や、
上位技である「お前もそこにいたっけな」が搭載されている。
また、「これは、まるで・・・」がAKOF版となっている(ダウン追い討ち可)。
その後の更新でBLACK氏のボイスがデフォルトになり、佐々木氏のボイスは氏のサイトにてパッチ式で公開となった。
また、弱版砕けろォ!が空中の相手に落ちるまで追撃可能になり、ループさせる事でノーゲージでの火力が上昇した。通称キエローループ。
え?酷いって?それはこいつにも言える事。ヅァギ氏、矢印氏によるAIが作成されている。
矢印氏のAIは最新版非対応で、対応している本体ごとに公開していたが、
現在はBLACK氏のPC新調の際のトラブルによって本体の公開が一時停止された影響に伴い、こちらも公開停止された。
また、sizuka氏によるカラーパレットが作成されており、上記のMouser氏製作、Jerzy氏製作にも対応している。

BLACK氏のK9999ボイス参考動画

+鳶影氏製作 2002仕様+アレンジ
鳶影氏製作 2002仕様+アレンジ
Mouser氏の改変キャラ。
「月…」「てめぇも往っちまえ!!」に2ゲージ版が追加され、ドリームキャンセルが可能。
レベル設定可能なAIが搭載されている。
氏制作のKUSANAGIとの専用イントロがある他、アフロン氏制作のネームレスに専用イントロを追加するパッチが同封されている。

+矢印氏製作 2002仕様+2002UMアレンジ
矢印氏製作 2002仕様+2002UMアレンジ
Mouser氏の改変キャラ。
「これは、まるで…」で上記のBLACK氏の画像が使用され、2002UMのMAX2演出が加えられている。
パワーMAXやどこでもキャンセルが可能な他、レベル設定可能なAIが搭載されている。
ちなみに食らい動作がアフロン氏製のネームレスとフレーム単位まで完全に一致している(readmeより『シンクロするように構成し直しました』)。

また、これとは別の技構成、新規ドット追加のEXキャラ版の「K9999-Bstyle」が存在し、そちらにはAIがない。
こちらは必殺技の鉄雄要素がまんまでなくなり、挙動は最早別物。名残はCVとセリフだろうか。
AKIRAパロディ成分は超必以上からになり、MAX2「力の開放」は「これは、まるで…」の演出変更版。
尚、Bstyleの「B」は暴力のBであり、ライバル格のK´の格闘スタイルを意識している。
断じてどこぞの幕末の事ではない。

+RYO2005氏製作 2001+ROTD風アレンジ
RYO2005氏製作 2001+ROTD風アレンジ
説明どおり、氏おなじみのROTD風。コンビネーションも搭載。
しかし無敵時間のある技が全くなく、切り返しの手段に乏しい(これは氏のキャラ全員に言えることだが)。
ちなみにダッシュ屈弱Pと「あっちへいってろォ!」を繰り返すだけで永久ができる

大艦氏と斑鳩氏(公開停止)のAIが公開された。
大艦氏のAIは「あっちへいってろォ!」を使ったループの回数が指定可能。
斑鳩氏のAIは氏の他のAIと同様に、本体の仕様に様々な改変が施されている。が、永久は直ってない後、displaynameが「Tetsuo」
AIはループコンボは自重気味…と思いきや、最大レベルにすると永久を全く自重しなくなる

+Basara-Kun氏制作 Another K9999
Basara-Kun氏制作 Another K9999
Readmeを見る限り、よりAKIRAの鉄雄の要素をK9999に加えた改変キャラと思われる。
defファイルがwin用のものと1.0用のものとが別々にあるので、登録の際には注意しよう。
AIはない。



+大会ネタバレ
ゲージMAXシングルトーナメント【Finalゲジマユ】にも参戦。
開始当初はそこまで話題に上ることもなかったのだが、
バリアの中でも随一の対空性能の「月・・・」や高性能飛び道具の「てめぇも往っちまえ!!」
リバーサルやコンボに役立つ「力が…勝手に…ぅわあああ!!」、全画面判定の「これは、まるで…!!」
など高性能なゲージ技を駆使して見事決勝戦まで進出。
「ゲジマユの申し子」とのコメントまで付いた。良かったねK9999。
対戦相手の神人豪鬼と死闘を繰り広げた……が惜しくも敗北。準優勝に輝いた。
「これも、俺の力なのか!?ハーッハッハッハッハッ!」力が勝手にやってくれました。
公式で黒歴史扱いされたキャラがMUGENにおいて有名になった、というのは何とも皮肉な話である。

出場大会

+一覧
シングル
タッグ
チーム
その他
削除済み
更新停止中

出演ストーリー

+一覧

*1
実はK9999並か、それ以上に「そのまんま」なキャラが一人いたのだが、
こちらは特に騒がれることはなく、多くの人に普通のキャラとして受け止められている。
映画俳優のパロディというのは格ゲー界はもちろん、古くから様々な方面でよく使われるネタなので、
見る側も寛容な心が根付いているためだと思われる。

*2
ちなみに、背景として当時のスポンサーであった韓国イオリスから 「AKIRAのキャラをそのまま出せ」 という指示があった、という推測もされている。
当時のSNKの事情を考えると絶対にありえないとはいえないものの、もちろん確認が取れた事実というわけでもない。