スティーヴン・セガール

「おれか?ただのコックさ

スティーブン・セガール(英:Steven Seagal)、1952年生まれの
いわずと知れたアメリカ合衆国のハリウッド映画俳優。また、現役警察官でもある。
通称理想の父親像No1。スティーブン“パパ・ザ”セガール。

+ Q.誰がそんな呼び方してるんだ?

チャック・ノリスジャン=クロード・ヴァン・ダムシルヴェスタ・スタローンらと並んで、アクション映画を語るに欠かせない存在である。

代表作は『沈黙の戦艦』を始めとする『沈黙シリーズ』。
ただし沈黙シリーズと言っても、繋がりのある作品は『沈黙の戦艦』と『暴走特急』の二作品だけで他作品は関連性が無く、
他の『沈黙~』というタイトルはセガール主演である事を示すためだけにつけられた邦題である。
『沈黙』シリーズを含めた主演作では基本的に異常なまでに強く、
悪党をバッタバッタとなぎ倒す派手なアクションに定評がある。

また、(出演作品がほとんど主演なので当然といえば当然だが)
作中においては死亡するシーンというものがほぼ一切無いため度々『無敵』であるとされ、
そのあまりの無敵ぶりから、英語圏での『チャック・ノリスジョーク』のセガール版ともいえる
後述の『セガール伝説』等のネタが語られることがある。

193㎝という高身長に『如何にも強そう』な精悍な顔立ちをしており、 実際格闘家としても空手・柔道・合気道などの有段者である。
武道家ならではのリアルな格闘アクション、そして独特の手の動きから繰り出される攻撃や回し浮けは、
「セガールアクション」「セガール拳」と呼ばれることがあり、彼の魅力のひとつになっている。
髪を後ろに束ねたスタイルは侍を意識した、と本人も語っており、トレードマークの一つ。
吹き替えは様々な声優が演じているが、やはり大塚明夫氏の吹き替えが最も馴染み深いだろう。

映画内において日本刀を使うシーンが多いことから、日本刀のイメージが強いが
実際にも日本刀コレクターであり、相当数の日本刀を所有している。
また、作中で「ギターを演奏するシーン」でも本人がギターを演奏するなど、
ギターも趣味の一つとしており多数のヴィンテージギターを所有している。
ギターの腕前は音楽雑誌で特集が組まれるほどで、2005年には
音楽アルバム『Songs From The Crystal Cave』でミュージシャンデビューしている。

映画では仏教系の信仰を持つ人物役が多いが、
実際にも仏教徒であり特にチベット仏教に関する造詣が深い。
作中で身に付けているのも多くはチベット仏教風のアクセサリーが多く、
『グリマーマン』などでは仏教思想について語るシーン等が挿入されている。

ただし映画俳優としてはかなりの異端。
なにせ経歴に不自然な点があったり、映画界へのコネも実績も無い中年男が
初出演映画「刑事ニコ/法の死角」以来殆ど主演
しかも圧倒的な戦闘力から、当初CIAの特殊工作員だったという噂があるほど(この点は本人が否定しているが)。
更に核兵器の解体などにも資金提供をしていたりするが、本人が解体したとの噂が流布していたりもする。さもありなん。

その黒の長髪チョンマゲな風貌や格闘家の素質、日本の大阪(十三)に長い間滞在していたため関西弁が堪能な点などは、
格ゲーではロバート・ガルシアのモデルの一人として多大な影響を与えている。
日清のカップうどん「ごんぶと」のCMでその流暢な大阪弁を披露していたおかげで、
一時期「ごんぶとさん」と呼ばれたこともあったとかなかったとか。
「踊る!さんま御殿」において女優で実娘の藤谷文子と出演したこともある、世界で最も有名な十三のおっさんである。

また『ゴジラ』シリーズファンであり、2004年に『ゴジラ FINAL WARS』が
公開された際には来日してゴジラシリーズに関する思い入れを語っている。
(ゴジラシリーズのテーマと同じく『反核・反戦』をスタンスとしている。)
また娘の藤谷文子は『平成ガメラ3部作』の全てに出演している。

+ 地上最強の男

(以上、Wikipediaやニコニコ大百科より引用・改変)

+ 有名なコピペ改変のセガール版

MUGENでは

Smoke氏によって作成されたセガールが存在している。
なんでも海外製スーパーファミコン「SNES」で発売されていた『Steven SEagal:FInal Option』という
アクションゲームのようなものから画像を拝借しているらしい。

素体はカンフーマンのようでSFFを覗くと一部にカンフーマンが残っていたりする。あと少し小さい
ただし飛び膝蹴り・コンボ・銃撃など、プレイヤー操作ならきちんと使えるレベル。
STARTボタンを使っての超必は、派手な演出の中、ジュースを飲むというシュールな代物になっている。

AIは入っているものの、あまり強くないため、AI同士の対戦が中心のニコニコMUGENでは出番はほとんど無い。
ついでに言うと、上記の「地上最強の男」のような映画補正は一切無いため、普通に負けたりする。
まぁ上記の全てを搭載したセガールとか、間違いなく神キャラの類になってしまうので、これはこれでいいのだろう…たぶん。

出場大会